« 野田の原発再稼動宣言弾劾! | トップページ | 「放射脳」と罵られようとも、心を痛めている側につきたい(あるいは安全と安心についての考察) »

「ののちゃん」で町おこし…玉野市宇野

豊島から直島には直行便が存在せず、一旦岡山の宇野に出ることになる。
ここは、漫画家いしいひさいち氏の故郷であり、朝日新聞の朝刊に連載中の4コマ漫画「ののちゃん」の住む街のモデルにされているところ・・・ということらしい。で、玉野市は「ののちゃんの街」として、宇野をアピールしている。

Dsc03392
港と駅の間には、こんな看板が…時間があるので、「ののちゃんち」に行ってみることにした。商店街を歩くこと5分ほど

Dsc03395
この建物の2階にある。階段を登って、中に入ると・・・

Dsc03405
でっかい「ののちゃん」が、お出迎え・・・入場は無料・・・スタンプも押せるでゲソ。

Dsc03398
中には過去に掲載された作品の拡大コピーや、原画なんかがある。

Dsc03409
グッズなんかも売っている。なお架空の「ののちゃん」の街に走る「路面電車」は、通称「たまでん」といわれた玉野市営鉄道がモデルだろう。

Dsc03404
一家勢ぞろい・・・
なお、隣には資料・会議室があり、いしいひさいち氏の漫画を読んで時間をつぶすこともできる。ま、そんなに人は多くなく、のんびりと「がんばれタブチ君」のVTRが流れていた。ここで「バイト君」なんぞ読んで時間をつぶす。(「バイト君」はまだメットかぶった学生運動の残りが居た時代で、メットに「社学銅」とか「日本赤貧軍」とか書いてある。学生運動ネタも少し出てくる)
そこに地元の方が声をかけてくれた。「どこから来たのですか」「いえ高松からですけど…これから直島に行くんです」「高松は発展してて、いいね。連絡船がなくなっても、ここと高松じゃ大違い・・・私も高松には遊びに行くんですよ。岡山にでるより安いし(フェリーは380円)近いですから。」「まあ、県庁所在地ですからね・・・」

Dsc03394
確かに連休後半初日で、商店街はこの人通りである。国道は別として、車もほとんど、走っていない。

Dsc03410
山の上に立派な建物がある。海から見ると、お城のようで面白い・・・眺めもエエだろうな。

Dsc03414 
消費税(増税)キャンペーンをやっている建物の中に・・・

Dsc03415
ありし日の、宇野駅を再現した鉄道模型があったのでゲソ…

Dsc03428

宇野港東桟橋から出ている高速船に乗って、直島侵略に出発でゲソ(写真は直島行きの高速船ではありません)なお、直島行き高速船は定員が80名程と少なく、シーズンには「積み残し」が出るので、気をつけよう。

Dsc03430

|

« 野田の原発再稼動宣言弾劾! | トップページ | 「放射脳」と罵られようとも、心を痛めている側につきたい(あるいは安全と安心についての考察) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

四国侵略!」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 そのせつはいろいろご迷惑を……。

 岡山だと山陽新聞のシェアのほうが朝日より多いでしょうけど、「ののちゃん」も知られているのかな。

投稿: kuroneko | 2012年6月 4日 (月) 00時11分

kuronekoさん、コメントありがとうございます。岡山での朝日新聞浸透度は分りませんが、まあなにせ全国紙ですから…あと「いしいひさいち」氏も前面に出したほうがいいかもしれませんね。
ちょっと隠れた「有名スポット」になればいいですね。

投稿: あるみさん | 2012年6月 6日 (水) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/45519302

この記事へのトラックバック一覧です: 「ののちゃん」で町おこし…玉野市宇野:

« 野田の原発再稼動宣言弾劾! | トップページ | 「放射脳」と罵られようとも、心を痛めている側につきたい(あるいは安全と安心についての考察) »