« 「展望」第16号 落合論文ダイジェスト(その7) | トップページ | 革命前に出来るのは、「基本的なアウトライン」を描くだけ »

星野さんをとり戻す!9・6徳島刑務所デモに決起!

 今日は高松中央公園で、安保法制反対イベントをやるのでそこに行くつもりであったが、金曜日に「四電前抗議行動」に来た中央派の方に誘われて、「無実の星野さんを返せ!9・6徳島刑務所デモ」に参加することにした。
S20150906

 ちなみに「星野さんをとり戻す」闘争というのは、1971年、「ペテン的沖縄返還」に反対して立ち上がった中核派全学連の「渋谷暴動闘争」において、一人の警察官がゲバられて殉職したのだが、その犯人として、当時部隊を率いた板リーダーの高崎経済大学、星野文昭 さんを逮捕、闘争時に捕まってた人がやむなく吐かされたウソの証言をもとに、殺人犯として起訴され、無期懲役が確定したものの、一貫して「無罪である」と41年間、獄中で闘い続けている人である。(徳田球一の「獄中18年」や、赤軍派議長、塩見隆也氏の20年とは比べものにもならない)
 星野さんが無実である証拠、証言は沢山ある…「自白」証言による「警官を殴打」していた人物が来ていたジャケットと、星野さんが当日来ていたジャケットの色が明らかに違う、メットに書かれていた文字が違う、星野さんはデモ隊をまとめて、目的地に連れてゆくべく全体に目を配っていたのであり、警官を殴打しているような立場ではなかった…などなど…

 再審請求を続けているとともに、一日も早く、無罪の星野さんを奪還しようという闘争が、続けられてきたのである。

 ちらしにもあるように、前日5日、全国再審連絡会議 が開かれた。これは6日の徳島新聞の3面記事に、ちょこっと載せられている。大盛況だったそうな。

 まあ、高速バスで徳島駅へ…すでに「駅前街宣」が始まっている。どこに行けばいいか、スグ分かる。
Sdsc03379

しかし、肝心の私を誘った人が来ていない…どこだどこだと探しているうちに、百万人署名運動 の女性に捕まった(^^)…「ぜひ署名して下さい」「いや、私星野集会に来たのだけれど…」云々と会話を進める…とりあえず「あるみさんブログ」の管理人で、再建協議会のシンパであるが、脱原発をいっしょにやっている人に誘われて今日は来た…大冤罪事件であり、大衆運動でしょ…と切り返したが「なんで再建協におるの」「いや、中央は腐っているからですよ。」「再建協だって何もできてないじゃないの…」「ウン、その通り」…ってな会話を交わした後、百満人署名運動機関紙の8月号、9月号をいただく。ちなみにそのお方、我がブログも見ていてくれて「変なブログだ」と思っていたとのこと。
 バス停には、かつて「仲間」だった「高槻医療労組」の方がアピールをしていた…しかしながら、ぶっちゃけ誰の顔も分からない。「全学連」旗や「沖縄大学」ののぼりも見える。動労千葉の田中委員長とおぼしき方も見えられた(見間違いかもしれないが)
 11時になったので、街宣組は貸切バスに乗って、集会現場へ…ハスは3台、満席だ。そういえば、百万の方と話している間に、昼飯を買うのを忘れた…ヒャー、今日は昼抜きじゃなイカ!
 バスの中では、スケジュールや注意事項等が話された後(スケジュールもいい加減で、現地から同じバスで帰ってくるのに、徳島駅と徳島空港到着時間が同じ16:00ということになっていた)。

 集会場所は、徳島刑務所の近くの、鮎喰川春日橋たもと河川敷である…地図検索をしてもらうと分かるが、徳島市内の端っこの山の中である…ここに「凶悪犯」ということで、多くの長期・無期懲役者が服役させられているわけだ。房の中は冷暖房も無く、非常に環境が悪い…駅前コールの中にも「扇風機を付けろ!」「濡れたタオルで体を拭かせろ!」というのがあった…逆に冬は非常に寒いわけだ…いかに「犯罪者」といえども、やはりそれなりの人権については配慮されるべきではないのか?まして「無罪」の星野さんにおいてやら…
Sdsc03381

で、とりあえす集会場所に到着…ここで香川のグループ(独自で車で来た)と合流…香川は適当なのぼりがないので「NAZEN香川」ののぼりを持って、若いのが参上!その他、四電前に来る「党派」でない方も来られていた、都合6人で結集!
Sdsc03382

広島からは、バス1台チャーターしてきたそうでゲソ…
Sdsc03387

大声を出して、川向うの徳島刑務所に居る星野さんにメッセージを伝える。
集会開始、主催者あいさつのあと、星野さんと「獄中結婚」した暁子さんが訴える。
Sdsc03390

