« 辺野古の浜で20日県民集会! | トップページ | 9・7高松脱原発デモ »

母親無罪の判決は「障碍者は殺してもよい」という思想がまぎれこんでいないか?

知的障害を持つ娘さんを殺害した母親が、うつ病による心神喪失を理由に無罪となった。毎日新聞WEBより。
知的障害の娘殺害:母親に無罪判決 大阪地裁
 重度の知的障害と難病を抱える長女(当時29歳)を殺害したとして、殺人罪に問われた大阪府吹田市の母親(58)の裁判員裁判で、大阪地裁は3日、犯行当時の責任能力を否定し、無罪(求刑・懲役4年)を言い渡した。田口直樹裁判長は「重い介護負担でうつ病を発症し、心神喪失状態だった」と述べた。  
 判決によると、母親は昨年10月、自宅マンションで長女を浴槽に沈めて窒息死させ、自らも池に飛び込んで自殺を図った。検察側は、母親が将来を悲観して無理心中を図ったと指摘し、うつ病の影響も心神耗弱にとどまると主張していた。
 判決で田口裁判長は、長女が昨年4月、発疹や発熱が続く難病「全身性エリテマトーデス」を発症して常時介護が必要になり、負担の増した母親がうつ病になったと指摘した。さらに、事件直前の9月下旬には夫が介護に協力するため休職し、長女の病状も好転していたとして、「将来を悲観して無理心中する状況ではなかった。母親は長女に愛情を注いでおり、事件はうつ病の影響のみで起きた」と結論付けた。
 判決言い渡し後、田口裁判長は「病気を治し、楽しかった頃の長女の思い出と一緒に生きていってほしい」と母親に声を掛けた。  大阪地検の北川健太郎次席検事は「内容を精査し、適切に対応する」とコメントした。【堀江拓哉】


 多分争点としては「うつ病による心神喪失状態」だったかどうか?というところだろう。また重度の障害プラス難病を抱えた介護生活の苦労は、想像もつかない苦しみであったろう。 だが、「無理心中」という形で、重度障害の娘さんの「生きる権利」が奪われたことに、もっと重みをおいても良いのではないだろうか?
  軽福祉国ニッポンでは、これまでも、またこれからもこのような身内による「障碍者殺し」が行われてきたし、また行われるだろう・・・その底流に「障碍者はイザとなったら、殺してもかまわない…犠牲になっても仕方がない」というドス黒い「優生思想」が流れていないか。  

 これは「裁判員裁判」だそうである・・・裁判員の「市民感覚」とやらに、そういった「優生思想」が流れているとしたら・・・実に恐ろしい世界である。
 おりしも「原発再稼働」において、過酷事故からの避難計画が立たないと問題になっている・・・真っ先に「犠牲」とされるのは、施設などで動けない障碍者であろう。実際福島でも、そういったことがあった。 原発事故で気づいたハズだ・・・誰かを「犠牲」にして運営される社会は間違っていると…

|

« 辺野古の浜で20日県民集会! | トップページ | 9・7高松脱原発デモ »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

鋭い指摘だ!

投稿: 田中冽 | 2014年9月 5日 (金) 09時48分

逆に心神喪失と認定されたら何をやっても無罪にするインチキ制度と捉えました。
ならば酔っ払って電車内で女性を触りまくろうとモノを露出しようと完全無罪になります。
酩酊は一時的な心神喪失であることが明白です。
軽く酔って車を運転すれば道交法違反ですが泥酔して運転したら無罪だし危険薬物の影響で心神喪失でなら無罪なら無法国家となる。
良識のある左翼が何かをやらかしたら犯罪でも極左犯罪で心神喪失相当と認定されれば完全無罪となって怖いです。
というか心身喪失者を逮捕して取調べ裁判をするのは国費の無駄遣い、司法関係者のお仕事確保でしかない。

投稿: tatu99 | 2014年9月 5日 (金) 15時26分

犯罪に対して目には目を歯には歯をと厳罰を主張すればウヨとされる。
怪しげな左翼弁護士などが心神喪失者や未成年者に対しては処罰でなく更生をなどとしてるから女子高生売春などが蔓延しています。
未成年者の売春犯や万引き犯の公開よりも犯罪者にもプライバシーなどと訳のわからないことになっています。

