« スカイレール完乗闘争 | トップページ | 「在日特権」?そんなモンあるかボケ(その1) »

伊方原発再稼働反対闘争

 昨日、原発さよなら四国ネットワーク が主催する第28回伊方集会に参加してきた。 
 朝、7時ごろからマイクロバスで高松市内、善通寺を回って参加者を広い集め、香川からは16人の参加・・・朝の弱い私はバスの中でほとんど寝ていた…Dsc02539_2

11時ごろ、伊方のオフサイトセンターに到着…ここは3年前に来て、中みていたから私はブラブラしていた。他の参加者は中に入ってヒマつぶし…トイレを済ませて、いざ会場へ。
Dsc02542_2

会場の伊方原発正門前に到着sign01
Dsc02543

伊方原発でゲソ~
Dsc02544

久しぶりに「あるみさんのぼり」闘いの現場に到着・・・
Dsc02545

やたら持ってきたプラカード等の小道具が多い。
Dsc02546

これまでで最大級の、移動式トラメガ
Dsc02548

それにしても、天気が良い・・・お弁当をもらって、ハイキング気分で食べる。
Dsc02552

ガードレールに括り付けられる、のぼり
Dsc02554

12時半ごろから、なんとなく集会が始まる…まずは音楽…
Dsc02559

こんな感じですね・・・あと各県からのあいさつ…香川16名、高知…参加ナシ…徳島2名、広島3名、大阪から2名・・・あとの残りは愛媛で、合計50名というところか…大阪の2名は全交 である。

Dsc02558

これも香川から持ってきた、竜神さま・・・伊方には竜神伝説があるそうです。
Dsc02565

伊方原発を止める会 からあいさつ。
Dsc02567

音楽→あいさつ→音楽→あいさつというふうに続けて、会場がダレないよう工夫されています。なお、愛媛は午前中、地元八幡浜にビラ入れを行ったとのこと。
Dsc02573

原発いらない仏教者の会の方・・・
その他、50㎞圏内有志の会の方などがあいさつをして、いよいよ伊方原発への申し入れ行動です。
Dsc02581

奥の薄い緑色の作業服と、黄色のヘルメットが四電の総務課のお方。

Dsc02583

ま、どんな会社でもそうだけれど、こうゆう所にビシッと回答できる人間はよこさないわな…申し入れ文書は四電社長あてなのだが、課長は「伝えます」というだけで、はっきりしたことは言わない(言えない)状態・・・「技術者を出せ」との声も。「リスクをひとつずつつぶす」ということを言うので、「そもそも原発を動かさなければ、リスクはゼロになるじゃないか!」とも・・・
Dsc02586

とぼとぼ帰ってゆく、四電の課長・・・お疲れ様でしたcoldsweats01
あと、テントとか片づけて、解散…その間に、愛媛の方から伊方原発についての「解説」があったのでちょっと聞いてみる…伊方は敷地が狭いので、福島のように汚染水を溜めるタンクが作れないこと・・・このことを指摘したら「伊方は地下水が少ないので、大丈夫」なんだそうな・・・ただ、原子炉そのものは少し深いところにあり、ボーリングデータを見るとその下に地下水層があること。すなわち「メルトダウン」が起これば、その地下水を通って海に直接燃料が出てくることもあり得るのだそうな。
で、説明者の人が「自然エネルギーを増やしましょう」とかなんとか言ったので、私は依怙地に「おっちゃんおっちゃん、自然エネルギーは変動が大きく、制御が難しいから、安定した電力を得るためにはその分、蓄電池などの資源を使わないとダメなんだ。だからいくら『技術開発』してもコストは安くならない。アレを見ろsign03」とケンカを売る・・・
Dsc02587

風力発電(佐多岬あたりで合計、5万キロワットの出力があるらしい)」が、今日も止まりっぱなし・・・説明者はあわてて「エネルギー消費を少なくするべき」というふうに話題を変えた。

とにかく来た道を帰る・・・帰ってきたら夜の8時・・・ああ疲れたでゲソvirgo

|

« スカイレール完乗闘争 | トップページ | 「在日特権」?そんなモンあるかボケ(その1) »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/57736642

この記事へのトラックバック一覧です: 伊方原発再稼働反対闘争:

« スカイレール完乗闘争 | トップページ | 「在日特権」?そんなモンあるかボケ(その1) »