« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

経産省前テント

三里塚行った日にゃ、朝早く東京に着く・・・ということでいつも反原発・経産省前テントにおじゃま(といっても、2回目)することにしている。
Dsc00675_2

これだけガッチリ固められると、ほとんど砦だね・・・もっとも、鎖とか「立入禁止」看板をつけたのは当局側であるがpout
Dsc00676_2
3月20日に申し渡された、仮処分の公示書の写し

Dsc00687
ホンモノは、コレでゲソ・・・

Dsc00677
とりあえず記帳をして、中にいれてもらう。乾パンとブラックコーヒーをご馳走になる。こちらもあるみさんズで、侵略成功!

Dsc00678
テント設置日数を示すポスター・・・カラーのサインペンが沢山あるらしく、この手作り感(というより、ここまで書くの、ホント、大変だなぁ・・・脱帽)が良い。

Dsc00686
ちなみにこの日は、560日目、今日は567日目(連続じゃなイカsign01)となる。
いろいろ、ゆんたく・・・ここで頑張り続けることが、反原発運動や、避難してきた人たちのよりどころになっていること、日本の民衆には、合法か非合法かという考えの方が、「抵抗権」という考えよりも強いこと・・・などなど・・・「7月の国会前で、『権力はこっちにある宣言』すればよかったじゃないの?」と私、相手は「いや、まだそれは時期尚早だったろう。でもそんな時は必ず来るけどね」
8時ごろ、警備員さんがやってくる。「不法占拠なので出てゆくように・・・云々」と決まりきったことを述べていくらしい。

Dsc00679
テントの周りを、撮影・・・

Dsc00681 
「原発さえなければ」・・・避難の途中、命を落とした方や、20㎞圏内で誰も助けにこられず、亡くなった方々の無念、大切なものをなくして、今も避難生活を続けている人の、偽りの無い気持ちだろう。

Dsc00682
アベノミクスも、何のその・・・原発政権Nosign03でゲソ・・・

Dsc00684
官庁街も、やたら桜が満開なんだよねぇ~ちなみに高松、やっと昨日、ソメイヨシノの満開宣言は発表されたようだ。東京もまだ寒いんだが・・・

Dsc00685
このコンクリートブロック、チェーンでつまづく人が多いため、入り口に取り付けたもの・・・皆様、ここが入り口ですぞ・・・

さて、3月24日の1日を、一週間かけてブログ記事にした今回のご感想など、ドンドンとコメント欄に書き込んでくださいね(^^)

ではではvirgo

| | コメント (25) | トラックバック (0)

3・24三里塚全国集会(デモ編)

Dsc00737_2
デモに出発~でゲソ
反対同盟のトラクターを先頭に、反対同盟、市民団体(の後ろに勝手連)が続くのでゲソ

Dsc00739_2

スグ後ろは、中核派系の隊列
Dsc00741

関実は、オッサンの太鼓隊がある(見えにくいけど)
Dsc00738

いつもの道を、シュプレヒコール・・・草加さんは「奴らを通すなsign01
Dsc00742

しかし「勝手連」では人数が少ないので、後ろか前のコールにあわせるしかないんだよね。
Dsc00745
東峰十字路あたりから、どどっと寄ってくる国家権力・機動隊・・・すかさず「弾圧を許さないぞ!」の声

Dsc00748
第二誘導路の下?をくぐって

Dsc00749
塀に囲まれた道路を行く・・・

Dsc00750
機動隊に守られていないと、飛べない飛行機airplane

Dsc00751
フェンスも2重だぜsign03

Dsc00754
こんな低空を、飛行機は飛ぶのじゃ・・・人権蹂躙だ!

Dsc00756
それでも、デモコースに春を感じる・・・

Dsc00758
全く、邪魔な塀だぜpout

Dsc00759
一応、ウネウネと続くデモ行進

Dsc00760
パンダ模様の、ANA

Dsc00761
市東さんの私有地に立ち入りを禁ずるぞ、NAApout

Dsc00764
「農地強奪を、許さないぞ!」「TPP反対!」

Dsc00767
市東さんの農地が見えてきました。

Dsc00768
農地取り上げを、許さない

Dsc00770
これが、第三誘導路にもぐるところか?

Dsc00772
その中・・・

Dsc00773
空港用地内の盛土の上から見物する、こーあん警察virgo

Dsc00774
白ヘル軍団・・・千葉県警sign02

Dsc00775 
こやつ等に誘導されていくしか、ないんですわ・・・

Dsc00778
市東さんの畑までやってきて、デモは終了・・・我々「勝手連」は、これまで最大の7名の結集を勝ち取ったことを確認して、またバスに乗り、都内某所で打ち上げ闘争を貫徹したのであった。

おしまい。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

3・24三里塚全国集会(その3)

おとつい、昨日と連続飲み会bottleだったモンで、続きは今日に・・・

後半は、「市東さんの農地取り上げに反対する会」さんから。初めて集会参加する人も演壇に立ちます。TPPはどんな影響があるか、いっしょにTPPを止めて、明るくおだやかに生きていきましょうとあいさつ。全国の闘う弁護団は、3・27(あっ、終わっちゃったなぁ~)は千葉地裁へsign01裁判闘争の意義は、敵の土俵の上であっても勝つことだと強調された。

カンパ隊は集合してください~との声がかかると、「反原発、反TPP,全国農民会議」が緑ののぼりを立てて登壇
Dsc00724
農地は命そのもの、人生そのもの・・・それを奪う権利が、誰にあるか!TPPに向けての会談がなされている。農家が百万戸廃業しないといけないのではないか?安倍は原発再稼動、沖縄辺野古の基地建設と、日本の人民の生活がどうなってもかまわないと考えているのではないか!市東さんとつながって、総力を上げて絶対に守り抜くことを改めて宣言し、最後の最後まで闘う!

鈴木加代子さんから、カンパアピール・・・どっしりとした声で「反対同盟は引くわけにはいかない。市東さんの農地問題の決戦があります・・・私は、とうちゃんの分までここでがんばります!」としめられた。
 続いて、全日建連帯、関西生コン支部から連帯のメッセージが読み上げられる・・・春闘山場なので集会にはこられないとのこと・・・しかし、この地に「連帯」の熱い労働者と、鮮やかな「連帯旗」が来たら、すばらしいだろうなぁ~と思う。

Dsc00725

解放同盟全国連よりあいさつ・・・空港絶対反対、狭山再審、安倍政権打倒、福島・沖縄連帯を述べられた。

Dsc00726
婦人民主クラブ全国協議会・・・暴力的な攻撃に対する闘いがいよいよ始まった・・・故郡司とめ婦人行動隊隊長は「天の半分を担う女性が、闘いの先頭に立たなければならない」と言った。

Dsc00727
無実の罪で獄中にとらわれている、星野文昭さんのつれあい、暁子さんから、星野文昭さんのアピール・・・「私も暁子も人間として最高のものを得ている。」と星野解放闘争勝利sign01

闘う三里塚障害者委員会からは、固く連帯して実力闘争を!安倍ファシスト政権、障害者を抹殺していった30年代を繰り返さないためにも、安倍政権打倒(ついでに、カクマル、木本打倒だそうな)
福日労からは、共に勝利するまで闘いましょうとあいさつ。

さて、ここからは支援党派・・・まずは中核派
Dsc00733
全学連委員長、斉藤クン・・・安倍政権はすぐに倒さなければなりません。全国の自治会を再建し、御用学者を追放する闘いを行うとのこと。

