« 「ジュゴンの海」からのお知らせとカヌー教室 | トップページ | 香港の「雨傘革命」を断固支持する! »

辺野古反基地闘争(普天間撤去)の展望

 今日の辺野古では、シュワブゲート前に50人が座り込んでいる 新基地建設のため、シュワブ内でアスベストが含まれている建物を取り壊すのだが、その監視行動だ。海では工程の都合か、台風が近づいているからか、ボーリング調査は行われていない。とにかく、今日も闘いが続いている。10月半ば(もうすぐ)には、名護市で1万人規模の集会が予定されている。

 ここから焦点となっていくのは、来月16日の沖縄知事選挙で、「基地建設反対知事」が「裏切り」仲井真現職を、圧倒的多数差で破ることである。だいたいの世論調査では、8割が「辺野古基地建設反対」となっているのだが、なかには選挙で反対派の知事が勝っても・・・とあきらめている人も多いだろう・・・そうゆう人をオルグして、世論調査並みの圧倒的「NO!」を安倍政権につきつけるとともに、「島ぐるみ」で辺野古基地建設…国策に反対するんだという「団結」を見せつけるのだ・・・これは一種の「蜂起戦」である・・・人々は武器の代りに投票用紙を渡されるのだ。まずこれで安倍政権の沖縄政策は「ゆらぐ」

 しかし、相手は国家権力であり、「基地建設反対知事」が「埋立免許取り消し」をやっても、そんなものは相手にせずドンドン調査・工事を進めてゆくだろう。「予算上」の兵糧攻めも十分考えられる(太田革新県政の時、政府はそれをやった)…だから益々、現地での実力闘争・・・カヌー乗ったり、シュワブ前でワーワーやったり、沖縄防衛局を包囲したり・・・という闘いは、続けられるだろう。

 では、本土民衆はどうするか…沖縄の民衆といっしょに、安倍政権打倒の闘いをより本格的に開始しなければならない・・・とはいえ、「沖縄の民意」が「辺野古反対」と明確に出た以上、まずはこれを尊重し、対米交渉をやり直せという「当面の運動」になる・・・そのため、ターゲットは基地建設の実務を行う政府・首相官邸と外務省、アメリカ大使館ということになる。「辺野古基地建設を止め、普天間は無条件に撤去せよ!そのために話し合え!」ということだ。
 今の本土の「辺野古の運動」の数では、圧倒的に少なすぎる(集会やって千名いかない)・・・だから本土の「活動家」は、様々なところで辺野古のこと、沖縄のことを持ち込もう・・・「原発も基地もいっしょ・・・イヤなものはみんな地方に押し付け、金目で地方をダメにする」・・・少なくとも、「再稼働反対」で毎週金曜日やっているぐらいに、日を決めて集まり、人を増やしていかないといけないだろうな。(最終的には数万の人間が官邸を取り囲むぐらいを目指したいが)

 沖縄のほうも、辺野古の「調査」はしばらくすると一段落する…その時は「普天間包囲」である。人がフェンスを押しのけて、基地の中に突入するぐらいの圧力を、米海兵隊に与えるのだ。彼らはやがて沖縄に居るのがイヤになって、どっかに「代替地」をさがして出てゆくだろう・・・選挙の後は、本土も沖縄も「占拠」である。

|

« 「ジュゴンの海」からのお知らせとカヌー教室 | トップページ | 香港の「雨傘革命」を断固支持する! »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

8割が「辺野古基地建設反対」

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-230631-storytopic-1.html
これか。

調査方法
>電話に出た3981世帯から、調査対象世代者の不在や回答拒否などを除き、610人(1世帯1人ずつ)から回答を得た。

6~7人に一人しか答えない、15%程度の回答率。その内の8割だから実質12%……

これで世論調査とはなw

投稿: ROM人 | 2014年10月 3日 (金) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/57557417

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古反基地闘争(普天間撤去)の展望:

« 「ジュゴンの海」からのお知らせとカヌー教室 | トップページ | 香港の「雨傘革命」を断固支持する! »