« ついに拘束覚悟の決起が始まる辺野古 | トップページ | 本物の「防災の日」が来るまでに、ヘイトクライムを止めさせなければならない »

ヘイトスピーチ規制がデモ規制に変身する自民党のAFOらしさ

 毎日新聞WEBより、ヘイトスピーチ対応必要 国会周辺デモ規制も
 自民党の「ヘイトスピーチ対策等に関する検討プロジェクトチーム」(PT、座長・平沢勝栄政調会長代理)は28日の初会合で、特定の民族や人種の差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)に対し、法規制も含む対応が必要との認識で一致した。一方、国会周辺での大音量の街宣活動やデモに対する規制も今後、議論の対象にすることを決めた。
 高市早苗政調会長は会合で「どの国であれ、特定の民族や国家をひぼう中傷するのは大変恥ずかしい」と強調。2020年の東京五輪開催も見据えて対応を検討する考えを示した。 一方、PTは国会周辺の保守派による街宣活動や「週末の首相官邸周辺の活動」(出席議員)について、国会や外国公館近くで大音量での街宣を規制する「静穏保持法」の運用が適切かどうかを検証する方針を決めた。 国会周辺では、毎週金曜の反原発デモのほか、集団的自衛権の行使容認や特定秘密保護法に反対するデモなどが行われている。静穏保持法には「表現の自由」に配慮する規定があり、警察庁は会合で、検挙件数が年間1件程度にとどまると説明。高市氏は「電話の声も聞こえず、仕事にならない。批判を恐れず議論を進めたい」と述べたが、出席者からは慎重意見も出た。 民主党の大畠章宏幹事長は28日の記者会見で「ヘイトスピーチとデモでは性格が違う。デモは政治に意思を表現する手段だ」とけん制した。【笈田直樹】


「ヘイトスピーチ規制」は、どこでも行われなければならない「普遍の人権」擁護のための措置であり、国会周辺のデモは「自由と民主主義」を担保するための、民衆の権利である・・・それをどう考えたらいっしょくたに出来るのか…自民党議員(特に悪質な高市早苗)のおつむの中はどうなっているのか、見たいものである。
 もっとも竹市早苗は、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」や、日本会議 国会議員懇談会のメンバーで、ゴリゴリの右翼かつ「ヘイトスピーチ」の元締めみたいなヤツだから、こんなんに期待するほうが間違いだ…とっとと安倍政権を打倒しようではなイカsign03

|

« ついに拘束覚悟の決起が始まる辺野古 | トップページ | 本物の「防災の日」が来るまでに、ヘイトクライムを止めさせなければならない »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

韓国を批判しただけでも「差別!ヘイト!」という連中を抱えている左翼がそれを言うかw

何処からが差別でどこからがヘイトなんだ?基準がない。政治家の胸先三寸でそれがヘイトか、ヘイトじゃないかが決定されるなんて、冗談じゃない。

自分の都合の悪いことは全部ヘイトスピーチと定義することもできる。現にいまの左翼がそうだ。慰安婦、強制連行、それに対して「嘘をつくな!」と言った時点でヘイト扱いじゃねーか。
事実「韓国人を嫌いと言うだけでヘイト」なんて言い出す奴もいるしなw


まぁそれでもというならば真っ先に、朝日という巨大メディアが日本人を事実無根で貶めたことこそヘイトじゃないか?

投稿: ROM人 | 2014年8月30日 (土) 11時31分

最後抜けた。

もちろん慰安婦問題ね。嘘で固めて国民を貶めている左翼連中をまずヘイトとして自浄してみろ。自分たちに都合の悪いことを見て見ぬふりをして、切り捨てもしない連中に未来はないぞ。

左翼はいつもそう、自分の暴力は良い暴力。相手の暴力は悪の暴力。自分たちの声は正義の批判で、相手の批判はヘイトスピーチ、そういう思考回路だ。

軍事力反対と称して、航空機を墜落させようとレーザーやらワイヤーやらを使用する。
ヘイトスピーチ反対と言って、一般のデモ参加者をリンチにして半殺し。
そして自分たちが犯罪をして逮捕されれば不法逮捕で、批判されればヘイトスピーチと認定する。

今まではマスゴミが加担してくれていたから隠ぺいされていたが、もうネットがすべてを晒す時代には通用しないやり方だ。
まず左翼に必要なのは、自浄能力だ。

投稿: ROM人 | 2014年8月30日 (土) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/57222094

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイトスピーチ規制がデモ規制に変身する自民党のAFOらしさ:

« ついに拘束覚悟の決起が始まる辺野古 | トップページ | 本物の「防災の日」が来るまでに、ヘイトクライムを止めさせなければならない »