« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

滝宮周辺

 さて、梅見の後は、なぁ~んも無いsign02(そんなことはない)滝宮駅周辺を散策・・・
県道の橋が古いコンクリートアーチで、なかなかの趣でゲソ
Dsc00542

綾川を渡る琴電の橋梁は、近代化産業遺産に認定されているじゃなイカvirgo
Dsc00543

レトロ電車が走るときは、ここで撮影したいな(午後は逆光になるが・・・)
滝宮の駅舎も、近代化産業遺産なのでゲソ。
Dsc00545 
丸型ポストも、伊達じゃない。
近代化産業遺産であることを示す、額

Dsc00546

駅舎の中は、こぢんまりとしている。
Dsc00547

琴電100年を記念して香川でロケされた映画「100年の時計」号
Dsc00550
主演女優は、木南晴夏・・・「20世紀少年」でカンナの親友、小泉響子の原作そっくりで話題になったお方。右は落ち目の香川出身の芸術家を演じる、ミッキー・カーチス

Dsc00551
なんかいい言葉でゲソvirgo

Dsc00552

オマケ・・・帰りは後部座席から、仏生山駅にて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅見闘争に決起したでゲソ

 今日も寒いが、天気は良い・・・ということで、かねてから宣言していた「梅見闘争」に決起したでゲソ(^^)
場所は、滝宮天満宮・・・天満宮なら、確実に梅ノ木があるハズだ。琴電滝宮駅から100mほど歩く。周辺にはお店はほとんど無い。
Dsc00518_3
おお、梅が咲いているではなイカvirgo

Dsc00519_3
梅は桜と違い、花と花の間がスカスカだから、背景にも余計に気をつかわなければならない。

Dsc00521_4
こうやって、枝についている小さな花を、接写で撮るのがセオリーかと・・・

Dsc00523_2
神社っぽく、撮ろうじゃなイカ。

Dsc00526
見事ですなぁ~

Dsc00528_3
天神さまだから、合格祈願の絵馬が、たくさんある。

Dsc00530_3
朱色とうすいピンクの取り合わせが、見事ですなぁ~

Dsc00533_2
天神様だから、牛をなでて祈願するところがあるのは良いとして・・・

Dsc00532_3
なぜ「七福神」がいるのだsign02

Dsc00536_3
新入生のカバンやランドセルのお払いもしてくれるぞ・・・

Dsc00537_3
腹が減ったので、お土産屋さんでおしるこを頼む・・・420円也・・・左のお茶は御接待すなわちロハ。

Dsc00538_2
お土産屋さんの前の梅

Dsc00531
あんまり広い境内ではないので、全部見るのにそんなに時間はかからない。

Dsc00539_3
滝宮は、うどん発祥の地なんだと・・・しかし何でも「お大師様」と関連づいているんだなぁ~

Dsc00541_3
では、紅梅の写真で、今日はここまでhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPPは農業VS工業だけではないだろ!

本日、辺野古・普天間に基地はいらない高松行動の商店街街宣をやった後、飲み屋さんで夕食兼飲みを行ったのでゲソbeer

Dsc00517

TVではNHKのニュース番組をやっていた・・・安倍総理訪米、日米同盟の強化のための米国詣でなのだが・・・ TPPについて「例外なき関税」云々でしか話のできないNHK(まあ、その他マスコミもそうだが)にはまいった。

 農業VS工業の「貿易自由化」問題(日米間では、ほとんどの貿易が自由化されているわけだが)しか語っていないのだ。

 アメリカが求めるTPPとは、農業部門もさることながら、保険・医療分野の自由化+対中国へのブロック経済化という面が、はるかに大きいのだ野田政権(古いオヤジギャグ)

 必ずしも「左翼。革新」といえない若い論客が「TPPと公共事業削減」に反対している。一人は「TPP亡国論(文春新書)」の中野剛志氏(1971年神奈川県生まれ)、と「公共事業が日本を救う(文春新書)」の藤井聡氏である。(1968年奈良県生まれ)が、同じ文春新書で、TPPに反対する対談本を出しているのを、書店で見た。

 おそらく、医療・福祉・保険制度に関することも言及されているのであろう。

 それに比べて、マスコミの平板な論調は、何なのだ。AFOに相違ないじゃなイカsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月の脱原発行動でゲソ

