« 「放射脳」と罵られようとも、心を痛めている側につきたい(あるいは安全と安心についての考察) | トップページ | 再稼動弾劾!高松でデモ »

原発再稼動問題は三里塚のようになってきた…

まずは、観光左翼ムキンポさんのサイトから、大飯テント訪問&福井県庁前抗議行動の写真を見てくだされ・・・。

フェンスの後ろに、ズラリと並ぶ、警察官…人数はせいぜい数十名の抗議者…罵声のひとつはとんだかもしれないが、メット被ってるわけでも、棒を持って「武装」しているわけでもない。

座り込んでいるだけだ。

それらの人々をゴボウ抜きにして、引っ張っていく…

そういえば、北九州市での「災害ガレキ搬入阻止」行動の時も、同じだった。こちらは逮捕者が出ている。

「警察権力」に守られていないと、再稼動もできない日本の原発・・・そう、まるで三里塚だ。
たかだか千人の集会に、1万人もの機動隊を動員しなければ、飛行機を飛ばすことの出来ない空港。
1億何千万の「補償金」よりも「1本100円の大根を消費者に届ける」という、まっとうな生き方をする市東さんに対する、国家権力総力を上げた「いやがらせ・地上げ行為(」団結街道封鎖・第三誘導路建設による孤立化・・・それ依然より、サーチライトで家を照らす、ジェットエンジンの噴射音を直接当てるなど、様々な「悪行」を重ねてきた。

「悪行」を重ねながら、それを全く反省せず、警察権力に守られなければ稼動できないプラントって、一体何なのpout

この怒りをバネに、とりあえず今夜は「再稼動反対紙のぼり」を作って、明日、明後日の伊方原発再稼動阻止のたたかいに、決起しようではなイカvirgo

|

« 「放射脳」と罵られようとも、心を痛めている側につきたい(あるいは安全と安心についての考察) | トップページ | 再稼動弾劾!高松でデモ »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/45580337

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼動問題は三里塚のようになってきた…:

« 「放射脳」と罵られようとも、心を痛めている側につきたい(あるいは安全と安心についての考察) | トップページ | 再稼動弾劾!高松でデモ »