« 「侵略!イカ娘」16巻げっとでゲソ~ | トップページ | 四国の遍路道を汚す排外主義右翼を弾劾する! »

動労水戸、組織拡大しとるやんけ

4日の金曜日、「四電前抗議行動」に出かけたら、NAZEN 香川の若い兄ちゃんから、「NAZEN通信」第11号をもらった。
 読んでみると、いやぁ~いいパンフレットですねぇ(^^)郡山での集会が生き生きと写真に載っている。
 で、記事の中に「動労水戸大子支部 羽部慶介さん」のインタビュー記事が載っていた。「運転士になって8年、水郡線の運転士になって5年」という、まだ若手の運転士だ。
 彼が語るには、「12年に動労水戸大子(だいご)支部がラジエター(列車の床下にある、エンジンの空気を取り入れる装置)清掃拒否ストを敢行して『身近なところに放射能があるんだ』ってことを認識しました。当時私は、JR東労組の青年部長だったので、組合役員に放射能対策を提案したんですが、話を聞いてくれるだけで、具体的な動きは一切ありませんでした。そんな中、検査修繕分野の外注化妥結もあり、動労水戸への加入を決意しました」と書いてあるではなイカsign03

 労働者が切実に思っている、身近な問題・・・これをとらえて、確実に動労水戸は「組織拡大」をなしとげているのである。

 もちろん、「動労水戸」を指導している革命的共産主義者同盟 の「労働運動路線」「国鉄問題基軸路線」は、支持母体であるところの動労千葉・動労総連合の勢力がジリ貧になる「危機感」から、レーニン主義や、「血債問題」をすべて投げ出し、帝国主義と闘うあらゆる緒戦線を「労働運動」の下位におくという、誤った路線下にある。とはいえ、原則的な労働者の意識を組織化するという「労働組合」を持っているというところについては、評価すべきであろう。

 対して、ここから出ていった革共同再建協議会 は、何をしているのか・・・確かに関西を中心に、あらゆる闘う緒戦線(党派も含む)との連合、統一戦線を組み、現代帝国主義と対峙しようとしている。
 しかし、「未来」第149号には、こちらでもボロクソ批判している榎原均 の自著「資本主義を超える」の薦め・・・なんぞを掲載している始末である・・・なんともおぞましい・・・「ソ連」が社会主義で貨幣を廃止できなかったのは「プロ独」のせい・・・別に「ソ連」は社会主義になりそこなっただけなのだが・・・を勘違いして、「商品や貨幣や資本が、人々の無意識の領域で人格の意思支配をするシステムであり・・・」云々と、観念論を振りかざしているヤツを堂々と「紹介」する始末である。

 こうした「観念論」に惑わされて(それでも「未来」の記事ではグラムシなんかにも言及していて、「展望」に載せられたものよりマシにはなっているが)、言論の空中戦を交わしているよりも、もっと現実に切り込んで、労働者・民衆を組織化する…もちろん「再建協」そのものにオルグする必要はない・・・統一戦線・連合戦線的な「左翼全体」に取り込むようなことを、なぜもっと出来ないのかvirgo

ま、正直に申し上げると「人材不足」と、革共同中央と「何か違うことを言わねば」という焦りから、マルクス主義から離れたモンを持ち出して「空中戦」をやっている・・・というか、それしか出来ないんだと思うんだけれどね。

|

« 「侵略!イカ娘」16巻げっとでゲソ~ | トップページ | 四国の遍路道を汚す排外主義右翼を弾劾する! »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/55671560

この記事へのトラックバック一覧です: 動労水戸、組織拡大しとるやんけ:

« 「侵略!イカ娘」16巻げっとでゲソ~ | トップページ | 四国の遍路道を汚す排外主義右翼を弾劾する! »