« 「展望13号」榎原報告批判(後編) | トップページ | 再稼働なしで伊方町変わるか? »

みかんを食う話

冬は、風邪予防のビタミンC補給もかねて、みかんを食う…

スーパーでネット10~12個350~380円で売っているやつを買ってきて、朝食で2、3個食べる。5日ぐらいでなくなるから、みかんはしょっちゅう買う。

みかんはもちろん種無しの「温州みかん」である。皮をむいて、薄皮ごと食べる。楽な朝食だ(その他、シリアルとか食べているが…)

ときどき、種のある「ポンカン」の食べる。

そうそう、今時分から水気の多い、「伊予柑」がスーパーに並びだした…むいて食べるのは面倒だが、あのジューシーさはたまらない。

伊予柑のジューシーさがなくなってくる頃、春の気配が感じられるようになる。

みかんは、TVのところに並べて置いている…横には「あるみさんズ」が居る…あるみさんのよこに、あるみかん…

さて、明日もみかんを食べようvirgo

|

« 「展望13号」榎原報告批判(後編) | トップページ | 再稼働なしで伊方町変わるか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/54778832

この記事へのトラックバック一覧です: みかんを食う話:

« 「展望13号」榎原報告批判(後編) | トップページ | 再稼働なしで伊方町変わるか? »