« 7月7日は何の日? | トップページ | 辺野古新基地に内陸施設 »

「在特会」2審も敗訴!

 京都朝鮮学校に対するヘイトスピーチ・ヘイトクライムに対する民事裁判で、8日大阪高等裁判所は「在特会」に損害賠償1200万円を求める判決を出した。読売新聞WEBより

ヘイトスピーチ訴訟、2審も在特会に賠償命令
 朝鮮学校校周辺で街頭宣伝をし、民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返したとして、京都朝鮮学園(京都市)が「在日特権を許さない市民の会(在特会)」とメンバーら8人に計3000万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が8日、大阪高裁であった。    

 森宏司裁判長は「理不尽な憎悪表現で、人種差別という不条理な行為。強い違法性が認められる」と述べ、計約1200万円の賠償を命じた1審・京都地裁判決を支持し、在特会などの控訴を棄却した。在特会などは上告する方針。  ヘイトスピーチの違法性を認定した司法判断は、高裁段階で初めて。  高裁判決によると、在特会やメンバーらは2009年12月~10年3月に3回、同学園が運営する京都市南区の京都朝鮮第一初級学校(当時)周辺で、「キムチくさい」「朝鮮人を日本からたたき出せ」などと拡声機で連呼し、動画をインターネットで公開した。

 とにかく、2審でも「在特会」の違法性が認められ、「ヘイトスピーチは悪」という判例が固まったことはいいことだ。  「在特会」は控訴するらしいけれど、運動や資金がそこまで持つかな…京都朝鮮学校での「行動」を動画で見た人は、誰もあの行為を正当な言論活動とは認めない。ただの差別・恫喝にすぎないからだ。  最高裁も「在特会」の控訴を、ばっさりと棄却して欲しいものだ。そのことによって「差別言論」の自由はないという判例が出来き、法的にも「ヘイトスピーチ」を許さないという流れが出来上がる。

 それがヘイトスピーチ・ヘイトクライムを禁じる立法に繋がれば良いと思う。 

|

« 7月7日は何の日? | トップページ | 辺野古新基地に内陸施設 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

これは当然だな。
罪状が名誉棄損や侮辱罪ではなく、威力業務妨害。

意見を出すにしろ、場所をわきまえないと違法。


これは右とか左とか関係ない。

投稿: ROM人 | 2014年7月 9日 (水) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/56742602

この記事へのトラックバック一覧です: 「在特会」2審も敗訴!:

« 7月7日は何の日? | トップページ | 辺野古新基地に内陸施設 »