« 尼崎事故から10周年によせて… | トップページ | 祝!太田あゆみ 8位で堂々当選! »

「辺野古基金」は、億円単位で集めよう!

 沖縄の経済界が、翁長知事が対米交渉に行ったりするために集め出した「辺野古基金」…なんと2週間で8千万円、いや9千万円以上のお金を集めることに成功している。琉球新報WEBより…
「辺野古基金」寄付、2週間で8978万円に
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を阻止するため、県議会与党会派や経済関係者らが中心となって設立した「辺野古基金」への寄付が設立から約2週間の24日現在で3381件、8978万193円となった。那覇市旭町の金秀本社で与党県議らが会見して発表した。1回目の発表から1週間で約2倍に増えた。5月中旬までに総会を開き使途などを決定する。
 共同代表は現在7人が就任しており、ほかに県外の著名人数人に打診しているという。氏名については正式決定後に公表するとしている。5月中旬の総会までには一定のめどを付ける方針。
 振込先は県外からの寄付を見据えて準備していたみずほ銀行の口座が24日までに開設された。また各金融機関に振込手数料の免除を打診している。県労働金庫は県内からの振り込みに限って免除が決まった。
 会見で新里米吉県議は「米紙への意見広告掲載などを含め、5月の総会で基本的な活動方針を打ち出したい」と述べた。


 もちろん、「現地闘争」も大切だ…カヌー隊やシュワブ前の座り込み抗議にも、それなりに金がかかる・・・こちらへのカンパも多いにやるべきだ・・・しかし、「アメリカ政府」や「アメリカの良心的勢力」を動かさないと、「辺野古移設撤回」は難しい(だって安倍やその取り巻き、害務省もとい外務省がAFOばっかりなんだから)・・・沖縄への米軍基地集中という、マイノリティを抑圧する「日本政府」と、その「報告」を受けて方針を変更しないアメリカ政府の方針を「非暴力」で変更させるには、圧倒的な「日本」「世界」の世論喚起が、必要なのだ…そのためには金がかかる。

 体が自由な人は、現地行動を!知恵がある人は知恵を!、金がある人は金をだそう!というのが、運動のモットーである。かくいう私もやっと昨日、「辺野古基金」にわずかながらカンパをしてきた。

 しかし、ある目的のために「億単位」のお金を集めることって、10年ほど前にあった「管制塔被告連帯基金」 (サイトが見つからなかったので、とりあえず昔のアッテンボローさんのブログをリンク)を思い出すなぁ~

 成田空港の「開港」を控えた1978年3月26日、現地では大闘争が行われ、第四インターをはじめとする赤ヘル諸党派が、綿密な計画の元、管制塔を占拠happy01・・・一人の犠牲者もださず、管制塔機能を徹底的に破壊し、大勝利をした(その時私はまだ小学生だったのだが、「こんな強い反対運動が起こる空港建設って、何なのだろうsign02」と素直に思った)
 占拠した16人の戦士は「刑事被告人」とされ、裁判で刑が確定…下獄して「刑事責任」は終わったものとなった。

 しかし2005年、突然「管制塔破壊」の損害賠償として、この16人に対し、1億3千万の「損害賠償」(低金利時代に、5%の年利がついた「ぼったくり金利」)を請求し、裁判所が現在は普通に生活していた元戦士に対して、「給料の差し押さえ」を始めとする無法な要求をつきつけたのであった。

 当時も「辺野古の闘い」は続いていたし、その他イラク戦争と、イラクへの自衛隊派兵問題等の課題が闘われていた時代である…この途方もない「要求」は「闘う者に対しては、ケツのケバまでむしり取るぞsign03」という恫喝を行うことで、現代に闘う者に対する「委縮効果」を目指したものであった。
 当時、戦士たちの所属していた「党派」は分裂、解体状況にあり、とても「党」だけで当該を「支援」することは不可能に近かった…しかし心ある人達は「管制塔連帯基金」を立ちあげ、元活動家や反戦運動、市民運動をやっている人たちに広く呼びかけ、1億3千万円の金を集めきり、NAAに対してその金を「たたきつけた」のである。