そろそろ宣伝にかかるか・・・
まず、四国高松から、3・9脱原発アクション

あの忌まわしい福島第一原発事故から2年が過ぎようとしています。
未だに15万人の人たちが放射能のために家にも戻れず生活のめどが立たずに苦しんでいます。政府や電力会社はこのような人たちの声にはまったく耳を貸そうとはせず、事故で苦しんでいる人などいなかったかのように再稼働のための準備を進めています。しかし、事故の原因すらまだ分かっておらず、事故後の政府や東電の対応は今までの嘘と偽装とでっち上げの原子力政策を一切反省することなく同じように偽装と隠蔽によって真実を隠し、自分たちの利益のために原発を多くの市民の危険を無視して再稼働を強行しよとしています。7月参議院選挙以降最初に狙われるのは伊方原発と言われています。なんとしても伊方の再稼働をやめさせ、全ての原発を廃炉に追い込みましょう!!

3月9日(土曜日)12時45分コトデン瓦町陸橋上集合
           13時デモ出発
           13時45分四国電力本店前で要請行動

ぜひ多くの仲間の結集をお願いします。

で、翌日は東京や大阪で大規模な集会が開かれる・・・大阪では2万人集会だとsign03
ストップ・ザ・もんじゅのサイトよりさよなら原発3・10関西2万人行動

場所:大阪中之島公園一帯
女神像前エリア・・・前段 12:30~13:15
            集会 13:15~14:00
            デモ 14:10出発

剣先公園エリア・・・前段 13:00~13:45
           集会  13:45~14:30
            デモ 14:40出発

水上ステージ ・・・さよなら原発フェス 10:30~12:30
           3分アピール     12:30~13:10
            ちびっこ広場    13:10~14:00

チラシ・テキストデータによれば、デモコースは
★関電コース 出発14:10/約45分コース(裁判所-朝日新聞-関電北-西梅田)
       ※ファミリー、高齢者、遠方の人など
★御堂筋コース 出発14:10/約90分コース(淀屋橋-本町-心斎橋-難波)
★西梅田コース 出発14:40/約60分コース(天神橋-南森町-桜橋-西梅田)
※デモには鳴り物やプラカード、横断幕などご持参ください

主催 さよなら原発 3.10関西2万人行動実行委員会
   連絡先 ストップ・ザ・もんじゅ tel:072-843-1904 fax:072-843-6807

★拡散してください


とのことhappy01

ちょっと無理して、関西まで遠征に行こうかなvirgo

     
             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年こそは梅見闘争に決起したい

 2月の始めはアホみたいに暖かかったのに、先々週、先週とずぅ~っと寒いでゲ(^^)
高松でも、みぞれ混じりの雨が降り、遠くの山がうっすら白くなるこのごろ・・・

 全然「地球温暖化」なんかしていないじゃなイカ!

 ということではあるが、そろそろ梅の季節・・・今年こそは「梅見闘争」に決起しようではなイカvirgo

 とはいえ、香川の梅の名所って、栗林公園と、滝宮天満宮ぐらいしかない(うっ、梅の無い天満宮なんて…)。

 また栗林公園にでも、でかけようか。それとも滝宮まで琴電撮影ついでに、行こうか・・・

 梅といえば、こんなお話がある。
 我が社には、農学部系の学校を卒業した「造園屋」さんも居るのだが、大昔、寮生でのみに行った時・・・途中の可憐な花をみて、その「造園屋」いわく「あーこれ、アンズだよ」と言った。 
 良く見ると、木の下のほうに、「梅」と書いてあったのでゲソcoldsweats01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国とも安保条約を結んじゃえ!?

 TVインタビューで、「沖縄の基地をどうするか」とか「日米安保をどう思うか?」なんてことをやると、必ず「日本の防衛に必要だから・・・」云々って、でてくるんだよね。あと「安保を破棄したら、日本は軍事大国にならざるを得ない」とかとか・・・それって、確実に「相手」があってのお話なんだよな。で、その相手とはズバリ「中国」だ。

 曰く・・・「日本はアメリカの核の傘によって、守られている・・・」

 しかし、同盟国はそれなりに多いほうが、憲法9条で「軍隊」を持ってはイケナイ「日本の安全保障」のためにはエエんじゃないの? 