Dsc00734
解放派・・・逮捕・流血を辞さず、農地強奪を許さない、日帝・安倍と激突し、実力闘争で農地を死守する。

Dsc00735 
共産同統一委員会・・・3・27には全力結集する。逮捕・流血も恐れない・・・戦争の反動の安倍政権と闘う。原発再稼動阻止!5月沖縄、6月アジア共同行動を闘う。

Dsc00736
共産同蜂起派・・・市東さん、反対同盟とともに、断固として闘う。自らの将来を自らが決定する、差別をゆるさない闘いを行う。命よりも経済、弾圧に対しては、闘いの基礎を下からの怒りを軸にして闘う。
集会宣言を拍手で確認、参加人数は1370名、カンパは45万3632円だそうな。

Dsc00732
では、いよいよデモ編に続く・・・のでゲソvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3・24三里塚全国集会(その2)

 さて、お次は特別報告、動労千葉と動労水戸から
Dsc00715

動労千葉、田中委員長、今、20年前の10・20集会で国家権力を粉砕した闘争を思い出しているという…三里塚闘争に手をかけたら、絶対に許さない。この国の政府の支配が崩壊するときだということを示さなければならないということ。外注化阻止のため、3月1~17日まで連続的にストライキで闘ったことを報告された。
TPPは農民と農業、医療と保険を破壊するが、その過程には厖大な労働者が働いていて、その生活が破壊される。日本の商社はすでにアメリカの労働者をたたき出している一方、地方公務員では7.5%もの賃下げが行われようとしている。新自由主義の攻撃を個々で止める、動労千葉はその先頭に立つと宣言した。
Dsc00716 

動労水戸の石井委員長、3月の6、9、14日と3波のストライキを行った。外注化のせいで、資格のない当直助役が始業検査をやりだすむちゃなことが起こった。(事故起こるぞ、これ!)常磐線の特急列車を全部新型車両に変えるという、大きなダイヤ改正なのに、当局は全く説明をしてこない。5日前にやっと説明があった。上野の運転士が列車の連結作業ができないことが暴露された・・・と、「闘い」のない職場では、何でもありなんだなぁ~っと思った。
また、広野駅(福島第一原子力発電所から30㎞圏内)に放置されていた電車を、勝田電車区に置いているのだが、全く車両のやりくりに困っているわけではないのに、労働者に被曝の危険がある作業をさせて使おうとしている。JR水戸支社と政府と、断固闘うと述べた。
Dsc00717_2

続いて「関西実行委員会」である(ここで、革共同中央派の連中が全く拍手をしないため、拍手はパラパラになる)。
1週間前、関西に市東さんを招いて集会を行い、力強く打楽器を叩いてデモを行った。市東さんの作業所やトイレなどいたるところに張られた公示書を見て、怒り心頭だと述べた。
山本善威さんは92歳、戦争反対の意志を掲げ、反対同盟と市東さんの畑を守り、廃港まで闘うと述べた。福島の「棄民政策」など無かったかのように、アベノミクスで良い世の中が来るsign02そんなことは無い。三里塚、福島、沖縄の状況を見てひしひしと感じる・・・
Dsc00718

勝手連のぼりと、共にはためく、あるみさんのぼり・・・

福島の農民の大内さんから・・・3・11以降、内なる課題を洗い直し、徹底的にとらえなおすこと…駒井野砦の闘いが、自分にとってどれほど支えになっているか…私も市東さんとともに、それを闘います。
椎名悦子さんからのメッセージ、3・11後、沢山の人が声を立てました。福島では食品の放射能検査を外す品目が増えています。命を守る摂理に立ちましょう、具体的なものを出しましょう、次は絶対にいけるハズです・・・とのこと

Dsc00721

「市東さんの農地を守る沖縄の会」の安治富さん(ヘリ基地反対協代表でもある)から、ものすごい怒りのこもった発言pout沖縄の主権、自決権を立てる。安倍政権をぶっつぶす。4・28の「独立の日」政府式典?沖縄をアメリカ軍に売り渡した「屈辱の日」を祝うなぞ、沖縄を根底から侮辱するものだsign03辺野古埋立て申請は、沖縄の声と闘いを無視したもの、この1年、真っ向の勝負をしたい。怒りに燃えています。「世界自然遺産リスト登録運動」は、環境をつぶし、やんばるの森をつぶすことから目をそらさせるものです。(「八重の桜」も、福島の怒りをそらすものだそうです)
また、来年1月、名護市長選挙がある、これに勝利しなければならないと決意を述べ、沖縄防衛局を包囲し、沖縄と福島と三里塚反対同盟で、安倍政権を打倒すると宣言した。
Dsc00723
ここから集会は、後半に入る(続くよ、まだまだ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

3・24三里塚全国集会(その1)

さて、昨日の三里塚全国集会のレビューである・・・今回も盛りだくさんだぜいvirgo

今回、第三誘導路が完成したこと、3・27に市東さんの土地を「農地法」で取り上げる裁判の最終弁論が行われることから、反対同盟もこれまで以上に全力で結集を呼びかけた・・・なんとバス1台をチャーター
Dsc00689_2

片道500円、往復800円・・・タクシー相乗りのほうが安いかも知れないが、確実だ。で、中は超満員・・・むかぁ~し党派系列でバスをチャーターしていた時代があったが、その時も満員のバスで行った。今回は”年寄り”が多いからなぁ~
Dsc00691
20分ぐらい、バスに揺られて、会場の萩原さんの畑に到着sign03前段集会でワーワー言っています。

Dsc00699
いつものとおり、「三里塚勝手連」は、関実の後ろに陣取る・・・

Dsc00694

シートと椅子と、「あるみさんズ」を出して準備万端整えたぞ~happy01
Dsc00695
あるみさんのぼりと、勝手連ののぼりがはためく・・・

Dsc00700
集会前、「人は石垣、人は城」「この決戦下、800名とかでははじまらない、1500名は集めrんだ」と意気込んだこともあって、わざわざ正確に参加人数を特定するため、立って並んで数数え・・・数え終わったら座るということに・・・

Dsc00701
珍しく解放派さんが、仲間の本を売るための店を出していました。マルクス主義に関する文献だということで、2,500円

Dsc00702
開会のあいさつは、関実の森田さん・・・今年96歳だsign01

Dsc00704
神妙に聞く、あるみさんズ

Dsc00705
主催者あいさつ、北原鉱次事務局長のあいさつ・・・今日は風がつめたいが、中は燃えている・・・もう今の政治ではダメだ、労働者と農民が団結して、我々は命あるかぎり闘いぬく。・・・おれがやらなくてもだれかがやるだろう、そうゆう時代は終わった。一人ひとりが闘うしかない。それが「三里塚闘争」なんです。「みなさん、闘いましょう!未来をつくりましょう」と、いつものゆっくり、はっきりした声で訴える。

Dsc00708
萩原事務局次長の、基調報告・・・3つの提起とその闘いについて述べる・・・まず12月から反対同盟が臨戦態勢に入り、1500名の結集を目指し、その力で裁判所を追い込むこと、空港会社は徹底的に「守り」にはいったこと、何が「国益」なのかを訴えてゆく。安倍の極右政策と、三里塚闘争でどうたたかっていくのかという3つ。
「TPPで何も変えない」のなら、参加する必要はない。なのに大手マスコミも「連合」もTPPに賛成している。TPPは農地取り上げだ。1%のひとにぎrの者が儲ける。市東さんの農地取り上げはTPPそのもの。労働運動の中にもちこんだTPPを労農連帯でたたかうこと。「国策、国益」福島も沖縄も、土地の取り上げ、根はみんな同じ・・・いっしょになって、考えて闘おう。
 福島と沖縄と三里塚は、安倍が政治生命をかけてやらなければならないこと、縦線と横線をつないだ点として闘う。6000万労働者と、農民、漁民、市民が手を繋いで、安倍と闘う。

