« 「展望」第16号 落合論文ダイジェスト(その5) | トップページ | 日本は中国人民に負けたのだ! »

「展望」第16号 落合論文ダイジェスト(その6)

中国の軍事力
 軍事予算が88年から14年までに40軍事費のGDP比でみれば、1.7%だったのが1.3%に低下
 兵員一人あたりの軍事支出は、米50万ドル、日24万ドルに対し、中7万ドル
 労働者農民の支配・抑圧のため、奔命に追われているのが実態。
 中国の空母、「イージス艦」、ステルス戦闘機

実戦能力は未熟で不確かなもの。総合力としては?

 
中国は基本的に防御基軸の戦略
 
 90年代から、燃料・食糧の輸入国となった中国
 国外に基地を持たないと宣言(日本のジプチ基地設置への批判)
 
 シーレーンの確保すら軍事的に不可能。外交や投資、援助を通じて確保

 軍事的には、防衛の優位、局所優位の戦術、非対称戦の重視

   空母には、ミサイル・潜水艦

   高価で装備・訓練に長期間を要する兵器  安価で早期配備が可能な兵器

   正規軍・正規戦には、非正規のゲリラ

   サイバー戦の重視(60万もの要員)
 
 「接近阻止・領域拒否」(A2/AD)戦略

 第一列島線(九州、琉球列島、台湾、フィリピン、ボルネオ)の内側は敵を近づけず不敗の体制を取る。

 第二列島線(伊豆諸島、小笠原諸島、グアム、ニューギニア)を結ぶ線内に入る敵の行動を制約する。

 自国・自軍が優位に立てる戦域と局面でしか戦争をしない前提

 米中双方から見て、安倍首相の「積極的平和主義」が、無謀で危険極まりないもの。
 
   ③沖縄闘争の重要性

 ・米海兵隊の沖縄撤退論…ジョセフ・ナイ「かごの卵」の比喩

 7275年に、沖縄海兵隊のテニアン移動日本政府が引き止め

 992003年 沖縄海兵隊の撤退 日本側が引き止めたとされる

 現実米海兵隊のグアム・テニアン・ハワイ・オーストラリアへの移転計画が201412月に米上院で予算措置が通っている。

 日本側がなぜ米海兵隊の沖縄からの撤退を引き止めるのか。対中国の軍事的対立に米軍を引き込むためである。

 沖縄米軍基地の日米共同使用論がリーク
 キャンプ・ハンセンやキャンプ・シュワブ(+辺野古新基地)に陸上自衛隊800人前後を常駐させる案(2012年7月)

沖縄戦の歴史…沖縄では米軍以上に日本軍を拒否する気持ちが強い
      ↓

 アジア侵略と対中国戦争のために、沖縄基地を日米共同使用の形で使おうとしている。

 現実の戦争が始まったら、使用するのは日本軍・自衛隊の専用となりかねない。

 辺野古新基地建設を阻止する闘いは、日本の参戦国化、アジア侵略戦争を阻止する最大の闘いである。沖縄人民の軍事的抑圧、差別分断支配に抗する自決、自己決定の闘いを支持し、連帯し、なによりも本土における新基地建設阻止の闘いを強めよう。

|

« 「展望」第16号 落合論文ダイジェスト(その5) | トップページ | 日本は中国人民に負けたのだ! »

かくめいのための理論」カテゴリの記事

コメント

日本のアジア侵略、対中戦争って、、、

中国自身が、自分の都合だけで、
第一第二列島線(当然日本の領土領海内含)を、
戦場にする戦略とってるじゃないの、

中国の戦略は冷静に分析、それに日本が対抗するのは悪って、
すげえ偏って決め付けてる、
この人自分の文章の整合性考えてないでしょ。

投稿: いちななし | 2015年9月 3日 (木) 09時19分

>中国の戦略は冷静に分析、それに日本が対抗するのは悪って

そりゃぁ~この「シリーズ」の最初に「バーゼル宣言」が出てくるでしょ…自国の戦争に反対する、「革命的祖国敗北主義」をとっているから、このように書けるのですよ。

投稿: あるみさん | 2015年9月 3日 (木) 21時10分

ずいぶん身勝手な書き方ですね、
革命的祖国敗北主義は、帝国主義戦争を利用して帝政打倒の内乱につなげるもので、

降伏のススメでも、自衛の放棄でもないですよ、

帝国主義政権を、戦争を利用し打倒、革命により政権奪取という、
明確なプランの無い、スローガンのみの「革命的敗北主義」とは、
文字通り敗北のみを願う、自殺願望と変わらない、

冷徹なプランと実行手段を持たない「革命をめざす行動」は、各個撃破と人心乖離だけを招く害悪にすぎない。

投稿: いちななし | 2015年9月 4日 (金) 06時13分

あえて、罵詈雑言を言う、

小学生に、現場をまとめてみろって言って
工程管理について話し合いさせてみる、

絶対、話があっちこっち言った挙句、ケンカになって大騒ぎになる、

戦後の左翼運動の縮図かつ相似と思う、

最終図面と工程管理手法を、だれも持っていない。

投稿: いちななし | 2015年9月 5日 (土) 08時51分

いちななしさん…帝国主義戦争戦争で「勝つ」方法を考えることこそ、バーゼル宣言や「革命的祖国敗北主義」と反することではありませんか?
 相手が破産した中国スターリン主義でも、それは変わりません。
>それに日本が対抗するのは悪って
というのを批判することの、どこが悪いのでしょうか(あなたの思想的立場は良く分かりませんが)

それと、「小学生の現場管理」を持ち出した「罵詈雑言」は、全く意味不明ですね。
 最終図面と工程管理手法を持っていない…は??
 共産主義社会への「最終図面」は誰も書きようがないし(アウトラインはマルクスやレーニンが提示していますが)、工程は、人民がどれだけ「革命」を進める力があるのか、やってみないと分からないから、あえて書く必要はないのですよ。
 逆に、そうゆう物がないと、「人民は決起しない」と考えられているのであれば、完全な人民蔑視思想ですね。

投稿: あるみさん | 2015年9月 5日 (土) 20時02分

ふむ、誤解があるようですね、

戦争に勝つ事を考えるのは「政府」の役目であり、
政府の戦争を利用して内乱を目指すのが「革命家」の目指すことという意味合いで書きました。

ただし、侵略者に抵抗するのは、政府も人民もその立場に変わりは有りません、中国が日本を侵略したのなら、当然抵抗します、当たり前の話です、「どこが悪いと」と言って開き直る話ではありません。

命の危機にある抑圧された人民の集団がいて、初めて革命の現実性があるのではないですか?
明日をもしれぬ命であれば、計画なしで行けるでしょう、

今の日本で、勢いだけで後先考えないで、革命活動に人生をささげられる人が、どれだけいるというのですか?

投稿: いちななし | 2015年9月 5日 (土) 21時45分

書き忘れました、

熱意ある各種の職人が、どれだけ数多くあつまっても、
図面と工程が無ければ、大混乱が起きるだけです、
必要とされる建物が、自動的に立つわけではないのですよ、

社会人なら、当たり前のように理解している事でしょ?

投稿: いちななし | 2015年9月 5日 (土) 22時13分

いちななしさん、回答は長くなりそうなので、別スレッドを立てます。

投稿: あるみさん | 2015年9月 6日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/61436129

この記事へのトラックバック一覧です: 「展望」第16号 落合論文ダイジェスト(その6):

« 「展望」第16号 落合論文ダイジェスト(その5) | トップページ | 日本は中国人民に負けたのだ! »