« 海のたたかい…海上抗議行動編 | トップページ | 県庁前のたたかい…中谷防衛大臣訪沖反対闘争 »

陸でのたたかい…座り込み編

 さて、シュワブ前の「抗議行動」に移ろう…先日も述べたように、「ドンパチ」が起こるのは「資材搬入」や「防衛局・海保・海の工事関係者」が入場してくる時だけである。あとはひたすら、座り込んだり、アピールをしたりしている。
Sdsc03145

朝は人もそんなに多くない…
Sdsc03136

国道を挟んで、「キャンプ・シュワブ」のフェンスがある…要するに「キャンプ・シュワブ」の中にを、国道が通っていると思えばよい…沖縄の基地集中地帯では、そんな所はザラにある。
Sdsc03148

花壇なんかが出来ている・・・一応、歩道の外の斜面も「国道用地」であるため、これも立派な「占拠(オキュパイ)」闘争なのだ。
Sdsc03146

海と陸の「たたかい」は、離れているためほとんど連携していない…そこで「海保の暴力」をさらす写真展なんんかが開かれている。
Sdsc03143

時々出てくる、海兵隊の車両…やっぱアメリカ軍って、デカいわsign03
Sdsc03151

あの「殺人鉄板」があるところは、なぜか封鎖状態になっていて、「アルソック」が交代で警備…
Sdsc03163

その向かい側にある、警察車両…アルソックは炎天下で警備、警察はエアコンの効いた車の中で坐って警備(もっとも、「アルソック」も交代で警備しているから、休憩場所ぐらいはあるのだろうが…)
Sdsc03156

米軍基地内に「侵入」すると、日本の法律によって罰せられると書かれた看板…ここにも「全基地撤去」のシールが張られている。
Sdsc03168

そのうち人が集まりだした(^^)
Sdsc03169

世界的にも知られる映画監督、宮崎駿氏が「辺野古基金」の共同代表になったことを伝える新聞が掲示されている。

さて11時ごろより、みんなで集まって第三ゲート前まで歩道をデモ行進する。
Sdsc03172

デモの最初に「わっしょい!わっしょい!」と声を上げる、ちょっと懐古的なsign02デモ行進
Sdsc03173

ここは、第二ゲートである。
Sdsc03174

第三ゲート到着…ここから作業している様子が良く見えるので、マスコミなんかもここで撮影をしたりする場所だ。ここで気勢を上げて、「海上行動」をしている人たちを陸から応援するのだpunch
Sdsc03177

こんな風に、海上作業の様子が、良く見える。
Sdsc03181

シュプレヒコールを上げたり、歌を歌ったりして、海上行動隊を応援・・・ただしこの日の海上行動は大浦湾側にいたため、声は全く聞こえなかったのだそうな。
Sdsc03182

帰って来ると、昼食タイム…もちろんここでの昼食は「自分持ち」であるが、様々なところから「差し入れ」が来る…そのため「テント太り」をする人も居るとかいないとか…
実際この日も、大量の夏みかんの差し入れがあり、皮をむいた夏みかんを入れたプラスチックケースが何回もまわって来て、ちょっと閉口したcoldsweats01

Sdsc03183

実はテントでは「ただ座っている」だけでなく、様々な催しやアピールが行われる…人が集まって「何か学んでくる」場所として機能しているため「辺野古(総合)大学」などと呼ぶ人もいる。
Sdsc03184

てなことやってると、右翼がイチャモンつけにやって来た。
Sdsc03185

石垣島がどーのこーのとか書いてあった…こいつらだって「地元」の人間ではない。
ここで私は一つ、「失敗」をやらかす…前の緑の右翼車に「お前らの方こそ、やかましいわい!」と突っかかって行ってしまったのだ…彼らは「騒ぎ」を作り出して警察の「介入」を作り出そうとしている。テント破壊等の明らかな「敵対行為」を行わないでわめいているだけの右翼の「挑発」に乗ってはイケナイのである。
Sdsc03187

さて、実はこの場所には「トイレ」が無い…昔は簡易トイレを設置していたのだが、国道事務所から文句がついて「撤去」せざるを得なくなったそうな…男性の小はともかく、大や女性にとっては大変である。そこでトイレのあるコンビニと、テントを結ぶ車が定期的に運行されている。

Sdsc03186
佐賀空港に配備されようとしている、「自衛隊オスプレイ」の飛行説明図…こんな四角く飛ぶ「訓練」なんてないだろうと、突っ込みが入るシロモノである。

Sdsc03191
神奈川から来た、女性のグループ…沖縄の友人といっしょに、ここに来たのだそうな。

こういった行動が、だいたい4時頃まで続く…浜のテントもそんな時間に終わる。もっともシュワブ前のテント、「泊まり込み」体制があるらしい。

テントは私が高松に戻ってから、台風6号対策のため一旦撤去された・・・しかし台風の危険が去ると、テントは再設置される …沖縄総合事務局北部国道事務所の職員約10人がゲート前で口頭でテントの即時撤去などを指導し、正午時点で市民らとにらみ合いが続いたらしい。

これから台風の季節になるため、テントも撤去・設置が忙しくなるだろうし、その機会を狙って国道事務所や機動隊がテント設置妨害をしてくることも十分考えられる…それでも「陸のたたかい」は続くのだvirgo

|

« 海のたたかい…海上抗議行動編 | トップページ | 県庁前のたたかい…中谷防衛大臣訪沖反対闘争 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/59986306

この記事へのトラックバック一覧です: 陸でのたたかい…座り込み編:

« 海のたたかい…海上抗議行動編 | トップページ | 県庁前のたたかい…中谷防衛大臣訪沖反対闘争 »