Dsc00709
3・11にTVの放送を見た・・・中学生、高校生が大人に対する不信を持っている「言っていることがみな逆だ」そうゆうことに対して、ペテンだということを左から切り込んでいくしか闘いはないんです。安部と対決ができる、あらゆる人と積極的に共闘を求める。
3・27の最終弁論には、2・18を上回るような結集を求める。あと、今日は10月の全国集会はあえて打ち出さない!5月、6月、7月、打って出ようsign031500名の結集を勝ち取ろう。

Dsc00710
農地法による農地強奪と裁判で闘う、市東孝雄さん・・・足掛け6年、裁判を闘っているが、彼らのデタラメが良く分った。耕作者が知らないうちに農地を取り上げられ、親父が書いたことも無い私文書を偽造され、耕したこともない土地を耕しているなどとされた。私の土地は、100年近く、誰にも文句をいわぜずに耕してきました。農地法で守らなければならない農地です。
2月20日、裁判所から仮執行の告示書を張りつけに来た・・・育苗ハウスや離れ、トイレにまで、なぜそんなところにまで張らなければならないんですか!怒りに燃えています。
第三誘導路ができましたが、日によっては十数回しか通っていない。200億もかけた第二誘導路は、もう使っていない・・・みなさん抗議して欲しい。
TPPは農業をつぶします。大企業が大規模農業をやるということは、農地を取り上げることです。
私は何がなんでも、天神峰で農業を続けていきます。最期まで闘いぬきます。

Dsc00711
反対同盟顧問弁護団から、農民の命を奪うものへの怒りはどれほどのものか?農地法による農地強奪は、法的根拠の無い強制収用である。空港会社は違憲・違法の集団だ!それに対するさしせまった当然の権利を守る闘いは、我々一人ひとりが市東さん になりきって闘えば、必ず勝てるsign03
不当判決は絶対に許さない。仮執行は、まさにやりたい放題、やられたらやり返そうではないか。弾圧には徹底否妥協で闘いましょう。

Dsc00714
ではでは・・・続く
 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

もうすぐ

もうすぐ
デモに出発でゲソ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

萩原さんの

萩原さんの
基調報告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辺野古埋立て申請弾劾!

今日の新聞を見て驚いた、政府が辺野古への埋立て申請を行ったというのだ。
四国新聞WEBより
政府、辺野古埋立て申請/米軍普天間移設で沖縄県に

 政府は22日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に想定している同県名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認申請書を沖縄県に提出した。公有水面埋立法に基づき許可権限を持つ仲井真弘多沖縄県知事は、申請をいったん受理した上で当面回答を留保する見通し。申請は埋め立て工事の施行に要する期間を5年と明記。面積は約160ヘクタール、必要な土量は約2100万立方メートルとした。
 埋め立て申請は、日米合意に基づく県内移設実現に向けた具体的な手続きの一環。政府は包括的な基地負担軽減策を急ぎ、県側の理解獲得へ全力を挙げる。事態が直ちに動きだすめどは依然立っていない。

 沖縄では自民党・公明党から無所属まで「基地の県内移設反対」を言わないと議員や首長になれない状況である。先日のオバマ大統領との会見で、TPP参加と普天間移設問題解決を「約束」した安倍政権反動の第一歩である。(他にも統一番号制度なるものがあるが、別の機会に述べる)

 明日は三里塚でも堂々と主張されるだろう、「三里塚、沖縄、福島は同じ問題」「安倍政権を絶対に許さないpout」と・・・

| | コメント (23) | トラックバック (1)

平家伝説の村を攻略

さて、豊念ダム侵略後、県道9号を通って、愛媛県に抜ける・・・四国中央市に入るが、県土番号はそのまま9号・・・
ウネウネした道をホイホイと進んでゆくが、けっこう人が住み、道路も改良されている。

で、見つけたのが、切山地区の平家伝説のある集落
Dsc00659

道路の下には、集落が広がっている
Dsc00663

茅葺の屋根が見えるが、あれが国指定文化財 真鍋家住宅なのだろう。
Dsc00664

川之江市(合併して四国中央市)の初代市長像・・・誰かがプラスチック枠のメガネをかけさせているcoldsweats01
Dsc00661 

集落の様子が一望できる地図・・・
Dsc00660

由来書きでゲソ
Dsc00665
まあ、四国を守っていた平家に繫がる一党が、平家滅亡後もここに住み着いたものらしい・・・山形スクリームみたく、悲恋があったり、落武者が甦ってきたりすることはアリマセン・・・
ここはバイカーもけっこう走る道で、3台ほどバイクを見ました。

あとは川之江の市街地に下りて、国道11号を高松側へ・・・香川西端の道の駅とよはまを侵略したでゲソ
Dsc00666

西を向いているので、サンセット時が売りのようだが、今日の日没は午後6時12分・・・まだまだ早いのでゲソ
Dsc00667

豊浜の市街地・・・霞がかかっています。
Dsc00670

香川最西端、侵略記念でゲソvirgoむこうにかすかに見える島も、香川県じゃなイカsign01
Dsc00673_2

ではでは・・・   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊念池ダム侵略!

休みの日に、香川県の西の端、観音寺市にある豊稔池ダムを侵略しに行ってきたのでゲソ…
Dsc00625

高松自動車道の大野原ICを降りて、山側に入ること約15分、県道8号から9号に入り、ダムの入り口に着いた。
Dsc00623

このダムは、1920年代後半に作られた石積みマルチプルアーチダムということで、文化財指定を受けている。また土木学会も土木遺産として取り上げているようだ。

Dsc00628

この重厚な石積みを見るでゲソ・・・

Dsc00630

ヨーロッパ中世の古城か、南米あたりにある遺跡をおもわせるhappy01

Dsc00632
シーズンがまだだから、下の公園にはほとんど人が居ない・・・管理人のおじさんが、落ち葉の清掃sign02をしていたくらい。

Dsc00637
では、あるみさんズの「侵略成功」写真をば・・・逆光になるので、フラッシュを焚く。

Dsc00638

ダム改修工事の時に作った石碑

Dsc00643 

古い土砂吐出門とか・・・

Dsc00641

バットレスダムは、構造が複雑なので、今はあまり作られていない。

Dsc00644

公園のあずま屋から、侵略記念でゲソvirgo

Dsc00648
逆光仮面も、なかなか良いものだ・・・

Dsc00649 

下流の水は、透き通っていて、魚影も見えず・・・

Dsc00658 
アーチ形式であることは、上から見れば分るよflair

Dsc00655

太陽電池を浮かべて、その電力でエアーを送り込み、水質改善の試験事業をやっているらしい。
ではでは・・・


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つの沖縄独立論

少し旧聞になるが、なごなぐ雑記という、宮城博康さんのブログで「沖縄は日本から独立したほうが幸せなのではないのか」についてという興味深い記事があった。「通販生活」という雑誌に掲載された記事の画像に、「沖縄は日本から独立したほうが幸せなのではないか」とデカデカと書かれていて、

