« 15.0㎞/ℓでおます | トップページ | 沖縄選出の議員が辺野古移設を容認 »

ようやく四国に本格的観光列車

 四国には「アンパンマントロッコ」列車とかはあったけど、本格的な観光列車はなかった・・・JR九州に遅れをとっていたわけだが、今度予讃線で新たな「観光列車」が走ることになった。四国新聞WEBより

予讃線で新観光列車運行へ/来夏からJR四国
 JR四国は21日、来夏から予讃線松山-伊予大洲・八幡浜間で運行する観光列車「伊予灘ものがたり」の車両デザインを発表した。レトロモダンな車内空間を演出し、伊予灘の景色を眺めながら地元食材を使った食事を楽しめるのが特徴。土日祝日を中心に運行し、松山-伊予大洲間、松山-八幡浜間をそれぞれ1日1往復する。
 2両編成で、外装は1号車が夕日をイメージしたあかね色、2号車が太陽や柑橘類を連想させる黄金色とした。座席は約50席で全車指定席。海向きの展望シートやボックス、対面シートなどを設置し、地元食材や柑橘類などを使った食事の提供、アテンダントによる観光案内も行う。
 同社は「食事やおもてなしなど満足感の高いソフト戦略に力を入れる。九州のように観光列車での周遊も目指したい」としている。

 予讃線の内子周りじゃない、海岸沿いを走るんだね。
 「周遊列車」構想も楽しみだが・・・なにぶん、四国は路線が少ないからなぁcoldsweats01

|

« 15.0㎞/ℓでおます | トップページ | 沖縄選出の議員が辺野古移設を容認 »

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/54021732

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく四国に本格的観光列車:

« 15.0㎞/ℓでおます | トップページ | 沖縄選出の議員が辺野古移設を容認 »