« これではダメだ!香川革新懇の沖縄連帯集会 | トップページ | 検証!伊方原発は南海トラフ地震に耐えられるのか »

「プロ独国家」に憲法はいるか?

 さて「革命的友人」と「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」についての話題…
 本のレビューでも書いたように、筆者、矢部宏冶氏はGHQが「押し付けた憲法」に対して①それを改悪する勢力②それを護持(ある意味墨守)する勢力 しかおらず、③それを良くする勢力・・・がいなかったことを問題としている。
 S20141223

 ではここで「革命」を目指す勢力が、「より良い憲法」を作ることを目指すことが必要なのか?という疑問がわく…それに対し、私は、そんなことは日本共産党にでもまかしておけば良い…行き詰まった資本主義を打倒することsign03こそ、今求められていることだ…とゆうような結論にした。

 では「資本主義」を打倒した後、どうするのか…「レーニン主義的」にゆえば、「ブルジョワ独裁国家」を倒した後で、ブルジョワの持つ「私有財産(生産手段)」を強奪し、労働者民衆でつくる「生産協同組合」に以降するための「国家権力」・・・すなわち「プロレタリアート独裁」権力が生まれなければならない。その「権力」は、多数のプロレタリアートが、少数のブルジョワ階級を「抑圧」する「国家」である。
では、その「プロ独国家」には、「国家」を民衆が監視する「立憲主義的」憲法が必要ではないか?というのが私の考えであった。

 ところが「革命的友人」は、「そんなものは、いらない」と言う…なぜか?
 「プロ独国家(権力)」は、民衆が「革命」を追行していくための「機関」であり、やがて消滅するものである・・・そこに「憲法」という形で「権力構造」を固めてしまうと、民衆が進めてゆく革命を抑圧・阻害するものに転化しかねず、「国家の死滅」とゆう、共産主義そのものの目標に達しないからだ・・・ということであった。

 居るのは常識的な法律・・・「人を殺してはならない」「泥棒をしてはならない」・・・程度でいいんだ・・・とのこと。

 ま、とりあえず納得はできた…民衆が「権力」を取った時は、「憲法」のいらない世界になる…と。
 ただし「相互批判・自己批判」の自由な「民主主義の作風」と、「権利章典」的なものが、「民衆がとった権力」内で共有されているという前提が必要であると思う。

 もちろん、その「共有」は、ブルジョワとドンパチやる中で、民衆の間で自然に培われてゆくものなのだろう。逆にそれが「共有」されない「運動」や「党派」は、やがて「スターリン主義的」なものに変質し、「革命」なんぞできなくなるであろう。

|

« これではダメだ!香川革新懇の沖縄連帯集会 | トップページ | 検証!伊方原発は南海トラフ地震に耐えられるのか »

かくめいのための理論」カテゴリの記事

コメント

過渡的には国家も、国家を縛る憲法も要ると思います。

投稿: TAMO2 | 2015年2月16日 (月) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/58947260

この記事へのトラックバック一覧です: 「プロ独国家」に憲法はいるか?:

« これではダメだ!香川革新懇の沖縄連帯集会 | トップページ | 検証!伊方原発は南海トラフ地震に耐えられるのか »