 ということで中国と「日中安保条約」を結ぶことを提唱したい。そうすれば、沖縄に巨大な米軍基地を集中させる必要もなくなる。(もっとも、北朝鮮でドンパチする可能性が無くなれば、確実に沖縄の海兵隊は後方へ下がる・・・中国とのガチ戦争では「海兵隊」は使えないからだ) 

 とりあえず、地位協定は日本に有利なようにする・・・当然、アメリカとの地位協定もそうする・・・いや、米兵が犯した犯罪は中国に、中国兵が犯した犯罪は米国に「裁いてもらう」のが良いカモしれない。
 酔っ払って婦女暴行や強盗を働く米兵は、中国式裁判で即刻、「死刑」を含む重罪に、もちろん同様に中国兵は、情け容赦なくアメリカの収容所で「拷問」だぁ~・・・両者牽制しあえれば、軍人・軍属の犯罪もなくなるだろう(^^)(^^)(^^)///

  中国が日本に「拠点」をおく当面の目的は、太平洋に進出することである。だから横須賀は中国海軍に、三沢は中国空軍に・・・アメリカが日本に拠点を置く目的は、東アジアににらみをきかせるためだから、佐世保は米海軍に、嘉手納は米空軍に、それぞれ「守って」もらう。これで横浜中華街はより中国軍向けの中華街としてより発展し、佐世保バーガーや沖縄の米国風チャンプール文化も安泰だ。三沢、青森には新しい中華街が発展するだろう。

 中国兵は米兵より質素だから、「思いやり予算」なんてのも削れるし、中国兵はアキバやヨドバシで金も落としてくれるだろう。

 米中共同演習や、場合によっては紅白に分かれた模擬戦もバンバンやってもらおう。「日本の安全保障」のため、がんばってくれsign03・・・日本はおろか、世界中から「ミリヲタ(石破茂みたいなヤツ)」が演習観戦に、観光に来るだろう。

 米中という、2大国に守ってもらえば、怖いものなど無いvirgoじゃー自衛隊はどうするか…日本は災害大国である。それぐらいは自分たちでやろう・・・ということで、災害救助隊に特化・・・世界でも最高レベルのものになるから、米軍機か中国軍機に乗せてもらって、世界中の被災地に展開・・・これぞ「軍隊を使わない、国際貢献」である。

 憲法9条を守りながら、安全保障を完璧にするには、この方法がエエぞ、安倍君、橋下君、志位君、福島タン・・・ 

 その代わり「左翼」は大変だ・・・同盟国の行う全ての戦争、抑圧、弾圧行為に「反対」の声を上げ、闘わなければならなくなるからだ・・・チベット、ウイグル等々、アフリカでもアラブでも、中南米でもだ・・・仕事が増えるってか、右も左も、ごっちゃになってしまうな。ホンモノだけが、生き残る・・・

(注・・・これはあくまで「ネタ」である・・・これにマジレスしてもエエけど・・・)

| | コメント (20) | トラックバック (0)

在特会を利用した弾圧を許さないぞ!

またまた関西で弾圧である。あの「在特会」と警察がグルになって、闘う民衆に襲い掛かっている。
 「在特会を利用した弾圧から4人を守る会」(略称:4人を守る会)ブログから
4人を「傷害事件」の被疑者にデッチ上げ、強制捜査より

2月13日、早朝、大阪府警公安三課は、ありもしない「傷害事件」をつかって、6カ所もの家宅捜索を強行しました。一方的に被疑者とされた4人には、昨年の関西大弾圧で2回起訴され今も大阪拘置所に勾留されているHさんが含まれています。

Hさん以外の3人には「任意出頭」の呼び出しがかかっています。警察は、「事情を聴きたいから大阪府警本部に出頭せよ」と言い、題名のない文書(A4・1枚)を置いていきました。そこには、何月何日、何時から何時の間などと、勝手に指定してありました。

