« 赤と緑は、矛盾しない | トップページ | 12・16脱原発アクションに決起 »

入院から帰って・・・イロイロ拡散

いやぁ~数日前に目の手術で入院してたところから帰ってきて(一応1週間の「自宅療養」を診断書に書いてもらっているので、休める)大変なことになっている。ま、入院状況報告から(^^)

目の手術では局所麻酔なため、硝子体をぐりぐりといじくっているところが、見えるのですね。いやぁ~宇宙を感じましたよ(ウソ)で、ガスを注入して、そのガスあ網膜を押し付けるようにするため、3日間うつ伏せ生活なのですが・・・要するに、顔を下に向けて、地面と水平になるようにすれば良いだけなので、メシやトイレは問題なし。昼間は寝てるか、座ってるか、時々ベッドの横で顔を下に向けてストレッチ・・・肩や足腰を伸ばします。寝転がって本読んでるほうが、体に悪いのでゲソ(でも読書はしないとねぇ~)

Photo 3日後、うつ伏せ生活を追え、眼帯を外す・・・まだガスが残っているので、こんな見え方になる。ちょうど、目の下半分に水(酒?)が溜まっていて、うごくとちゃぷんちゃぷんする・・・
上に見えるのがガスのようだが、実は網膜に写る外界の像はひっくり帰っているので、脳内でさらにひっくり返す作業を行っている。そのため「眼球内」の画像は上下さかさまになるから、実際は下にあるのがガスだ。
これが時間と共に吸収?されていくので、「水面」は下がる方向に行く。飲酒もOK(忘年会闘争に決起可能)今は車の運転も「とりあえず大丈夫」でゲソcar

とはいえ、ガスはまだ残っているので、真上や真下は見え難い、パソコン作業も読書も目が疲れる・・・激しい運動はダメ、気圧の下がる飛行機には乗れない(乗ることはないが、沖縄には確実に行けない)。おまけにガスが残っている間は「この人は目にガスを入れていますよ」というリストバンドをつけておく必要がある。これは交通事故等で緊急に麻酔手術をする際、「笑気ガス」等が目の中のガスに影響を与えるためだ。目薬も定期的にささないとアカンし、不便じゃなイカsign03

で、1週間ほどおらんうちに、イロイロあって大変なことになっている。
①皆様ご存知のとおり、関西での瓦礫広域処分反対、脱原発運動で再び逮捕者が出ている。モジモジ先生こと、阪南大学准教授の下地先生他2名リンクはここ・・・警察・公安の「運動つぶし」のための大弾圧に抗議するとともに、絶対に奪還するぞpout

抗議先:
大阪府警本部     TEL 06-6943-1234
大阪府警・曽根崎署  TEL 06-6315-1234
▼カンパ振込先▼

郵便振替「00980-2-195109」
加入者名「関電包囲行動」

※通信欄に「12.9救援カンパ」と必ず明記してください。


全国への呼びかけも、園良太さんがはじめたぞぉ~

大阪反原発運動への連続大弾圧に、全国からのカンパと支援・抗議行動の呼びかけ/園良太さんから

2つめ・・・山谷ブログ―野宿者・失業労働者運動報告 12月5日の小屋隔離を受けてのお願い 

公園を鉄板で囲い込み、野宿労働者を追い出そうとする攻撃だ。だが1週間で180人くらいの賛同人しか集まっていない・・・拡散、賛同希望、カンパのお願いもあるよ。

3つめ・・・香川の運動情報・・・
14日・・・第23回金曜高松よんでん前抗議

16日・・・脱原発アクション12・16 
 

12月16日13時
コトデン瓦町駅前陸橋上集合。
四国電力本店までデモ行進。
四国電力は着々と伊方原発再稼働に向けて準備しています。
福島で今なお解決できない事故を起こしながら、電力各社は原発の再稼働、いや再稼
働どころかまだまださらに増やそうと目論見、社員を今回も選挙に出馬させています。
福島では今も多くの方が生活再建のめども立たず、日々放射能の恐怖と将来の不安にさらされています。福島第一の処理のため、毎日多くの下請け労働者が大量の被曝をしいられて使い捨てにされています。私たちはこのことを決して忘れてはならない‼と三ヶ月に一度ではありますがデモ行進を行っています。
どうか多くの方が共に闘ってくださるようお願いします。

ということで、宜しく

|

« 赤と緑は、矛盾しない | トップページ | 12・16脱原発アクションに決起 »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに覗いてみました。


仕事の疲労がたまって、今はほぼ冬眠中です。

私の投票の基準は「より悪くない党か個人を」です。小選挙区では当選可能性は無視できません。未来か民主か、関西や地方ではでは時に「自民」という選択肢もあるかも?
比例は社民(または共産)で批判票の存在を示したい。(潰れないでというエールの一票)。

一時、野田や安倍を落とす運動に共感しかけましたが止めました。
議会選挙の枠組みでは、枠組みの求める論理があるはずだと。首相や党首を落とす運動や「刺客」は、ラディン殺害やハマス幹部へのミサイル攻撃と同じ論理かと思い直しました。

大選挙区制への移行や同時に行われる住民投票制度の新設など。また、「政党政治」を強制する制度の改変を掲げるうねりが欲しいなと願っています。(そう。政党助成金の廃止と)
選挙後のさらなる離合集散・再編やその結果が生み出す一層の「世論」の離反を想定すると、必ずしもあり得ないことではないとも思えるのですが。


投稿: 白土kamui | 2012年12月14日 (金) 14時24分

白土さん、ご無沙汰です。
「落とす運動」より、よりマシな?候補者を選ぶことでしょうね。あるいは「思想・信条」に順ずるか(投票しない、白票を投じることも含めて)

ということで、明日は「天賦の権利」を行使に行ってまいります。

投稿: あるみさん | 2012年12月15日 (土) 19時41分

明日は僕の変わりにも、投票に行ってください。戦略的にも以前書かれた方法で充分です。

お大事に。

投稿: KW | 2012年12月15日 (土) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/48307678

この記事へのトラックバック一覧です: 入院から帰って・・・イロイロ拡散:

« 赤と緑は、矛盾しない | トップページ | 12・16脱原発アクションに決起 »