 「遅くなりましたが、沖縄県にある米軍基地の一部を私たちの地域に移すことを都道府県議会で可決しました。」聞きたいのはののような「県外」であるはずです。(中略)だとしたら、沖縄は独立して昔の琉球に戻り、米軍基地を日本国にそっくり返してもらうほうが、よほど幸せな暮らしを作れるのではないですか。(中略)でも、米軍基地を本土に戻す方法、他に思い浮かばないのです。

とある。
これは、本土の雑誌である・・・書いた者がどのような「善意」の持ち主であれ、「私達の地域に移す」努力や、沖縄から基地を無くす努力を放棄した上での、あきらめ・・・あるいは無意識の「基地は沖縄にあって当然」「沖縄から基地を動かすことは無理」という差別意識を吐露している文章に他ならない。(ちなみに、軍事的に見ても、海兵隊が沖縄に居る必要はないことは何度も述べたとおり)

宮城さん自身も
私も日本語で読み書きをする人間だから、日本のマジョリティへの「警鐘」であったとしても、沖縄で生きる私には違った意味合いで迫ってくるのは当然だろう。
と述べているし、ブログに示されたフェイスブックのやりとりの中にも

分離独立しないかぎり、本土に一部でもうつすことは不可能。って論理は、いかにも良心的に、沖縄のゆくすえをかんがえているようなフリをしています。でも、分離独立しても、確実にヤマトに基地が移転する保証なんてないという点を、全然かんがえてない。「本土みまわしたら、どこもひきうけそうにない卑怯な連中しかヤマトゥンチュがいないのだから、すてみで、独立しかないでしょ」と、シレっという。一見もっともらしげだけど、これって、自分たちだけは良心的だというアリバイ工作ですよね。「分離独立しても、確実にヤマトに基地が移転する保証なんてないという点」について、無責任だという思考がはたらかない点で、ひとごとなんです

というのがある。要するに、しれっと述べてしまった、無責任極まりない文書なのだ。

本土の側から「沖縄独立」を口にすることは、究極の沖縄差別であると、私は思う。

さて、このブログ記事を見つける少し前に、非電脳あいらんどという掲示板(「旗旗」にリンクされている)に、沖縄の人から研究進む沖縄独立の道というスレッドを発見したので、興味深く読んだ。全文引用すると

地理上の不幸を幸福に転換 龍谷大経済学部教授  松島泰勝氏

 -昨年出版の著者「琉球独立への道」で沖縄の独立を学術的に論じた。これまでの独立論は「居酒屋談義」にすぎない印象だったが。

 「米軍基地負担の軽減がいっこうに進まない中、具体的な研究は進んでいて、一般の琉球人も参加する『琉球独立総合研究学会』が5月発足の準備を進めている。基地をなくすだけでなく、経済、文化にわたる植民地的上京から脱する方法を考えるとこの道に至る。

 ー興味深いが、現実的な選択肢だろうか。

 「国連憲章や国際人権規約は人民の政治的自己決定権を認めており、琉球が決めれば独立に進むんです。住民投票で過半数の賛成を得て独立宣言を出し、国連に加盟申請する。パレスチナのように時間をかけて国家として承認してくれる国を増やせばいい。その過程で日本の承認はいらない。イスラエルはパレスチナを承認していないが、国連は昨年11月、パレスチナを『オブザーバー組織』から『オブザーバー国家』に格上げした。太平洋のパラオは人口わずか2万人だが、1994年に独立した。先進国でも英国のスコットランドなどで独立運動がある」

  ■「非自治地域」に

 -独立が沖縄の多数派意見になり得るのか。

 「琉球大の2007年の県民世論調査で独立支持は約21%だったが、今はもっと高いはず。国連の脱植民地化特別委員会の『非自治地域』リストにはグアムなど16地域が載っている。県議会がリストへの登録要請決議を採択することも必要になるでしょう。フタンス領ポリネシアの議会は、11年にそういう決議を出している」

 -自立は可能か。

 「沖縄の国税と地方税を合わせた額は約3900億円。本社が県内にない企業への課税権は今はないが。独立すれば課税できる。現在の財政規模よりいったん少なくなったとしても使途は自由になり、本当に有効な経済政策を打ち出せます。復帰後、沖縄県には振興開発で総額約19兆円が注がれたが、IT特区などの政策はほとんど失敗した。基地を押しつけるためだけで、中央官庁が中途半端な政策を採用してきたからです」
 「概に返還された米軍基地跡地では税収、雇用とも飛躍的に伸びている。那覇の新都心おもろまちなどがいい例。基地労働者の給与など基地関連収入は県民総所得の約5%まで低下、基地労働者は県就労者の約1・5%にすぎない。一方、基地は県面積の1割を占め、交通の要所に陣取っている。なくなった方が経済効果は大きいんです」

  ■ASEAN加盟

 ー独立後、「琉球国」の外交・安保政策は?

 「太平洋諸島フォーラム(PIF)、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟し、安保は非同盟、非武装で行く。日本とは友好関係を築き、両国民が互いに自由に往来、就労できるようにする。今は琉球の位置が基地を置く理由にされているが、この『地理上の不幸』を幸福に変えたい。かって交易で栄えた琉球王国のように」
 「たとえば、台湾との距離がわずか110キロの与那国島は、国際港開設を何度か日本政府に申請したが、港の大きさなどから税関や入管を置くことはできないと言われ、台湾との定期船はない。戦後の一時期、与那国は台湾との交易で人口が約2万人に達したが、今は2千人未満で自衛隊誘致の話が出ている。政府がそういう状況に追い込んだかのようだ。地政学的有利さは中央集権では生かせないんです」

 -非武装では中国の軍事的野心を刺激するとの指摘がある。

 「国際法が整備された現代において、そのような想定をすること自体がおかしい。チベットなど概に国内に多くの民族問題。独立運動を抱える中国が琉球に手を出すはずもない。ただ、あまり経済的に中国に依存しない姿勢は必要です」

 -尖閣諸島の領有権問題については?

 「尖閣はかって琉球人が中国に通うときの航路標識代わりに使い、中国以上に琉球との歴史的関係が深い。日本はその琉球を併合して尖閣を領有しているわけだが、国有化で危険な状況を作り出した。武力衝突が起きたら戦場になるのは琉球の島々。尖閣を戦争の起点とぜず、平和を創造する起点にする方向で解決を探るべきです」

 
おお、ここまで具体的な研究を進めている人が居るのか・・・特に東南アジアや太平洋の島嶼国と連携しようという外交政策は、沖縄ならではのものだと言えそうだ。

もしこの「独立論」が沖縄県民に支持され、大きな声となるならば、本土の私たちは「沖縄の自己決定権の尊重」という立場から、「日米安保に必要な基地・・・嘉手納を当然含む」を引き受ける覚悟で、断固支持するし、そのような「運動」をするだろう。

それが日本も変わる道なのだから・・・

| | コメント (29) | トラックバック (0)

15.7㎞/ℓでゲソ…

車の燃費を、公表するコーナーcar

走行距離・・・451㎞

給油量・・・28.8ℓ

燃費・・・451 ÷ 28.8 = 15.659 ≒15.7㎞/ℓ

と相成りましたhappy01

しかし、セルフのお店で、リッター142円とは、高い・・・5千円札出しても、千円札がお釣で帰ってこないじゃなイカmoneybag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトデー粉砕に本多さんのことを考える

 今日は。3・14・・・ホワイトデーなんぞではなく、法政大学で学生のデモを事前に待ち構えて「大量逮捕」があった日、関西でヨーダなる「党私物化人間」を追い出した日、そして1975年、反革命カクマルが、本多延嘉書記長を虐殺した日である。享年41歳 