問題となっている「事件」なるものは、昨年9月23日に大阪市内でひらかれた集会です。

この集会は、8月の橋下大阪市長による「『慰安婦』を強制した事実はない。(証拠が)あるなら韓国から出してほしい」という暴言に対して、「慰安婦」とされた被害女性が、抗議と橋下市長の謝罪を求めて韓国からはるばる来日され、実現した集会です。

開会前から、この集会の妨害を狙って、在特会など排外主義グループが、会場外で妨害行動を繰り返していました。そのなかのひとりが、会場のある建物内に侵入したので、会場内での妨害行動を避けるために、集会関係者が外へ出るよううながしたものです。

本日(2.13)の家宅捜索時、警察は「被害届が出ている」と言いました。

そもそも被害者は私たちです。集会をぶちこわすために会場周辺で大騒ぎをし、あわよくば会場内に潜入し、会場内を大混乱させようと狙ったのは彼ら在特会です。
集会の混乱をねらうような者が会場のある建物内に入ってくること自身があってはならないことです。

このような加害者の言い分を一方的にかつぎあげ、利用し、警察はあわよくば4人を逮捕・起訴しようと狙っています。

特にHさんは、すでに「11.13大阪市がれき説明会」弾圧と、「10.17大阪駅前街宣」弾圧で起訴され、勾留されたままです。そこへ、この件でも被疑者扱いされているのです。

今回は要件こそ異なるものの、大きくは、昨年秋以降の<大飯再稼働反対、がれき広域処理反対>をめぐる一連の弾圧の流れの延長にあり、大阪府警の悪辣な意図を感じざるを得ません。

みなさん!

こんかいの強制捜査に抗議の声をいっしょにあげてください。

◆警察が4人を逮捕しないよう
 検事が起訴しないよう、
 抗議の声をいっしょにあげてください。

◆裁判所が、警察のいいなりになって
 捜索令状や逮捕令状を安易に発行しないよう
 監視しましょう。

 2月13日

<4人を守る会(仮)>
yoninwomamore@gmail.com

////////////////////////////////////////////////////

抗議先:
大阪府警本部     TEL 06-6943-1234
大阪府警・曽根崎署  TEL 06-6315-1234   

////////////////////////////////////////////////////

4人を逮捕させない、起訴させないための
宣伝活動、弁護士費用など、救援費用が予想されます。
可能な方は、カンパをよろしくお願いいたします。

▼カンパ振込先▼

 郵便振替「00980-2-195109」
 加入者名「関電包囲行動」
 ※通信欄に「4人を守る会カンパ」と必ず明記してください。
(関電包囲行動さんの口座をお借りしています)

<ゆうちょ銀行からの電信払込み・電信振替>
記号「14340」
番号「57581321」
加入者名「カンデンホウイコウドウ」
他の金融機関からの送金>

ゆうちょ銀行
店名(店番):0九九(099)店(ゼロキュウキュウ)
預金種目:当座
口座番号:0195109
口座名称:関電包囲行動
(カンデンホウイコウドウ)


◆通信欄がない場合は、カンパに4円を追加して、
 金額の下一桁が4となるようにしていただければ
 「4人を守る会」への救援カンパと判断させていただきます。

よろしくお願いいたします。

また、カンデンホウイコウドウ・・・にカンパせずばなるまい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

またまた四電前行動

なぜか金曜日に早めに上がれることが続くので、今週も四電前へ・・・
Dsc00501

デモ組みがアピールしていたところ。
「四電で働くみなさん・・・考えてください・・・伊方をとめてください」
ごちゃごちゃ・・・

シュプレヒコールの後、ゆんたくタイム
Dsc00505

なぜか拍子木や鐘がなりひびく・・・
日本の童謡なんかも歌われ「原発事故でこのような美しい日本の情景をこわしてはいけません。」

Dsc00507
居残り組みは、きょうも10人くらいかなvirgo

Dsc00508
悲しい、詩

Dsc00509
原発は安らかに眠らせてください

Dsc00510
なぜかDF50型ディーゼル機関車のチョロQ発見でゲソ・・・すばらしいじゃなイカsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタイン粉砕闘争

って、しっかり義理チョコらしきものが、あるじゃなイカsign02

Dsc00500

左のやつは、先週のよんでん前行動でいただいたもの・・・

右のやつは、部の女性がみんなにまとめて買ってきてくれたもの(気のきいたセットですな)・・・

後ろのやつは、欝が酷くて布団から出られないときのため、以前から自分で買っておいてあるもの・・・

そのうち”完食”するだろうheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は交流しないと、文化は発展しない

