« 阿佐海岸鉄道 | トップページ | 原発ゼロ統一行動IN香川 »

閣議決定だけで解釈改憲されてたまるか!

14日の関東大雪害の折、危機管理もできずに支持者と天プラ食ってた安倍シンゾー・・・ついに集団的自衛権行使(解釈改憲)は閣議決定でできるなどと、戦争への道を掃き清め続けている。毎日JPより…
集団的自衛権:解釈変更は閣議決定で 行使巡り首相表明
 

 安倍晋三首相は20日の衆院予算委員会で、集団的自衛権の行使容認について「最終的には閣議決定する」と述べ、解釈を変更する際には閣議決定するとの考えを示した。私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)が行使容認の結論を出した後、内閣法制局や与党との協議を経て閣議決定し、自衛隊法など必要な法整備に着手する考えだ。
 首相は解釈変更について「自民党の選挙公約でも検討を進めると明確にしている。案を今は示すことはできないが、いずれかの段階で国民に示す」と改めて意欲を示した。安保法制懇の結論が出た後のスケジュールについては「閣議決定に至るまでは議論は続く。内閣法制局と議論し、与党と調整する」と説明した。
 これに対し、民主党の岡田克也元外相は「国会でいつ議論するのか。閣議決定までにきちんと国会で議論すると約束すべきだ」と追及したが、首相は「国会が開かれていれば国会で議論していただく。閣議決定した案も議論していただく。閣議決定は政府として与党とともに責任を負う」とかわした。
 首相はまた、自民党が野党時代に国会提出した行使容認への法的裏付けとなる「国家安全保障基本法案」については「政府として提出する場合、解釈変更をしていなければ憲法違反の法律を出すことになる。閣議決定した上でなければ出すことはできない」と答弁。自衛隊法改正の必要性は繰り返したが、同法案の提出については明言しなかった。【仙石恭、青木純】 

「解釈改憲」の大きな柱、集団的自衛権を認めるか認めないか…この人、内閣法制局より「自分が責任を持つ」と7、まるで自分がルールを決めることが出来るような言い方をした。憲法が為政者、権力者をしばる「立憲主義」の考え方については「それは絶対王政の下での見解」と、まるっきりこれを否定した。

天プラシンゾーこと、安倍政権は、一日も早く打倒しなければならないsign03
 

|

« 阿佐海岸鉄道 | トップページ | 原発ゼロ統一行動IN香川 »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

だったらそんな風に解釈できる憲法自体を改正すべきじゃね?第一憲法なんて、破ったところでなんのお咎めもない文章だし、怖くはないわな。罰則なき規定など、ただの努力目標みたいなもんだし。

てか、アメリカの作った憲法を後生大事に抱える反米革命家ってなかなか面白いな。

投稿: ROM人 | 2014年2月22日 (土) 20時48分

憲法変えたきゃ、憲法に記載してある方法をつかって、堂々と変えりゃいい。その上で「権力をしばる」立憲思想は変えないことだ。

投稿: あるみさん | 2014年2月24日 (月) 19時56分

そのための国民投票の法律作ろうとしたのを妨害しまくってたのはどこの誰だったっけ?

憲法で決められてる天皇制を否定してるのはどこの誰だっけ。

当時国際法で合法だったことを、今の倫理観で非難するのは三十九条違反じゃないの?

まぁ今の日本政府が憲法を完全に守ってるとはいいがたいが、左翼だって同じようなもんだろ。自分たちのやり方は良くて、相手のやり方が悪い、というのは筋は通らないだろ。

投稿: ROM人 | 2014年2月24日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/55085781

この記事へのトラックバック一覧です: 閣議決定だけで解釈改憲されてたまるか!:

« 阿佐海岸鉄道 | トップページ | 原発ゼロ統一行動IN香川 »