 と、いうことは、本多さんは1934年生まれということになる(wikiでは2月6日)、私の親父とちょっとしか変わらない。で、wikiを追っかけると・・・1958年、革命的共産主義者同盟全国委員会を黒田寛一らとともに結成。これが24歳。黒田が「反革命」カクマルを分派させた、1963年(ちなみにカクマル結成50周年なんだそうな)には、29歳の若さである。

 大阪では、40ちょっと(知事になった時は30代後半)で「維新」をつくって反革命の風を吹かせているが、それより若い本多さんは、革命の嵐を轟々と吹かせていたわけだtyphoon

 話は変わるが、「ガラガラポン」する新しい左翼政党は、やっぱり30代ぐらいの元気なのが音頭をとって作るべきだろう・・・本多さんにできて、キミ達にできないことはないsign03と、勝手にオジサンはエールを送るのだvirgo

 金と運動の実務と労力なら、年寄り連中がなんぼでも出すから(しょうもない口は出さない)、革命党、作ろうぜhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

脱原発行動オマケのお話

9日の高松での脱原発行動・・・なぜか「脱原発カメラマン」という女性の方から名刺みたいなものをもらった。なんでも大坂から来たそうで、全国で行われている「脱原発行動」を写真に収めてまわっているとか・・・スゴイ人だなぁ~よろしゅおあがりという彼女のブログ・・・貼り付けておくね(^^)(^^)/

行動の後、10名ぐらいで喫茶店でよもやま話・・・11年の6月には百数十名も集まったのに、最近は2~30名ぐらいしか集まらん・・・いや、もうさよなら原発in四国の連中が、全く来なくなったんだもの・・・彼らのMLも、自分達のメインテーマ?ばかり・・・とにかく今恒常的に来ている30名や、毎週金曜日にやっているよんでん前抗議行動を地道に続けることで、反原発の「核」を続けていこう、そうすれば、「伊方再稼動」のようにまた世論が盛り上がるときに役立つ・・・という結論になった。
 と思ったら、金曜日にいつデモしながら四電前に来る人たちが中心に、「原発をなくす香川の会」が結成されたことが、新聞報道で出た・・・四国新聞WEBより
 原発をなくす香川の会結成/高松で集会 
 東日本大震災からの復興と原発のない社会を目指す「原発をなくす香川の会」が10日結成され、香川県高松市片原町の市生涯学習センターで集会が行われた。
 同会は、香川革新懇や四国反原発連合などが中心となり構成。この日の集会には、約220人が集まった。
 集会では、原発をなくす全国連絡会運営委員で全労連事務局長の小田川義和氏が講演。小田川氏は「被災者の間には、行政に自分たちの意向が反映されていないことなどに対する不満が広がっている」と現状を説明。「息の長い闘いになるだろうが、草の根運動で力を合わせよう」と訴えた。
 集会の後、参加者は原発ゼロを訴える横断幕を手に商店街などを行進するアピール活動も行った。

 いやぁ~220人だぜ・・・これは保守的な高松では多いsign03「市民派だぁ」「緑だぁ」「革新懇だぁ~」などど言わないで、いっしょにやれればスゴイことができそうだ。こちら側としては、ひとえに「渡辺さとこ」氏の意思と「人徳」にかかっている・・・と思うのだが、どうかsign02

さてその後辺野古・普天間に基地はいらない高松行動の、一人商店街街宣をやってから、焼き鳥屋さんで早めの夕食・・・
Dsc00617

隣のお兄さんと、お話で盛り上がっているうちに、なんとTVでその日のデモと集会の様子が流れたではなイカvirgoと、いうことで、脱原発論議で盛り上がる・・・

「そもそもあれだけの事故おこしておいて、また原発やろうってどうかしてるよね。」「原子力って言ったって、湯沸かしてタービン回しているだけやん」「ドラえもんは原子力で動いていることになっているのに・・・鉄腕アトムが悪いsign03」「あれ、中に真空管はいってるんですけど・・・」「もんじゅだって、冷やすのに電力使っている・・・無駄無駄」「核燃料サイクルがダメになったなことは、『国産』エネルギーですらない」「もんじゅだって、『増殖」しないもんね」 「それはそうと、毎週金曜日、四電前で抗議行動やってるんだけど」「あれはアリバイ作りでしょ(おいおい、ちゃうてcoldsweats01

暑かったので、芋焼酎水割りが、ぐいぐいと進んだのでゲソ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら原発3・10関西2万人行動

 さて、昨日はわざわざ大坂まで出かけていって、さよなら原発3・10関西2万人行動に決起してきたでゲソ(^^)
  地下鉄淀屋橋を降りて、大阪市役所、中之島公園へ、もう人が沢山あつまっている。
Dsc00618

橋のたもとで、被災者への健康診断を訴える人たち・・・
Dsc00619 

市役所横に「テント」とか張らせないための、パイプsign02
このあたりから、様々な団体さんが自由にチラシ、ビラを撒いている
カクマルの「解放」号外をゲット
Dsc00620_2

おお、スゴイ人だ・・・私の「鉄道むすめ+ミニイカ娘」のプラカードを出して装着すると、どなたかが「写真取らしてください」と・・・

Dsc00621
で、これ以上写真を撮ろうとすると、ゲゲッ~電池がないじゃなイカdownしょーがないので、携帯写真にチェンジ

Sn3r0738_2

「風を起こす女の会」さんらを見つけたので、そちらに合流・・・大坂・此花区での弾圧にくわえ、「在特会」からの不当な告発をうけて、いまだ拘置所にいるHさんに公正な裁判を求める署名を行う。
Sn3r0742
辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動のマスコット、ジュゴンのぬいぐるみも、ふさふさとして立派になっています。
さて、集会はまだまだ「前段集会」で、様々な方々がしゃべっていましたが、1時前から雨が降ってまいりましたrainヒャー・・・雨具持ってないよう~

Sn3r0740

横断幕をしまったり、傘やビニール合羽を持ち出したりと、大変です。
集会の写真も、取れませんcoldsweats01 傘しか写りません・・・

何やかんやで、集会が始まりましたが、寒いのでみんな早くデモに行きたそうで、ムズムズしています。

福島の武藤類子さんのお話がありました・・・メモとかとってる余裕はないのですが、最後の、怒りを薪が燃える様に例えた話は、よかったです。

福井からの報告、集会決議を拍手で確認して、やっとデモに出発~virgo
私の周辺は「御堂筋コース」に行くようでしたが、せっかくだから行ったことのない「関電」を見ておこうと、「関電ー西梅田コース」に行くことに・・・

女神像から東に別れ、剣先公園で集会をしていたグループと合流・・・隊列をつくるなり・・・
Mini_130310_1407
京阪電鉄中之島線、難波橋駅の出口・・・このへんが、中央公会堂・・・

Sn3r0747
公園を出て、阪神高速に沿って西へ向かう・・・

Sn3r0748
大江橋北詰を南下し、御堂筋を渡って、中ノ島通りへ・・・シュプレヒコールとか、音楽とかはなぜかあまりなかったのだが、それでも「大飯を止めろ!」「再稼動反対!」「いのちが大事」とか、声が上がる。

