« サイゴン陥落・ベトナム戦争終結40周年 | トップページ | 地方自治をぶっ壊す「大阪都構想」(前篇) »

四電前抗議行動に、福島でたたかう青年登場!

 ホントは金曜日に書いておきたかったネタなのだが、帰宅が遅く、翌日「関西帰り」があったモンなので、今日レポート…
 実は1日、「いわき駅前アクション」で脱原発を訴え、労働運動もやっているマイミクさんが四国にやって来たのだ。で、「四電前抗議行動」でアピールもしてもらった。
 彼は「鉄ちゃん」でもあるので、休みが取れた1日、「サンライズ瀬戸」で「往復」ただし行きは、常磐線で人身事故が起こったため、行きのサンライズには乗れず、新幹線でやって来た)するだけのために、わざわざマイミクの私が居る高松まで来てくれたのだ…感謝sign03

 せっかく四国に来るのだから、その日は高松に泊まって、「四国鉄道めぐり」でもするのかなと思っていたのだが、その日のうちにサンライズで帰るという「強行軍」だったのでゲソ。
 私もどうせ市役所に行く用事があったので、その日は午後年休を取り、市役所での用事を済ませてから、4時に彼と琴電瓦町駅で合流…4時からあいている馴染みの焼き鳥屋さんで軽く飲みながら、話を聞く。

 話題は福島、いわきでの運動の状況や、高線量が検出されたため契約解除されたモニタリングポスト の話(メルトスルーした核燃料の位置がわからないまま、再臨界や自然界で起こる核反応を起こし、放射性物質の再放出が起こっている可能性が指摘されている)、「復興」はおろか、「除染」でうず高く積まれたフレコンパックが破れかけた状況、「帰還」を促す政府・行政のあり方等、いろいろ「現地の人」でないと分からないことを聞くことができた。

 「四電前抗議行動」は一応、午後6時ごろから8時前まで四電前で「圧力」をかけているのだが、「いわき駅前アクション」は実質30分程度しか行わず、あとは原発や運動について喫茶店で話し合いをする・・・というスタイルだそうだ。彼はNAZEN に関わっているのだが、「いわき駅前アクション」には元第四インター系の方も来ていて、大衆運動的にやっているとのこと。また、いわき辺りはもともと産炭地であったので、炭鉱労働者の闘いの「伝統」が引き継がれている…「フラガール」だけの産炭地では決してない…そうだ。また動労水戸 の組合員も、茨木だけでなく福島・浜通りの関係者もおり、闘いの一旦を担っている。

 彼はJR東日本の、何が何でも常磐線を再開させることにも憤っていた…そんなところに金をかけるより、もっと他に金をかけて「復旧」させる路線が沢山あるではないか…と。

 6時前に焼き鳥屋さんを引き払い、四電前へ…選挙も終わったので、「共産党」系のデモの人数も少し多い…やがてアピール開始…彼にも「福島から来た、脱原発活動家」としてアピールをやってもらった。四電や、その後でうごめく「原子力村」、自ら「被爆者」とされたこと(実際、検査をしたら彼の甲状腺にはのう胞があったそうな)への怒りが叩きつけられた。

 「共産党系」グループが帰った後、みんなで「ゆんたく」「コーラス」タイム…いつもの「四電前」を見てもらった。NAZEN香川の若い兄ちゃんも来たので、引き合わせる。

 行動後、サンライズ瀬戸出発時刻に間に合うよう、うどん屋 五右衛門 でNAZEN香川の若いのと、関東から避難してきた女性(実はこの女性が、「四電前行動」の発案者の一人である)の4人で、カレーうどんで〆・・・ここは労働者階級が気軽に食べるには少々お値段が張る店なのだが、なんとか「交流会」も完了・・・充実した「四電前行動」であった。

 なお、カメラを持ってくるのを忘れたため、残念ながら写真は無い・・・いずれ「瀬戸の風」 ブログに、当日の様子がアップされるであろう。

|

« サイゴン陥落・ベトナム戦争終結40周年 | トップページ | 地方自治をぶっ壊す「大阪都構想」(前篇) »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/59865779

この記事へのトラックバック一覧です: 四電前抗議行動に、福島でたたかう青年登場!:

« サイゴン陥落・ベトナム戦争終結40周年 | トップページ | 地方自治をぶっ壊す「大阪都構想」(前篇) »