昨日のエントリー銃・病原菌・鉄の続き・・・
まず「新大陸」に馬などの大型家畜がいなかった理由・・・単に、家畜化するのに適した動物がいなかった。あるいは家畜化される前に「発達した狩猟技術」によって、大型獣が「絶滅」してしまった、ということのようだ。
 そもそも、自然の生物を家畜化する、あるいは農作物として育てるには、それに適した性質をもっていなければならない。家畜なら人に慣れやすい、強暴でない、農作物なら、1つの種から大量の収穫がある(量的だけでなく、カロリーのような質的にも)、食べやすい等々。
 家畜の場合、それに適した動物は実に少ない。犬、猫は別格として、ざっと思いつくだけでも、牛、馬、豚、鶏、ヤギ、ラクダぐらい。タイなんかではインド象を「飼いならして」、芸をさせたり使役に使っているが、アフリカでアフリカ象(危険すぎる)やシマウマ(人に慣れない)を家畜にすることは、ムリだったのだ。

 農作物については約1万年前、肥沃三角地帯と黄河流域で麦類が、長江流域で米がそれぞれ栽培される。他、穀物や豆、芋類があちこちの地域で栽培が始まる。アメリカ大陸で栽培されていたトウモロコシは、先住民が栽培化に成功し、今や世界中の人と家畜の食べ物である。いずれにしても、数ある種類の植物のうち、「作物化」に成功したのが広がっていったわけであるが・・・ 

 人間は、東西に動くほうが、南北に動くよりも楽なのである。なぜなら、気候がそんなに変わらないからだ(もちろん、内陸と海沿い、湿地と砂漠地帯では大いに違うが)。だから、東西に長いユーラシア大陸では、農業や牧畜の「技術」が広がったものの、南北に長いアメリカ大陸では、人類そのものの「移動」が遅かっただけでなく、あまり文化の伝わる速度が早くなく、従ってマヤ文明やアステカ、インカの文明も広がらなかった。オーストラリア大陸には早くから人類が写り住んでいたが、作物化できる植物が無く、農業が発展しだしたころは、氷河期も終わって海が広がり、農業も鉄、金属器も伝わってこなかった。

 人類が交流すれば、おのずと「病原菌」も交流する・・・ユーラシア大陸では病原菌が早くから行き来する人々にくっついて「世界化」し、病原菌のほうもまた、そこに住んでいた人間が「免疫」を持つのと同じく、症状をおだやかにするという「進化」の道を進む・・・それに対し、交流の少ない「新大陸」では、そこの風土病的なものとはお互い適応できるものの、外からの病原菌に対す免疫、抵抗力をつけることができなかった。

 最後に、一旦受け入れた「文明」を手放すケースがあるということも、本書では紹介されている。農業の技術、知識をもった人々が島に渡ってきて、狩猟採取だけでやっていけるとなった時、その技術は忘れられる。(これは私たちが「原子力文明」というものを一旦得たものを、捨てることが出来るということを示唆する・・・いらんものは、いらんと) 

 ま、本書はもっと詳しく、事実を突き詰めて書かれているのでこの紹介では完全に不十部であろう・・・が大体はこんな内容であった。

ではでは(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銃・病原菌・鉄

やっと読んだぞ「銃・病原菌・鉄」1万3000年にわたる人類史の謎(ジャレド・ダイアモンド 倉骨彰 訳 草思社文庫)
003

 2000年にハードカバーで出された本で、昨年2月に文庫化されたもの・・・だからこの10年間でさらに明らかにされた人類史の知見は反映されていないが・・・なかなか読みごたえがある。