投稿: tatu99 | 2014年9月 5日 (金) 17時34分

身内にいないから言えることだな、これ。俺は身内にいるから、この殺した人の気持ちは分かる。

 介護だけならまだよいが、放浪とかになるともっとやばい。見知らぬ小学生中学生に話しかけて不審者扱い、当然家族も白い眼で見られる。
歯磨き、風呂を極度に嫌がる、無理やり入れようとすると暴れる。悪臭が漂う中で一緒に生活する。何か注意すると被害妄想振りかざして怒鳴る。それが毎日。
 幸い金があったので病院に入院させてなんとかやってるけど、そういうことができない人はキツいだろうなぁ。

光市母子殺害事件みたいなクソな奴ならともかく、この場合は罪の軽減はあってもいいわ。


確かに障碍者に生きる権利はあるが、それは健常者の生活を破壊してまで行使することが許されるものじゃない。弱い?弱いなら何故強くならない?
体がダメなら頭を使え、頭がダメなら金を使え、どっちもダメならコネを使え。
たとえ障碍者でも、人の心を明るくするような人ならば、そういう緊急時に助けてもらえる。助けてもらえないのは「俺は障碍者だから助けてもらって当然」とふんぞり返ってる奴。

投稿: ROM人 | 2014年9月 5日 (金) 21時56分

田中さん、この考えは本多勝一の「殺される側の論理」の中に収録されていた論文から触発されて書いたものです。ちなみに本多氏には、脳性マヒの妹さんがおられます。本多氏が子どもの頃、母親がその娘さんを負ぶって、天竜川の河原まで(心中あるいは娘殺しを?しようと)来たけど、戻ってきたという話を書いています。

投稿: あるみさん | 2014年9月 6日 (土) 22時48分

ROM人さん、身内の介護問題についての報告ありがとうございます。
そのうえで一言…JR西日本が非正規雇用で雇った、脳性マヒをもつ障碍者の女性に対しとんでもないセクハラをした事件の支援ブログ「里見ドットコム」http://satomi-heart.cocolog-nifty.com/blog/
の記事の中に「障碍者は健常者に好かれるようにしなければならない」と施設で「教え込まれる」そうです…それがゆえにセクハラを受けた当該の被害者は「加害者」の男性に対して「嫌われない」ようなメールを出してしまったということが、裁判の過程で問題になっています。
>たとえ障碍者でも、人の心を明るくするような人ならば、そういう緊急時に助けてもらえる。助けてもらえないのは「俺は障碍者だから助けてもらって当然」とふんぞり返ってる奴。
「障碍者」にもいろいろな人格、性格があり、それは健常者についても言えることです。たとえ緊急時であろうと「性格」で助けるかどうか?というのはあってはならないことです。

投稿: あるみさん | 2014年9月 6日 (土) 23時02分

性格はあくまでたとえ。コネ獲得の一つ。

前々から言っているが、勝つのは正しい人間じゃない。力のある人間だ。
福沢諭吉の言葉はよく誤解されるが
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず"と言えり"」
なんだよ。

人間生まれた時から不平等。
生まれた時点で、遺産を使って一生遊んで暮らせる奴もいる。
とんでもない才能で努力を苦痛と思わずに世界に輝ける人間もいる。
だからこそ勉強してその差を縮めようってね。
そもそも生物という括りで見れば、人間に生まれるか、家畜に生まれるか、虫に生まれるか、の時点で差があるんだから。

投稿: ROM人 | 2014年9月 6日 (土) 23時22分

うーん、悩ましいですね。小生は判決を尊重したいです。

近所に要介護の老人施設があるんですが、んで海抜7Mのここ、津波の危険があるんですよね。で、津波が押し寄せた場合、彼らを助けるか、と言われれば、多分助けないでしょう。

日常的にこのお母様はそのような選択を突き付けられていたんじゃないですかね。

それから、大阪の実家の近所の子が知的障碍者に暴行され6ヶ月の重傷を負いましたが、判決で無罪になっています。当然、ご近所は激怒していますね。健常者の子供の人権はどうなるのでしょうか。ちなみに犯人は大阪で有名な?大和川病院の出で、その後たらいまわしだったそうです。そして、事件後収監されたが、すぐに出てきたということ。当然、マスコミは一切報道しませんし、犯人の所在も分かりません。左派はこういう現実に眼をつぶりすぎです。

投稿: TAMO2 | 2014年9月17日 (水) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/57277971

この記事へのトラックバック一覧です: 母親無罪の判決は「障碍者は殺してもよい」という思想がまぎれこんでいないか?:

« 辺野古の浜で20日県民集会! | トップページ | 9・7高松脱原発デモ »