Sn3r0749
朝日新聞、本社ビル・・・この奥に関電の本店がある。

Sn3r0750
関電方面には行かず、NTT西日本もでっかいビルを右目に、田蓑橋を渡って北上

Sn3r0751
ちょこっと歩いたら・・・もう西梅田公園に到着

Sn3r0752
デモの時は雨もほとんど止んで、特に混乱もなく流れ解散・・・

Sn3r0753
皆様、お疲れ様でしたhappy01・・・ここで地下に降り、冷えた体を温めるべく、ヒルトン5階のジュンク堂書店で、帰りのバスまで時間をつぶしたのでゲソ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

西梅田公園で

西梅田公園で
デモ解散でゲソ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪反原発

大阪反原発
女神像前、集会中でゲソ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3・9高松反原発行動に決起

 花粉と黄砂が飛び交う、暖かい3月・・・高松の脱原発行動に決起したぞsign03
Dsc00567

タイガーマスクさんも、闘うぞsign03(でも暑そう、今日は)
Dsc00570

再稼動反対でゲソ~
Dsc00571

Dsc00573
「ぷるとをいれましょ、げんしろに。おかねをあげましょますめでぃあ、ごようがくしゃのふえいたいこ、きょうはうれしい経団連」秀逸ではなイカ

Dsc00572_2
ま、マスメディアさんも取材にきていたのですけどね(^^)(^^)大体、今日は花粉は多いが天気もいいので、30人くらい・・・

Dsc00578
どなたかが、「菜の花」を持ってきました。本来、原発事故がなければ、福島の子どもたちも、菜の花を摘んだりして外で遊んでいる季節になるわけで・・・今日は「菜の花ウォーク」と名づけられました。

Dsc00580
では、デモにしゅっぱぁ~つ・・・

Dsc00581
常盤町商店街を通って、右折北上

Dsc00585 
おどろおどろしい、ポスターでゲソ

Dsc00586 
南新町、北上up

Dsc00587

「再稼動反対!伊方は廃炉!」

Dsc00590
丸亀町、グリーンモールを北上upwardright

Dsc00591
福島を忘れない・・・「福島連帯sign03

Dsc00595
一旦、商店街を離れ、シュプレヒコールも盛り上がる・・・「政府・東電は責任を取れ!」「原発も核も、ゆるさないぞ!」「伊方は廃炉!」「再稼動反対!」

Dsc00599
兵庫町商店街へ・・・未来を考え、脱原発sign03

Dsc00602_2
丸亀町をぐるっと回って・・・

Dsc00603
よんでんの建物が、見えてきたぞ~

Dsc00606
正門では、申し入れ書は受け取らないということなので・・・裏に回る

Dsc00607 
裏口へ、みんなでGOsign03脱原発へ、「加速装置sign02
ここから、よんでんの広報さんに申し入れ・・・向こうも写真とか撮らない代わりに、こちらからも写真とか撮らないという「約束」で、四電へ申し入れ行動
以下、内容

 要請書

 忌まわしい3月11日の福島第一原子力発電所の事故から早2年が過ぎようとしています。貴社に対しては、もはや繰り返すことがイヤになるほど繰り返してきましたが、今もなお15万人に及ぶ方々が家に帰ることもできず、これからの生活再建のめども立たない状況で不安な生活を送っています。また、事故のはっきりした原因もわかっていません。原子炉内部が一体どのような状況にあるのか、どのように処理したらいいのかもわかっていません。東京電力は事故の本質を隠すために、事故調査委員会に対して嘘をついてまで調査妨害を行いました。そのような状況の中、昨年関西電力大飯原発が「安全確認ができた」とおい何の根拠もない無責任な「確認」によって再稼動されました。事故の原因が分らないのにどのように再稼動できるのでしょうか。また改善の必要が在ることに関しても猶予期間を設けています。この期間は絶対に事故が起きない、災害がこないと誰が保証してくれるのでしょうか。
先日貴社が電気料金の値上げを申請したことが報道されました。同時に社員の給与引き下げも知らせれました。その翌日に日本原子力発電に対して1300億円に及ぶ支援が行われることも報道されました。この日本原電については電力5社が使ってもいない電気料金を支払っており、その料金が全て電気料金に転嫁されていることで問題になっています。日本原電はすでに破綻しており、そこに我々の税金や電気料金が使われることは絶対に認められません。これまで事故やトラブル続きで金ばかり食い続けている再処理や核燃料サイクル事業をこれ以上続けることに意味があるとは思えません。すでに破綻している計画を、原子力発電を続けるために問題の隠れ蓑として利用しているに過ぎません。また仮に再処理や核燃料サイクルができたとしても、放射性物質が出続けることに変わりはありません。この捨て場も他国だ宇宙だと無責任極まりない計画を次々と否定され、最終的な地層処分案も日本学術会議によって見直しを求められています。
 これまで「国策」という言葉を利用して労働者の命と健康を犠牲にし、漁業や農業を切り捨てて、企業が儲かることだけを優先するという愚作のために、生きていく術を奪われた地域に金をちらつかせ、絶対安全と騙して原発を押し付けてきました。「国策」とは何でしょうか?貴社は何かを犠牲にして「国策」のために強制されて原発を動かしてきたとも言うのでしょうか。犠牲になったのは地域住民と労働者だけです。そして今回もまた電力利用者と労働者に赤字の責任をすべて押し付けようとしています。今のような状況を招いた責任は嘘と欺瞞によって利用者を騙して原子力発電を拡大させてきた貴社の経営方針にこそあります。電気料金を値上げする前に原子力発電を拡大してきた歴代経営陣が私財をな投げ打ち、経営体制の抜本的改革を行うことが先ではないでしょうか。原発に依存してきたことによる責任を一切とらず、また再稼動することを前提にした経営陣の押し付けは認められるわけではありません。
 原子力に依存した発電に未来はありません、私たちは福島の事故そのものによってそのことを突きつけられました。そのために支払った代償はあまりにも大きなものでした。原発を水深してきた人たちは「放射能で死んだ人はいない」と言います。東海村臨界事故で悲惨な死を遂げられた2人の労働者はどうなるのでしょうか。特異性がないために、被ばくによるものとして照明することが困難を極める中でも、労災として正式に認定された10人の方はどうなるのでしょうか。それだけではありません。津波の後まだ生きている人がいるにもかかわらず、原発事故のため助けにいけなかったことをどう考えているのでしょうか。原発事故などおこっているとは知らずに、誰かが助けてに来てくれると信じながら命を落としていった人たちの叫びをあなた方には聞こえないのでしょうか。助けたくても助けに行けなかった人たちの言葉にできないような悔しさがあなた方には想像することすらできないのでしょうか。
 二度とこのようなことを起こさないためにも、全ての原発の廃炉を今すぐにでも決断することこそが、これまでの差別と嘘と欺瞞によって原発を拡大し続け、結局最悪の事態を招き、福島の方達の生活を奪い、命の危険にさらしてしまったことに対する貴社を含む電力各社の最低限の責任ではないでしょうか(以下略)

 要請分を受け取った広報の方は「安全には配慮する」「地元とよく話し合う」など、「再稼動ありき」の発言をするものだから、ヤジや怒号が飛び交う「原発再稼動ありきではないか!」」「私たちは廃炉を求めている!」「節電ではなく、絶電をするぞ!」「電力はそもそも余っているではないか!」等々・・・