 高校以上の世界史の知識がある人には、ヨーロッパ、15世紀における「大航海時代、地理上の発見」を経て、スペイン、ポルトガルが「新大陸」に乗り出した。多くの先住民族を奴隷的にこき使い、金銀鉱山を開発したり、アステカやインカのような「帝国」もあっと言う間に滅んだ。その原因の一つに「先住民族」は「馬」を知らず、ハシカや天然痘の病原菌に対して免疫をもたず、鉄砲も持っていなかった・・・ということはご存知だろう。(なお「梅毒」が「新大陸」から欧州に持ち込まれたというのは、まだ確定していないらしい…ついでに言うと、梅毒の病原体は欧州に持ち込まれた際、激しい症状を起こし感染者をスグ死に至らしめたものの、何年か経つと症状は弱まり、新しい人間と「共存」するように適応した)

 この本は、「なぜ『新大陸』に馬やハシカの病原体が無かったのか?」ということを説き明かす本であると同時に、プロローグに出てくるニューギニアの”政治家”ヤリの筆者への問いかけ・・・「あなたがた白人は、たくさんのものを発達させてニューギニアに持ち込んだが、私たちニューギニア人には自分達のものといえるものがほとんどない。それはなぜだろうか。」(上巻p24)あるいは、欧州の「白人」が「新大陸」を植民地化することができたが、逆にアメリカ先住民がなぜ欧州を「植民地化」することができなかったのか?ということに対する、人類史を俯瞰して出された答えである。

 この手の「問い」に対し、しばしば「人種的(民族的)な能力の差」として「説明」されてきた。(これが人種、民族差別の「理由」にもされてきた・・・「差別」ではない、「能力」による「区別」だと)・・・だが、本書では「それは違う」とはっきり答えている・・・偶然であり、必然であったのだ。

 ところで「副題」は1万3000年の人類史とされているが、現生人類(ホモ・サピエンス)がアフリカで生まれて4万年は経つ。それが狩猟・採取生活のまま、だんだんと広がっていったわけである。1万3000年というのは、農業が「肥沃三角地帯」(メソポタミア)で始まった時期である。それ以前および以降の「人類」の「移動」についての研究と考察から書かれている。

内容については、次に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた四電前行動

 また毎週金曜日に行われている、四電前の再稼動反対、脱原発アピール行動に参加したぜいvirgo
Dsc00487

しかし、今日はめちゃめちゃ寒いでゲソ~waveブルブルガクガク・・・
Dsc00478
イカちゃん「脱原発」廃炉ボードと、蟹光線、原子力村を粉砕するの図

Dsc00479 
「再稼動止めなイカ!」布でゲソ

Dsc00481
三越前から四電の周りをデモしてきた人たちも合流し、20名以上になりましたhappy01

Dsc00484
立派な「反原発」のぼりです・・・

Dsc00477
四電前行動の特徴として、いろんなマスコットが並んでいるところ・・・可愛いheart

Dsc00486 
スローガンも色々です。

Dsc00488
 一人ひとりのアピールや、読み上げ、シュプレヒコールが始まりました。「自然エネルギーへの転換を進めて下さい」「東電のウソがまた報道されました」「活断層があっても原発を動かすのはおかしい」「放射性廃棄物をどうするんだsign01」等々・・・私は「熱エネルギーを電力に変換するのは、非常にムダ、原発は得られるエネルギーよりも投入すべきエネルギー量のほうが多い。放射性物質の保管について考えれば、それも明らかだ(ついでに「自然エネルギーで電力を」も批判)・・・なんでもかんでも「電力」でやるのではなく、いろんなエネルギーを活用することが大事、・・・炭とか竹炭を使えば、山の手入れも出来る・・・とにかく原発はやめてくれsign03」なんてことを言った。 

 7時前にシュプレヒコール・タイム・・・「再稼動反対」「伊方は廃炉」「大飯を止めろ」「大間を作るな」で、休憩・・・暫時デモ組の人達は帰り、居残り組の中にのこってゆんたく。

Dsc00489
だいたい12~3人が居残り組みに・・・クロワッサンもらったり、一足早いチョコレートをもらったり(そのくせほのブログに14日ごろ「バレンタイン粉砕闘争」って書いたりするcoldsweats01・・・寒いけど自由にやってます。

Dsc00490
スマホの下の「円盤」は、データを読み取って音楽を流すスピーカー。今日もマイケルジャクソンが流れています。

Dsc00491
大抵の会社と同じく、時間外は正門は真っ暗…ここから出てくる人はほとんど居ません。

Dsc00494
今日はホント、寒いので、少し早めに撤収・・・エネルギー政策の転換は、生産様式の転換を含むため、必然的に左翼のお仕事になるのだ(なんちゃって)・・・

