« 川内原発の再稼働を阻止しよう! | トップページ | ヘイトスピーチ規制がデモ規制に変身する自民党のAFOらしさ »

ついに拘束覚悟の決起が始まる辺野古

 辺野古での闘いは基本的に「非暴力」で、できるだけ権力に逮捕・拘束されないような闘い方を続けてきた…しかし今日、海上抗議行動の7人が拘束されるという事態が起こった。琉球新報電子版より
海保、抗議行動の7人拘束、辺野古フロート内飛び込む 

 米軍普天間飛行場移設に向けた名護市辺野古沖の新基地建設工事で26日午前10時半ごろ、カヌーなどで抗議中の市民らが海上に設置された浮具(フロート)内に飛び込み、海上保安官に取り押さえられた。同11時現在、少なくとも市民7人が海上保安庁に拘束され、海保のボートの上で事情を聞かれるなどしている。
 26日午前8時半ごろから、作業員らが海上に設置されているスパット台船の周辺で作業を開始。午前10時すぎには、沖縄防衛局の作業船2隻が青いスパット台船1基を引いて、辺野古漁港寄りに移動させた。カヌーなどに乗った市民は、スパット台船での掘削調査継続に抗議し、フロート内に飛び込んだ。  午前8時ごろから米軍キャンプ・シュワブゲート前に集まった市民ら約50人は、午前10時前に辺野古漁港に徒歩で移動。同港の護岸に並び、海上でカヌーや抗議船に乗って抗議をする市民に向けて、「頑張れ」「応援しているぞ」とエールを送った。市民7人が拘束されていることについては、「許さないぞ」と大声で抗議した。


もっとも「フロート内」というのは、抗議行動を妨害するためだけに米軍の制限海域を勝手に広げただけのものだから、その存在自体、何の法的根拠もない。海上保安庁は、「案山子の規則」をふりかざして、カヌーで抗議する市民に襲い掛かっているのだ…海保の暴力行為は、以下のようなものもある。

ブログ「チョイさんの沖縄日記」より海保の暴力の決定的写真、さすが豊里友行さん

この後にも3人が拘束されているsign03

中城海上保安部に、怒りのFAX、電話を集中させよう・・・
▼中城海上保安部 
電話 098‐866‐2460
FAX 098‐938‐7118

|

« 川内原発の再稼働を阻止しよう! | トップページ | ヘイトスピーチ規制がデモ規制に変身する自民党のAFOらしさ »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

見苦しい抗議活動だな。民衆がどう見る?回りがどう考える?というのを全く考えず、俺の意見が正義、俺の意見に反対する奴は悪って考え、そろそろやめるべきだろ。基地移設が執行されるのはあんたらが辺野古住民の理解を得られず、国政を動かせるだけの賛同を得られなかった自分の無力と無能が原因だろ。
 自分たちの主張が通用しないとなれば、今度は暴力的闘争?行き着く先はあさま山荘や山岳ベースかw

少しは沖縄の県知事を見てほしいわ。与党と裏では話ついているくせに、上手く取り合って補助金をモリモリ掻っ攫ってる。反対派と賛成派を上手く使いこなして、一番沖縄の利益を得ているのは彼だ。しかも嫌われ役は政府と左翼集団に吸収させる。

強かでやり手、まさに政治家ってやつだな。左翼もこのぐらいの知能があれば、もっと勢力拡大できるだろうになぁ。

投稿: ROM人 | 2014年8月26日 (火) 22時24分

>「許さないぞ」と大声で抗議

今も昔も許さないぞは左翼の団体行動の常套句です。
これこそ対等などではなく上から目線のヘイトスピーチでしょう。
左翼は偉い中でも行動派サヨは偉い神様に近いとの意識があれば頭が高いオマエラを許さないぞと当然視する。
オマエラは弱者を差別している、我々行動派はオマエラを差別してやると高飛車で痛快でしょうね。
労働者は企業経営者に虐められている我々が経営者を虐めてやると左翼が威勢が良かった時代がありました。
そのようにされた企業は淘汰され残っていません。
今では公務員系が上から下まで国民負担で高給与をむさぼる、保守も革新も私利私欲で同じ穴のムジナとなりました。
かつては清く美しくの左翼もいたような気もしますが、それでは人が集まらない組織にならない、宗教も左翼も人が集まるほどに腐敗するのが世の習いでしょうか。

投稿: tatu99 | 2014年8月30日 (土) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/57193956

この記事へのトラックバック一覧です: ついに拘束覚悟の決起が始まる辺野古:

« 川内原発の再稼働を阻止しよう! | トップページ | ヘイトスピーチ規制がデモ規制に変身する自民党のAFOらしさ »