再審の可能性が近づいてきたことにより、文昭さんと面会された時、「(獄中獄外の)壁が薄くなってきている感じ」をされたということだそうな。

続いて弁護士さんより、証拠開示や再審請求の状況について報告を受け、各地の「星野さんを救う会」からの報告…星野さんは獄中で絵を学ばれたのだが、その絵を全国の人に見てもらう会が、実は積極的に取り組まれている。高松でも8月23・24日に行い(その時私は体調不良で寝ていた)、100人もの参加者がいたそうな。他の地域でも、100名、200名単位の参加者を獲得している。

Sdsc03391

続いて「全学連」の斎藤琢弥委員著よりあいさつ…安保法制反対のため、9・13国会前デモを訴えた。
Sdsc03392

「星野闘争」は、大衆闘争であると同時に、当該の革共同にとって重要な闘争課題でもある…革共同を代表して、元全学連委員長の、鎌田雅史さん…おお、30年前のヒーローではなイカ!…しゃべりも当時の(といっても、私はユーチューブでしか知らないが)アジとほとんど変わらない、激しいものだ。

 総じて、戦争法案反対、安倍打倒、ゼネスト…と言った言葉が飛び交う…残念なことに、星野さんが闘った「沖縄」については辺野古現地闘争も含め、ほとんど語られていなかったが…三里塚については、71年頃に現地で一緒にいた世代の方が、よく語っていた。
Sdsc03395

さて、デモに出発~…主催者と他地域が第一てい団、中四国・関西で第二てい団を組む・・・総勢700余名だそうな。
Sdsc03398

とりあえず河原から出て…
Sdsc03399

橋を渡って、向う岸へ…
Sdsc03401

田舎街を、デモ…「星野さんを返せ!」「安保反対!基地撤去!(おお、なつかしいコールだ)」「安倍を倒すぞ!」「戦争法案粉砕!」
Sdsc03402

隣はこんな、田んぼなのだ。
Sdsc03403

そのうち、狭い道に入って、坂道になる…この坂を上らないと「徳島刑務所」には行けない。
Sdsc03404

で、デモ行進が一旦ストップし、星野さんへの「呼びかけ」が始まる…「星野さ~ん・・・会いにきましたよ・・・元気ですか・・・私たちも、元気です・・・毎日の闘争で・・・体を壊さないでくださ~い。受刑者の皆さん・・・がんばってくださ~い」と、ゆっくり、聞こえるように、大きな声で叫ぶのだ。
Sdsc03407

これが徳島刑務所の門前…星野さんの「闘姿」が、掲げられている。
ここを左折して、狭い道に入る…刑務所の裏に回るのだ。
Sdsc03410

これがまた、けっこうキツイ山道なのである。
Sdsc03414

マムシが出るのでゲソ…
Sdsc03415

獄内外を隔てる、コンクリートの壁…なのだが、私としては壁に「コールドジョイント」が入っているのが職業上気になる…へたくそなコンクリートを打ったのだろう。
Sdsc03416

壁を隔てて、こんなのどかな農村風景が見られる…しかし、星野さんはこの景色を見ることも出来ないのだ!
Sdsc03417

管理地だとよ・・・ああそうかい!
Sdsc03418

ようやく平場に出る…デモ隊もけっこうバラバラになっている。途中止まって、「呼びかけコール」を何回かしたからなぁ~
Sdsc03419

ようやく「平場」へ…ぶっちゃけた話、今の三里塚でデモする時よりも、アップダウンが大きく、自分で「大声」を出して星野さんに届けなければいけない分、疲れるのだぁ~
Sdsc03424

ようやく、乗って来たバスの所まで戻る…皆様、お疲れ様でした…バス乗車後、急に大雨になった…かと思うと、おひさまが指してきて、虹が見えた・・・これからの「星野闘争」の発展を祝うようかの虹だ…

ぶっちゃけ、この闘争、来れる時にはまた来たいと思う…しかし私が何度も何度も行くようでは、やはりイカんのだ!星野さんは無実だ!ただちに釈放し、再審を行え!virgo

|

« 「展望」第16号 落合論文ダイジェスト(その7) | トップページ | 革命前に出来るのは、「基本的なアウトライン」を描くだけ »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

誤字が多いです。

投稿: 鎌倉 | 2015年9月 7日 (月) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/61494283

この記事へのトラックバック一覧です: 星野さんをとり戻す!9・6徳島刑務所デモに決起!:

« 「展望」第16号 落合論文ダイジェスト(その7) | トップページ | 革命前に出来るのは、「基本的なアウトライン」を描くだけ »