 終了後、代表者がマスコミの取材を受ける(6時代の地元TVに出たぞ)、その後、反省会ののち、3時半から本業の辺野古・普天間に基地はいらない高松行動へ・・・あ~よく歩いた・・・明日は関西へGObus





| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3誘導路供用弾劾!3・24三里塚全国集会へ

昨日、成田空港の第3誘導路が供用し、運用を開始した。農地強奪、追い出し攻撃と闘う市東孝雄さんのお宅は、誘導路に完全に囲まれてしまった。
毎日jpより成田空港:B滑走路に新誘導路、発着便増加へ
(前略)
一方、誘導路の完成で、三里塚・芝山連合空港反対同盟北原派の農家、市東(しとう)孝雄さん(62)の自宅と畑は2本の誘導路に完全に囲まれた。7日朝からいつも通り農作業をした市東さんは「騒いだところで(地元の成田)市やNAAが何をしてくれるわけでもない」と話し、行き交う飛行機を見上げていた。【早川健人、味澤由妃】

なんかあきらめているみたいだが、ブル新に何を語ってもしゃぁないと思ったか、記者が勝手に「スカスカ」なコメントにしただけだろう。現に7日は現地で緊急現地闘争が組まれている。 

この記事のおススメは、空から見た市東さんの家と畑である。完全に道路より広い誘導路に取り囲まれてしまっている。外国の人がこの「人権無視」「問答無用」空港に降り立つ時、何を思うだろうか・・・

 この怒りをバネに、3・24全国総決起集会に結集しようsign03
  3・24全国総決起集会

【日時】3月24日(日)正午
【会場】成田市天神峰 反対同盟員所有畑
【主催】三里塚芝山連合空港反対同盟

おっと、先日、関西方面から郵便物が来て、中には三里塚芝山空港反対同盟の新しいパンフレット「農地は私たちの命」が入っていたぞvirgo
001
もちろん表紙は、農地取り上げ、追い出し攻撃と闘う市東さんの姿「市東さんの農地取り上げを阻もう」「農地は私たちの命」「負けるわけにはいかない!」
内容は、市東さんへの「攻撃」の具体的な内容から、これまでの三里塚闘争の歴史(ちなみに「3・8分裂」はさらっと「条件交渉路線との決別」と書かれている)、なぜ実力闘争なのか、一切の話し合い拒否なのか、簡潔に分りやすく書かれていて、初めての人にもおススメの、とてもいい内容に仕上がっている(^^)

福島ー沖縄ー反TPPもあるぞsign03

頒価は100円、欲しい人はぜひ、3・24現地に行って買おうmoneybag

裏表紙は、羽仁五郎氏、戸村一作氏、田中正造氏である。
002
羽仁五郎氏の言葉
●「パリコンミューンはわずか72日だったが、三里塚はもう13年、農民は闘いながら見事に生きているではないか。いまや日本をよくすることができるのは三里塚や動労千葉の闘争だけだ」

戸村一作、反対同盟委員長の言葉
●「三里塚闘争とは何か、の問いは、多くの人々の持つ疑問である。これは国家権力の総力をあげた暴力装置に、かくまで徹底抗戦を続ける農民意識に対するものであって、結論的には農民を自己変革っしめた根源的なものへの追求であると思う」

田中正造氏の言葉
●「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」

み~んな、現代に通ずる、しごくまっとうな言葉であると思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

池上製麺所侵略でゲソ

久しぶりに、有名さぬきうどん店をレビューするコーナー
あの「るみばあちゃんのお店」として有名な池上製麺所を侵略でゲソ。

高松市内から空港に行く国道193号で南下、空港の近くでくいっと右に曲がる・・・空港に近いので、あのヘリ基地反対協議会の安治富さんも、高松の集会に呼ばれた帰りに食べにつれていってもらったというお店である。(沖縄で本人から聞きましたvirgo

Dsc00553
ばぁ~んと、看板が見えるのだ・・・

Dsc00554

ちょっと前はこじんまりとしていて、駐車場も狭く、見つけにくい店であったらしい。改装して今の形になった。
Dsc00555_2
かけうどうん系と、釜上げ系は並ぶ所が違うのだ。ちなみに今日は腹をくくってsign02「日本のカルボナーラ」と言われる釜たまをいただくことに。

Dsc00556
ストーブとやかんの取り合わせが、なんとも言えないなぁ~

Dsc00557

おみやげコーナーに座っているあの人が、「るみばあちゃん」らしい。いつもニコニコ・・・

Dsc00558 
食事所は、さっぱりと広いじゃなイカ(^^)

Dsc00561
釜たま「小」におでんの大根1つで、300円とは安いmoneybag

Dsc00562

美味いじゃなイカsign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

天皇論補足…古代天皇(大王)と、中国文明

 毎月1回更新されるブログ「資本主義の終わり論」の仲山良介「ゴータ綱領批判」解説本について(論点整理的に)

で、「アジア的生産様式」の欠落が指摘されているのだが、その中でこういった文章があった…  

余談: 日本列島は 倭国から日本国に王朝が交替しています(670年頃)。有名な金印(57  年)には 倭国とあります。また卑弥呼は倭国の王であって、日本国の王ではありませ  ん。もちろん 縄文人と弥生人は 遊牧民の末裔としての採取民と農耕民との違いは  ありますが どちらも原始共産制です。弥生人を支配した倭国の支配者は 南方の海  洋民で(室町時代でも中国沿岸の海賊を倭冦と呼んでいた) 日本国の支配者は 呉  (神武)、百済(応神、仁徳)、新羅(継体)の逃亡王朝の末裔です。 問題は 倭国の時に古墳が作られていることです(古墳は農耕民の文化)。つまり  7世紀以前の倭国と各大王家との関係です。  

 少なくとも、中国文明(仏教、儒教、律令)を本格的に取り入れられるまで、「大王家」は交代しており、決して「万世一系」ではなかったことが伺える。特に継体大王は、その前の「武烈大王」があまりにも暴虐で、跡継ぎがいなくなったのを、越前(福井県)から呼んできて「大王」になったとされているが、日本海側と新羅との交流があったのだろう。(それにしても、「継体」などという名は、イカにも「接ぎ木」みたいな名前でゲソcoldsweats01

 このブログ管理人さんの持論は「国家」=「階級抑圧装置」の始まりは、遊牧民による農耕民の「征服」から始まったとしている。すなわち、農業生産力の低い土地で人が生きていくため、草を家畜に食わせ、その乳や肉を食する遊牧民同士が、土地をめぐって争っても、勝ったほうは負けたほうを養っていく「余裕」が無いから、負けたほうは殺されるだけだが、農耕民の土地を「征服」した際に、家畜のエサを農耕民に「税」として出させることで「支配階級」として君臨し、国家ができたというもの・・・である。一度「国家」が出来ると、「支配階級」は楽なので、あちこちで国家を作る・・・日本列島にも「国家」を知っているヤツがそこそこやってきて作ったのが、「邪馬台国」や「大和朝廷」であるというわけだ。

 もう一つ、呉という国について見てみよう。これは三国志の時代の「呉」ではなく、揚子江文明(コメが主体)のところに、春秋時代にあった国、「呉越同舟」の呉であろう。先のブログから引用すると・・・

 文明は4大文明としてナイル川、メソポタミヤ、インダス川、揚子江、(黄河)の各 流域で始まりました。このときの生産様式はアジア的生産様式です。遊牧民による農耕 民の征服として階級対立および文化は始まったのです(他種族が征服したは正しいが、 奴隷制になったのではありません)。ピラミットは奴隷ではなく平民が造ったことが  前世紀の終わりに判明しています。アジア的生産様式は 学問的にも確認されました。