 この運動は、私もハラハラドキドキしながら追っていた記憶がある…「活動家」は一般的には収入が少なく、そんなにカンパで金が出せるものではない…はたして1億もの金を集めることができるのだろうかsign02
 しかし「運動」は、ネットも含めて広範囲に広がり、「三里塚闘争」を知らない世代からも共感をよんで、見事に1億円を集めきったのである…残念ながら私はこの基金には、金を出さずじまいであった…また、中核派は「権力に投降する行為」として、この基金運動を「非難」していた…しかしあの時、どのような方法があったのだろうか・・・それは当時も議論されていた。

 さて「思い出話」はここまでにして、「辺野古基金」にも金を集中させよう…沖縄県は離島で、様々なインフラ整備やその他の事項(高い失業率、基地による経済の圧迫)で、県で普通の行政を行うのにも金がかかる・・・「基地建設反対」に翁長知事に自由に動いてもらうため、「億単位」の基金を寄せようではなイカvirgo

基金の送り先は、次の通り…
▽ゆうちょ銀行(店番708、口座番号1365941)

▽コザ信用金庫那覇支店(2032531)

▽JAバンク沖縄県農業協同組合本店(0024403)

▽沖縄県労働金庫県庁出張所(3406481)

▽琉球銀行県庁出張所(185920)

▽沖縄銀行県庁出張所(1292772)

▽沖縄海邦銀行県庁内出張所(0082175)

また、基金が集まる「現実」で、安倍政権やアメリカ政府に「沖縄・辺野古に新しい基地を作ることに、これだけの反発があるsign03」というメッセージにもなる。一人千円でもかまわない…多くの人がこの「基金」にお金を出すことが、辺野古基地建設阻止…そして日米安保体制の見直しにつながるのだmoneybag

|

« 尼崎事故から10周年によせて… | トップページ | 祝!太田あゆみ 8位で堂々当選! »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

放射能で汚染されてしまった福島の土をドローンで官邸屋根に落とし、原発再稼動に抗議した山本泰雄さん。
どうせなら安倍の頭の上に福島の土落として、ハゲにして欲しかったです(笑)

投稿: Cricket | 2015年4月27日 (月) 18時39分

わたしの、海外へ属国ぶりをタレこむ広告、より生産的ですね。

http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-12010579097.html

投稿: kuroneko | 2015年4月29日 (水) 15時45分

28日に、1億円を突破したそうです。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242373-storytopic-3.html

投稿: あるみさん | 2015年4月29日 (水) 22時12分

今日午後、郵便局のATMから、送金してきました!今に始まったことではないですが、沖縄と、そこに住み生活する方々に対する国家の暴力には、いくらなんでももう黙っていられませんから。一人の国民・有権者として、異議申し立てのつもりで、この基金に協力することにしたのです。

ところで、郵貯の総合口座をお持ちの方々、以下の基金の番号あてに、郵便局のATMから電信振替で送金すれば、手数料も無料ですし、簡単な操作ですぐ送金手続きが出来ます。この方法が一番簡単な送金方法だと思いますので、お知らせします。

辺野古基金 17000ー13659411

ひとりでも多くの皆さまのご協力を、私からもお願いします。

投稿: しんきち | 2015年4月30日 (木) 18時27分

しんきちさん、コメントありがとうございます。私も郵便局ATMで送金してきました(^^)

しかし、現地で「実力闘争」をしている団体にも、カンパをせねばなりません…あ~金がかかる。

投稿: あるみさん | 2015年4月30日 (木) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/59783829

この記事へのトラックバック一覧です: 「辺野古基金」は、億円単位で集めよう!:

« 尼崎事故から10周年によせて… | トップページ | 祝!太田あゆみ 8位で堂々当選! »