« 12.8㎞/ℓでゲソ… | トップページ | 橋下「維新」八策批判(その5)…根本が間違っている下で新産業は生まれない »

高松反原発闘争に「あるみさんズ」公然登場

今日は東日本大震災から1年…そして福島第一原発事故から1年…全国で様々な追悼行事や「脱原発」デモ、集会が行われた。高松でも「さようなら原発1000万人in四国」が、高松中央公園集会→四電申し入れデモとして貫徹されたぞ~
Dsc02925
私も「完全武装sign03」「原発なくても列車は走る」そして…

Dsc02924
「たたかうあるみさんズ」も、高松での闘いに公然登場じゃなイカvirgo

コレを見て、さっそく香川連帯ユニオンの若い方が「あるみさんですか?」とやって来た。「ええ、まぁそうですよ」
ちなみに彼は「動労千葉Tシャツ」だ…やっぱりシャツは、赤でしょ。
Dsc02938

毎回お会いするお方からは、回文…「ほあんいんぜんいんあほ」…自ら四国電力に審査官天下りというのを批判するチラシを配るとな。
Dsc02937

しかし…天候は急激に悪化…これまで「お祭りデモ」を主催してきた方のあいさつから、今回の主催者に名を連ねている「香川連帯ユニオン」からのあいさつ。そして関東から香川に避難してきた人の自己紹介…その他、講演会の案内など、寒い中行われた。
Dsc02923
香川で行われる講演会は、まず3月25日(日)午後1時10分より、浄土真宗・福善寺本堂(高松市御坊町)で行われる。樋口健二(フォトジャーナリスト)の「これが原発だ!」(主催:香川県子ども文庫連絡会)…三里塚に行くから、行けないじゃなイカsign01、続いて3月30日(金)、18:30~20:30 アスパル香川3F大会議室で行われる木下黄太講演会in香川…ちなみにこちら定員オーバーとなるので、なるべく予約してくださいとのこと)主催は「トラジションタウンさぬき」
あと、丸亀で、廃材で家をつくり、井戸を掘って、電気も廃材の太陽電池を使う予定の凄いお方が紹介された。まあ、脱原発のためには「自律」が必要なんだということだそうな。壊れたらまた建てればいい…

Dsc02941
寒いから早く出ようよ~という中、「あるみさんズ」に注目してくれた女性が二人…まぁなつかしいとのこと「でもあなたの年齢だったら、こんなのとあまり関係ないでしょ?」「いえ、一応白と黒は被ってたことありますから…」

Dsc02943
デモに出発~・・・今日は「お祭り」よりもユニオンさんの怒りの演説がまず最初。

Dsc02944
「原発賛成 沖縄の基地賛成」の「不幸実現党(幸福実現党)」の街宣車発見camera民主党批判の定例街宣のようだ。

Dsc02946
やがて商店街の中へ・・・前のほうでは「原発なくてもエエじゃないか」とジャンベの音が響き、後ろでは演説、シュプレヒコール…「全ての原発を停止しろ」「子ども達を放射能から守るぞ」「東電・政府は責任を取れ」「ストレステストは、インチキだ」等等…

Dsc02948
「原子力より、原始力」…何もかも電気でやる必要はないんだsign03

Dsc02949
後ろも、続きます…1月、2月よりも若干人は多いようです。

Dsc02952
放射能は、拡散させないのが原則diamond

Dsc02953
止まってるけど、伊方も廃炉にsign01丸亀町交差点前で、10分ほど休憩

Dsc02954
「あるみさんズ」をもう一度セット

Dsc02955
のぼり裏面は、「イカ娘」バージョン…「卒原発まであと2基でゲソ」
初参加という方が寄ってきて、「イカ娘があったので気になってた」とのこと「海を汚すと、イカ娘が侵略に来るじゃなイカ…いやぁ、普通は音楽やパフォーマンスでデモを盛り上げるんだけど、私ゃこれしかないから…デモに萌えの世界を…それにいまやPCとプリンターがあれば、こんなの簡単にできるから」「そうそう、裏側は『鉄道むすめ』…一番上は、三陸鉄道(久慈ありす)だ…東北復興のシンボルの意味もあるのだ。」…どこまで分っていただけただろうかsign02

Dsc02957
丸亀町交差点では、いつものように「四国物産展」みたいなイベントをやっていたが、14時46分が近づいてきたので、そろそろ黙祷モードに…

鐘が鳴る…イベントもデモ隊も、1分間黙祷…

Dsc02959
別の団体さんが、「脱原発署名」集めとティッシュ配りをやっていた。

Dsc02961
アーケードを出て、四電方面へ…雨が少し強くなってきた。

Dsc02962
四電表玄関前の、半旗…

Dsc02965
伊方3号機の再稼動中止、脱原発を求めて申し入れ…この時は一応、「四電を人間の鎖で包囲」ということであったが、人が全然足りないcoldsweats01…今回は70名ぐらいか…

申し入れの後、改めてシュプレヒコール。ユニオンの動労千葉Tシャツ兄ちゃんが叫ぶ
「伊方の再稼動を許さないぞ!」「全ての原発を停止しろ!」「子ども達を放射能から守るぞ」「東電と政府は、責任を取れ!」「畑を返せ!」「海を返せ!」「福島を元通りにしろ!」「ストレステストは、インチキだ!」「福島と連帯して、闘うぞ!」

この後、流れ解散後、常磐町の交差点で「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」の報告写真展と、パンフまきを手伝う
Dsc02967

このプロジェクトは、去年の夏に何も無いところから始められた…様々なボランティアや企業・団体からの寄付で運営され、「少しでも福島とつながろう」という意味をもつものである。
Dsc02969

寒い中、18時までパンフまき貫徹…マイミクさんによれば、東京では国会包囲が「成功」したようだ…

反原発の闘い、福島と切り結んでの闘いは、これからも続く。

|

« 12.8㎞/ℓでゲソ… | トップページ | 橋下「維新」八策批判(その5)…根本が間違っている下で新産業は生まれない »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/44456423

この記事へのトラックバック一覧です: 高松反原発闘争に「あるみさんズ」公然登場:

» 非核・脱原発こそ真の震災復興 核シェルターより憲法9条 [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 東日本大震災・福島原発事故からちょうど一年後の3月11日、全国各地で脱原発の集会・デモが取り組まれました。スポンサー大企業の意向を汲んでか、マスコミが追悼一色で脱原発デモについて殆ど報じない中、お膝元の福島県郡山市では保守的な土地柄にも拘わらず1万6...... [続きを読む]

受信: 2012年3月15日 (木) 19時36分

« 12.8㎞/ℓでゲソ… | トップページ | 橋下「維新」八策批判(その5)…根本が間違っている下で新産業は生まれない »