先の「遊牧民」の征服によって、中国には夏→殷→周という国が出来たが春秋戦国時代になると、国家を知っているヤツが揚子江文明域にも広がり、呉や越という国が出来る…揚子江文明域は戦国時代「楚」によって統一され、一方、黄河流域は西方から起こった「秦」によって統一、「楚」も滅ぼされるが、「秦」はわずか20年程で「楚」から出た項羽、劉邦によって倒され、ここに「統一中国文明」が誕生するわけだ。この過程で「呉」の地域から朝鮮半島を経由して(当時の航海技術では、呉から直接日本列島に航海することは難しかった)やってきた亡命政権が「神武」ということなんだろう。

以上、補足終わり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天皇とか戸籍とか・・・

 全くのネタで書いた中国とも安保条約を結んじゃえ!?のスレッドで、「天皇論」が盛り上がっているが、基本的に「天皇(制)」とは何かということをいろんな角度から見てみようsign02
 現在の天皇家は、古代大和朝廷から延々と1500年ぐらい続いている「王様の家系」であることは間違いないだろう。天皇の称号が確立するのは、中国(唐)の律令制を真似て、「古代小帝国」を築いた天武天皇のあたり・・・よってそれ以前のヤツを「天皇」と呼ぶのは、正しくない。「大王(おおきみ)」と呼ぶのが正解だ。
 大和朝廷の「大王」とは何か・・・稲作を行う社会として成立した古代日本列島社会における、豊作を神に祈念する「特別な家柄」であったのだろう。「魏志倭人伝」に出てくる「卑弥呼」のようなシャーマンだったのかも知れない・・・それが大和盆地を中心とする地域で、豪族の連合政権を形作っていた連中の、特別な一家だったのだろう。

 ちなみに「魏志倭人伝」それ以降、朝鮮半島の百済と組んで白村江の闘いで唐・新羅連合軍に敗れた「倭国」と「大和朝廷」は、それなりに関係をもっていたものの全く別の王朝ではないかという説もある。「倭」とは航海に長け、朝鮮半島南部から北九州を中心とした勢力圏を持つ人々で、「卑弥呼」はそこの女王・・・一方の「大和朝廷」は、中国の揚子江文明、すなわち呉や越といった地域から、朝鮮半島を経由して瀬戸内海に入り、吉備(岡山)、さらには近畿に入っていった人たちであろう。「倭国」は敗戦後勢力を失い、「大和朝廷」が古代律令国家として、唐や新羅と対峙する「小帝国」として君臨する・・・そこから「天皇」号が生まれたのだ。
 が、日本の農業生産力や社会のあり方と「律令制度」はなじまず、100年ほどで骨抜きになる。その過程で、藤原氏のような貴族政治、あるいはその後の鎌倉・室町時代の武家政権へと変化していくことで、天皇家はその政治にお墨付きを与える「権威」としてのみ生き残る・・・日本にはなぜか儒教の「易姓革命」の思想が入ってこなかったため、政治(といっても、実質は経済)が乱れた時、統治者が完全に交代するというところには至らず、辺境の小皇帝・・・としての天皇家は生き残ることになる。
 もっとも、鎌倉から室町に至る過程で、天皇家は「南朝」と「北朝」に分裂・・・足利幕府の3代将軍、義光の時代に「統一」するも、すっかり力を失ってしまう。義光は明国から「柵邦」を受け「日本国王」として使いを送るが、その後すぐ死んでしまう。このあたりで「天皇家」が「足利家」に変わる可能性もあったのだ。
 室町時代の天皇家やその周辺の公家達は、完全に凋落し、その日の暮らしにも事欠く有様・・・だが、天皇家の神事、すなわち五穀豊穣の祈りの行事は、簡略化されながらも続けられてきた(こいつらの根性は、ある意味スゴイとしか言いようがない)。外国からの「侵略」もなく、「戦国時代」も所詮、京都の天皇から「官位」をもらって全国に号令!というのが最大目的であったから、天皇制を廃止する歴史的機会もなく、幕末、明治維新に至る。

 明治維新とは、幕藩体制という分権社会が、近代西欧帝国主義の侵略に対抗し、かつ自らも資本主義国家として「近代化」を進めるための「国民国家」を作り出す作業に他ならない。国民国家を作るために担ぎ出されたのが、とりあえず「倒幕」の思想的根拠になった「尊王思想」・・・すなわち「天皇は偉い」という、リクツだったから、天皇を国王とする「王国」として近代日本国が成立したに過ぎない。
 ただ、内政的、対外的危機と矛盾(不平士族の反乱、自由民権運動、台湾、朝鮮への出兵、開国要求等)に満ち溢れていた明治政府は、「尊王思想」の周辺に集められてきた「天皇は神の子孫」という「神話」を徹底的に利用し、神格化し「国民統合」・・・これは後に「日本国」に統合されるアイヌ人、琉球、台湾、朝鮮半島・・・へと、ずぅ~っと使われていくことになる。これは逆に「天皇に近いほど、偉い」という、上下関係によって成り立つものだから、後で「天皇に従った」者たち、あるいは天皇に従わない者たちには、差別と抑圧が待っているのである。左翼が「近代天皇制」を批判するのは、そのためである。

 また、風さんも書いているように、「ある血筋に生まれてきたものが、偉い、尊い」ということ自体が、差別を生むもとである。こんなこと書くとROM人さんから「天皇制の無い韓国や西欧にだって、差別はある」と反論されそうだが、「日本における差別構造」の中心に「天皇制」があると言っているので、日本における反差別について考えるのに、天皇制を「肯定的」にとらえることは誤りである。

 さらに左翼は、社会主意、共産主義を目指し、国家の消滅を目論んでいるのだから「皇室外交」なんてものも、消滅する・・・よって天皇はいらんのだhappy01

 あと「戸籍」について・・・どこの世界でも、支配者は人民支配のための「名簿」を持ちたがる。日本では中国から律令を取り入れた古代社会で、唐の戸籍制度を取り入れ、どこに何々と言う家族が何人で住んでいる、だから口分田をこれだけ与え、税をこれだけ納めてもらう・・・そのための帳簿にしたのだ。よって税を取り立てる「頂点」の「天皇家」に戸籍は無いのはあたり前なのである。
 ただし、律令国家が衰えるに従って、戸籍も意味がなくなり、加えて6年に一度、役人が調査して書き換えるシステムだったから、自然と作られなくなっていった。変わりに「分権」した領主たちが個々に作ったり、宗教機関(寺院ですね)が人民の登録を個々バラバラに行うようになる。本家中国でも、唐が滅び、モンゴルや女真族(清王朝)などの異民族支配により、戸籍制度は解体した。(現代の中国の戸籍は、人民の住む所をしばるためのものである)。日本は明治維新の「王政復古」とともに「戸籍制度」を復活、これも壬申戸籍なるものが作成されたが、これは江戸時代の被差別階級が人目で分るものなので、現在は完全に封印され、研究者でも見ることができない。また、当初は古代と同じく、何年かに一度調査して書き換えるものであったのだが、これを罰則付きの届出制度に変更・・・戸主を決め、その下に「家族」の名前が「民法上の身分」とともにアナログで書き込まれる・・・現代は「戸主」こそ無くなったが、このような完璧な「戸籍制度」を持つのは、日本の他、韓国と台湾だけである。(いづれも日帝の旧植民地)

支配者としての天皇は当然、戸籍をもたず、「皇籍簿」という「支配者の名簿」に名を連ねているのは、先に書いたとおりでゲソ。

| | コメント (27) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »