« 不安定な電力を買わされる電力会社もかわいそうだ | トップページ | エセリベラル、田中優子法政大学総長を打倒しよう! »

四国新幹線の経済効果は年169億円

 とりあえず何もなかったら、2016年春には北海道新幹線が出来る…これでは四国だけ、新幹線のない島になってしまうじゃなイカbullettrain…ということで、四国の経済界が試算をしたというお話…愛媛新聞WEBより…
四国新幹線効果は年169億円、4県・JRが試算
 愛媛など四国4県とJR四国などでつくる「四国の鉄道高速化検討準備会」は18日、四国の新幹線開通による経済効果が年間169億円に上るとの試算を発表した。投資効果が見込まれるとして、国に整備計画への格上げを要望することを決めた。
 四国の新幹線計画が基本計画のままストップしていることを受け、準備会は新幹線効果を明確にするために2013年6月から調査していた。
 基本計画では、四国新幹線「大阪―徳島―高松―松山―大分」と四国横断新幹線「岡山―高知」の2ルートがある。調査では、海峡部を除いて松山―高松―徳島と岡山―高知のルートで経済効果を試算した。
 事業費は基本計画の4兆7490億円が、海峡部を除外しルート短縮したことで1兆5710億円に圧縮。所要時間は松山―新大阪が現在の3時間半から1時間38分に短縮されるほか、四国4県都が1時間以内で結ばれるとした。


これはおそらくフリーゲージトレインのようなチャチなものではなく、フル規格の新幹線を瀬戸大橋および四国島内のみに作ったら・・・という試算らしい。それにしても「松山―新大阪間」が3時間半から1時間半ほどとは、すごく時間短縮効果が大きい・・・さすが日本の新幹線sign03

 しかし、「平行在来線問題」はどう解決しているのだろう…ただでさえ厳しいJR四国、第三セクターにしたところで、大赤字は必至・・・というより在来線そのものが無くなってしまうかもしれない。
 平行しない在来線は、予讃線の宇和島のあたりと、日本一遅い新幹線 が走る、予土線と徳島線、牟岐線ぐらい…これだけでも精一杯だろう。もう「土佐くろしお鉄道」なんかと一緒にして、新幹線でやってくる観光客相手の観光鉄道として特化するしかあるまい。

 年169億円という「効果」ばかりが宣伝されているが、こういったマイナス分も考慮されているのだろうか・・・あと、四国山脈を抜けて高知に行くには、建設費が思いっきりかかるだろうなぁ~moneybag

|

« 不安定な電力を買わされる電力会社もかわいそうだ | トップページ | エセリベラル、田中優子法政大学総長を打倒しよう! »

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

とりあえず、高すぎて使う気になれない運賃をどうにかしないといけないですよね。

投稿: TAMO2 | 2014年4月21日 (月) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/55878237

この記事へのトラックバック一覧です: 四国新幹線の経済効果は年169億円:

« 不安定な電力を買わされる電力会社もかわいそうだ | トップページ | エセリベラル、田中優子法政大学総長を打倒しよう! »