ではでは、脱原発に向けて、「加速装置!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

もし原発労働者がストライキをしたら・・・

 マイミクさんのつぶやきに、こんな衝撃的な問いかけがあった・・・ 

 さてマイミクのみなさん、ここで問題です。 福島第一の収束作業に携わる労働者が、劣悪な労働条件の改善を求めて一斉ストライキに入りました。政府・東電は要求に応じません。このままストが長期化すると大惨事を迎えます。 さてみなさんはこのストを支持しますか? (ある原発作業員から投げかけられた問題)

 私は、フクイチからの距離によって温度差(原発に近くなるほうがより切実)があろうからということを前提に、以下のとおり答えた。

 回答者がF1からどのくらい離れた所にすんでるかにもよるでしょうね…ちなみに私は支持かつ「連帯」「東電は労働者の要求を直ちに飲め!」と

 マイミクさんからは「東京の住民をとりあえず想定されているのかな」とことわられた上で、内容についてはおおむね賛同される答えをいただいた。

 その他様々な回答が寄せられたのであるが、当面問題になるのは、そのうちフクイチの「収束作業」が遅くなればなるほど・・・というか、いつ「終わる」のか分らない・・・中で、被曝許容値を超える原発労働者が続出し、いずれ今働いている人が原発事故収束労働に携わることが出来なくなるということだ。
 全国の原発停止中の地域から、原発労働者をかき集め、悪徳派遣業者が全国から「ホームレス」や「ワーキングプアー」にならざるを得なかった人をだまくらかして、「原発労働者」に仕立て上げ、被曝労働を強要される日が来るのだ。

 「被曝労働」を少しでも「まともな労働」にするためには、現場労働者の賃金、待遇は当然、今のレベルから上げ、線量管理や被曝労働後も含めた手厚い健康管理を行うことが必要だ・・・その費用は、事故収束においてはさしあたって責任者である「東電」や「政府」が責任を持って行う・・・そのために上がる「電気料金」や「税金」は、これまで原発を「容認」してきた世代が負担すべきであろう。
 全国の原発を止め、廃炉にする場合も、そのための「被曝労働」費用負担は、原発推進・容認・反対にかかわらず、この世代が担わなければならない。
 「電気料金」の値上げについて、現在でも火力発電の燃料費分を上乗せする必要があるから・・・ということで、電力各社が打ち出している。それに対して「リストラ」で対応すべきという意見がある。しかし、多額な役員報酬や「天下り」、「政財界・マスコミへの工作費」は削るのは当然としても、「電力会社社員」の賃金カット・人員削減や福利厚生のリストラまでは、してはいけない。

 それらのレベルは「原発労働者」のためにとっておかなければならないからだ。これが「犠牲のシステム」(高橋哲哉)を緩和する一つの方策だ。

 もし「原発労働者」の「労働条件」をそのままにして・・・つまり「被曝労働」の「犠牲のシステム」をそのままにして、かつ料金値上げも、増税もイヤだ・・・というのは、いいとこどりしたいというエゴイズムにしかすぎない。

 安倍政権が発足するのがほぼ確実になった、昨年の選挙前、「安倍は『改憲』して『徴兵制』を敷くのではないか」という意見がネットでも散見された。前段の「エゴイズム」を認めるならば、「徴兵」ではなく、原発労働への「徴労」が必要になってくるだろう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪

 前のエントリーでROM人さんとBMさんとのやりとりが延々と続いていますが、「ブラック企業」の話がでてきたので、ちょうど読んだ本のご紹介・・・
001  「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」(今野春貴 文春新書)である。今野氏は労働NPO法人POSSEを2006年に立ち上げ、大学生や若手社会人の就職、労働相談等を行ってきた人で、「ブラック企業」のやり方や、それによって潰される若者を多く見てきた。その経験をもとに、ブラック企業の実体と個人としての対応の仕方から、社会問題としてのブラック企業問題の解決を呼びかけ、実践を提案している。

