« みかんを食う話 | トップページ | 安直に建設業に外国人労働者を導入するな! »

再稼働なしで伊方町変わるか?

 先々週の金曜、四電前抗議行動で、参加者からある新聞の切り抜きコピーをいただいた。おそらく「東京新聞」の「こちら特報部」だろう…見出しには「町長も観光振興に意欲」とある。
一部、抜き出してみよう…

 (前略)伊方町商工会によると、原発事故前に宿泊施設は約35軒あったが、この2年で5軒ほどがやめた。宿泊施設の組合が12年7月、再稼働を求める要望書を町に提出した。
 町の年間約100億円の収入のうち、電源三法交付金や、固定資産税などを合わせると原発関連で3割を占める。原発施設内の警備や飲食などで数百人の雇用があるとみられる。
 そんな原発に頼る町も原発ゼロの現実を前に、変化が見られる。山下和彦町長は13年6月の町議会で「原発に依存した地域振興策を見直し、新たな産業の創造に取り組む必要を強く感じる」と表明。「原発を廃止する意味ではない」と付け加えたものの、原発依存の見直しに言及するのは初めてだった。
 町は現在、業務委託した専門家と新たな観光戦略の検討を進めている。具体的には、佐多岬灯台での結婚式などのアイデアが挙がっている。
 地元食材を使った飲食店のオーナーシェフ宇都宮圭さん(40)は「伊方には宝が眠っているのに、原発になれてしまい、生かそうとしてこなかった。原発が稼働すれば、また思考が停止する。原発のお金があるうちに、何かを見つけ、子どもたちのためにも、選択肢を増やしたい」と訴える。
伊方原発から10㌔圏内の八幡浜市で長年、反対運動を展開してきた「八幡浜・原発から子どもを守る女の会」の斎間淳子代表(70)は「伊方は風光明媚で。観光を目玉にすれば、経済的にやっていけるのを示してもらいたい」と期待する。(以下略)

 たしかに細長く突き出た半島と海の幸は、観光にはもってこいだろう・・・秋の「佐多岬灯台侵略」行では、私も岬の旅館に泊まり、おいしい魚介類を食べてきた。
 「原発の雇用」は、「原発廃止=廃炉」とすれば、廃炉作業の人間が「数十年」は必要だから、雇用は守れる・・・伊方町の「新しい町づくり」に期待したい。

|

« みかんを食う話 | トップページ | 安直に建設業に外国人労働者を導入するな! »

かくめいのための理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/54802846

この記事へのトラックバック一覧です: 再稼働なしで伊方町変わるか?:

« みかんを食う話 | トップページ | 安直に建設業に外国人労働者を導入するな! »