« 第3誘導路供用弾劾!3・24三里塚全国集会へ | トップページ | 大阪反原発 »

3・9高松反原発行動に決起

 花粉と黄砂が飛び交う、暖かい3月・・・高松の脱原発行動に決起したぞsign03
Dsc00567

タイガーマスクさんも、闘うぞsign03(でも暑そう、今日は)
Dsc00570

再稼動反対でゲソ~
Dsc00571

Dsc00573
「ぷるとをいれましょ、げんしろに。おかねをあげましょますめでぃあ、ごようがくしゃのふえいたいこ、きょうはうれしい経団連」秀逸ではなイカ

Dsc00572_2
ま、マスメディアさんも取材にきていたのですけどね(^^)(^^)大体、今日は花粉は多いが天気もいいので、30人くらい・・・

Dsc00578
どなたかが、「菜の花」を持ってきました。本来、原発事故がなければ、福島の子どもたちも、菜の花を摘んだりして外で遊んでいる季節になるわけで・・・今日は「菜の花ウォーク」と名づけられました。

Dsc00580
では、デモにしゅっぱぁ~つ・・・

Dsc00581
常盤町商店街を通って、右折北上

Dsc00585 
おどろおどろしい、ポスターでゲソ

Dsc00586 
南新町、北上up

Dsc00587

「再稼動反対!伊方は廃炉!」

Dsc00590
丸亀町、グリーンモールを北上upwardright

Dsc00591
福島を忘れない・・・「福島連帯sign03

Dsc00595
一旦、商店街を離れ、シュプレヒコールも盛り上がる・・・「政府・東電は責任を取れ!」「原発も核も、ゆるさないぞ!」「伊方は廃炉!」「再稼動反対!」

Dsc00599
兵庫町商店街へ・・・未来を考え、脱原発sign03

Dsc00602_2
丸亀町をぐるっと回って・・・

Dsc00603
よんでんの建物が、見えてきたぞ~

Dsc00606
正門では、申し入れ書は受け取らないということなので・・・裏に回る

Dsc00607 
裏口へ、みんなでGOsign03脱原発へ、「加速装置sign02
ここから、よんでんの広報さんに申し入れ・・・向こうも写真とか撮らない代わりに、こちらからも写真とか撮らないという「約束」で、四電へ申し入れ行動
以下、内容

 要請書

 忌まわしい3月11日の福島第一原子力発電所の事故から早2年が過ぎようとしています。貴社に対しては、もはや繰り返すことがイヤになるほど繰り返してきましたが、今もなお15万人に及ぶ方々が家に帰ることもできず、これからの生活再建のめども立たない状況で不安な生活を送っています。また、事故のはっきりした原因もわかっていません。原子炉内部が一体どのような状況にあるのか、どのように処理したらいいのかもわかっていません。東京電力は事故の本質を隠すために、事故調査委員会に対して嘘をついてまで調査妨害を行いました。そのような状況の中、昨年関西電力大飯原発が「安全確認ができた」とおい何の根拠もない無責任な「確認」によって再稼動されました。事故の原因が分らないのにどのように再稼動できるのでしょうか。また改善の必要が在ることに関しても猶予期間を設けています。この期間は絶対に事故が起きない、災害がこないと誰が保証してくれるのでしょうか。
先日貴社が電気料金の値上げを申請したことが報道されました。同時に社員の給与引き下げも知らせれました。その翌日に日本原子力発電に対して1300億円に及ぶ支援が行われることも報道されました。この日本原電については電力5社が使ってもいない電気料金を支払っており、その料金が全て電気料金に転嫁されていることで問題になっています。日本原電はすでに破綻しており、そこに我々の税金や電気料金が使われることは絶対に認められません。これまで事故やトラブル続きで金ばかり食い続けている再処理や核燃料サイクル事業をこれ以上続けることに意味があるとは思えません。すでに破綻している計画を、原子力発電を続けるために問題の隠れ蓑として利用しているに過ぎません。また仮に再処理や核燃料サイクルができたとしても、放射性物質が出続けることに変わりはありません。この捨て場も他国だ宇宙だと無責任極まりない計画を次々と否定され、最終的な地層処分案も日本学術会議によって見直しを求められています。
 これまで「国策」という言葉を利用して労働者の命と健康を犠牲にし、漁業や農業を切り捨てて、企業が儲かることだけを優先するという愚作のために、生きていく術を奪われた地域に金をちらつかせ、絶対安全と騙して原発を押し付けてきました。「国策」とは何でしょうか?貴社は何かを犠牲にして「国策」のために強制されて原発を動かしてきたとも言うのでしょうか。犠牲になったのは地域住民と労働者だけです。そして今回もまた電力利用者と労働者に赤字の責任をすべて押し付けようとしています。今のような状況を招いた責任は嘘と欺瞞によって利用者を騙して原子力発電を拡大させてきた貴社の経営方針にこそあります。電気料金を値上げする前に原子力発電を拡大してきた歴代経営陣が私財をな投げ打ち、経営体制の抜本的改革を行うことが先ではないでしょうか。原発に依存してきたことによる責任を一切とらず、また再稼動することを前提にした経営陣の押し付けは認められるわけではありません。
 原子力に依存した発電に未来はありません、私たちは福島の事故そのものによってそのことを突きつけられました。そのために支払った代償はあまりにも大きなものでした。原発を水深してきた人たちは「放射能で死んだ人はいない」と言います。東海村臨界事故で悲惨な死を遂げられた2人の労働者はどうなるのでしょうか。特異性がないために、被ばくによるものとして照明することが困難を極める中でも、労災として正式に認定された10人の方はどうなるのでしょうか。それだけではありません。津波の後まだ生きている人がいるにもかかわらず、原発事故のため助けにいけなかったことをどう考えているのでしょうか。原発事故などおこっているとは知らずに、誰かが助けてに来てくれると信じながら命を落としていった人たちの叫びをあなた方には聞こえないのでしょうか。助けたくても助けに行けなかった人たちの言葉にできないような悔しさがあなた方には想像することすらできないのでしょうか。
 二度とこのようなことを起こさないためにも、全ての原発の廃炉を今すぐにでも決断することこそが、これまでの差別と嘘と欺瞞によって原発を拡大し続け、結局最悪の事態を招き、福島の方達の生活を奪い、命の危険にさらしてしまったことに対する貴社を含む電力各社の最低限の責任ではないでしょうか(以下略)

 要請分を受け取った広報の方は「安全には配慮する」「地元とよく話し合う」など、「再稼動ありき」の発言をするものだから、ヤジや怒号が飛び交う「原発再稼動ありきではないか!」」「私たちは廃炉を求めている!」「節電ではなく、絶電をするぞ!」「電力はそもそも余っているではないか!」等々・・・

 終了後、代表者がマスコミの取材を受ける(6時代の地元TVに出たぞ)、その後、反省会ののち、3時半から本業の辺野古・普天間に基地はいらない高松行動へ・・・あ~よく歩いた・・・明日は関西へGObus





|

« 第3誘導路供用弾劾!3・24三里塚全国集会へ | トップページ | 大阪反原発 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/50676952

この記事へのトラックバック一覧です: 3・9高松反原発行動に決起:

« 第3誘導路供用弾劾!3・24三里塚全国集会へ | トップページ | 大阪反原発 »