 そもそも「ブラック企業」とは何か…この定義は実はあいまいで、まあ「法律を犯すような悪徳企業」=「ブラック企業」であるなら、もう日本のほとんどの企業が、大なり小なりあてはまるだろう。(放射性物質を大量にばら撒いて、それを「無主物」で除染責任を負わない某電力会社なんかは、その最たる例) 

 筆者はあえて「ブラック企業」の「定義」づけはせず、ただ、大量に新卒正社員を雇うにも関わらず、その育成等を全くしないで、短期間で大量退職に追い込み、残った「精鋭」で企業経営を行おうとする・・・逆に大量退職を見越して、大量採用するわけだが・・・正社員は簡単に解雇することはできないので、無理なノルマ、研修、「採用後の選別」を行い、達成できないと面接指導などの様々なハラスメント等で労働者を疲労困憊させ、欝状態にもっていって「自主退職」させる。このような企業は新興のIT関係、アパレル業界や外食チェーンなどに多く見られ、業績を拡大しているその足元に「使い捨てにされた若者」が沢山いるというわけだ。
 ただ、ハラスメントや「研修」等で労働者を「自主退職」に追い込む方法は昨今に始まったものではなく、90~2000年代の中高年へのリストラにも使われたし、80年代の「国鉄分割民営化」の過程でも行われている。また、筆者は「ブラック企業」のあり方は、「日本型雇用」・・・すなわち労働者への広範な指揮・命令権(長期の単身赴任、サービス残業あたり前)が経営側にある代わりに、労働者は終身雇用、年功序列賃金(さらには企業年金など)の大きな見返りがある・・・の、「いいとこどり」(広範な指揮・命令権のみ)をしたものであるから、あらゆる企業が「ブラック企業」と成り得ると述べている。

 もちろん、このような「ブラック企業」が蔓延したのは「日本型雇用」の行き詰まり、解体であり、非正規雇用で「家計を維持」していかなければならない層が増え、「正社員」に成りたい「代わりの若者」がいくらでも居るという雇用情勢である。この趨勢はバブルがはじけた90年代半ばから始まり、企業はリストラを続け、95年に旧日本経団連が出した報告書に、日本型雇用は「高コスト体質」であるから「長期蓄積能力活用型」「高度専門能力活用型」「雇用柔軟型」の3タイプに分類し、「長期・・・」を減らすとともに後の二者を非正規雇用にしていこうという提言がなされ、徐々に政策化されてきた経緯がある。(ちなみにこのころ「ゆとり教育」という名の「エリートだけ育成する教育」が始まる)
 また、「シューカツ」の影響も大きいと筆者は指摘している。百社ものエントリーシートを書き、自己アピールするものの、不採用(否定)される・・・このようなことが続けば「自分を否定的に見る」⇒相手の不法行為を「自分が悪いから」と思い込んでしまう・・・かくして「ブラック企業」の嫌がらせ、やり方に反抗できず、精神を病んで潰れてしまうということだ。

 この本では、個人で「ブラック企業」と対峙し、闘う方法(労働NPOや地域労組、弁護士に相談する。地域労組に入って交渉する、裁判に持ち込む等)も上げられているが、「ブラック企業」が社会に与えるマイナス・・・若者を育てずつぶす、そのことによる少子化の進行、社会福祉費の増大・・・それによって日本社会が立ち行かなくなっても、彼等は伸ばした業績で海外に脱出するだろう・・・と、社会でブラック企業を無くす取り組みをする必要があると訴える。業務命令の制約・・・「過労死防止基本法」の早期制定、「普通の人が生きていくモデル」の策定・・・教育、医療、住居に関する適切な現物給付の福祉政策で、低賃金でもナショナルミニマムを担保できるようにする。

 若者も「戦略的」に、自分とブラック企業の問題解決を、自分だけの問題にせず、会社全体、他の被害者と連携して問題解決にあたる、そのための地域労組、合同労組、労働NPOを活用するし、労組やNPOもそういった「労使関係」を再構築する。(いわゆる「連合」などの企業別組合は、狭くなった「正社員」の「いいとこどり」だけを目指すから、ダメなのだ)、労働法教育を確立させる・・・政府の「政策」を待っているだけではダメで、そこに労働NPO、地域労組・合同労組、そして左翼の生きる道があるのではないだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »