« 高松・戦争いやだデモ | トップページ | 沖縄ヘイト番組をぶった切る!(前編) »

あるみさんの怒り3つ

 昨日から今日の報道で。3つも怒ってしまった。一つは26日、脱原発運動の砦、「経産省前テント」裁判の控訴審で、不当判決が出たことである。
レイバーネットより
国民の「抵抗権」を無視する裁判所~テント裁判、控訴審で不当判決

 地下鉄桜田門の駅を降りて裁判所に向うと、機動隊の装甲車が2台、ものものしく停まっている。その他にも警察車両が4台、その先には、私服警官が30人以上、多数の制服警官がたむろしていた。10月26日、経産省前テントひろば裁判の控訴審判決の日の情景だ。
 裁判所の前には200人を超える支援者が集まっていた。福島県双葉町の亀屋幸子さん(写真上)は、「テントがなかったら立ち直れなかった。私の第一の故郷は双葉町、第二の故郷はテントひろばだ。故郷をなくさないでほしい」と渾身の訴えをした。
 たんぽぽ舎の柳田真さん(写真上)は「テントを全力で応援してきた。テントができて原発に恒常的に抗議する場ができた。テントは国民の抵抗権、表現の自由権に基づいている」とテントの正当性を述べた。
 午後3時13分、裁判所前に不当判決が知らされる。テント撤去、賠償命令の判決だ。傍聴人の情報によれば、判決理由については何の説明もなく「控訴棄却」の一言で、裁判官は逃げるように法廷を去った。そのため法廷内は騒然となった。判決理由を求めて傍聴者は、法廷内で1時間以上にわたって抗議行動を続け、結局、強制退去の事態となった。
 判決に対して、弁護団は、最高裁への上告、テント撤去の執行停止、訴訟救助をただちに求めた。テント撤去の執行停止が通れば、テントの現状維持はできるが、これを通すのはかなり厳しいとの見方が弁護団からは示された。全国の反原発運動の情報発信基地、運動の結節点だったテントひろばをどう守っていくのかが問われている。


侵略脱原発の拠点、経産省前テントを、何としても守りぬこうsign03

続いては、伊方原発再稼働に関するニュース…朝日新聞より
愛媛県知事「絶対安全ではないが」伊方再稼働へ同意

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、中村時広知事は26日、再稼働に同意する意思を四国電力の佐伯勇人社長に伝え、県庁で記者会見を開いた。国の基準を上回る安全対策を四電に求めるなど県独自の取り組みについて解説し、同意判断の理由を説明した。県庁前では再稼働に反対する人たちが声を上げた。
 「非常に重い責任を伴う判断だ」。中村知事は午前9時半から県庁の知事応接室で四電の佐伯社長と会談。再稼働に同意することを伝えた。中村知事は「長期停止後の運転再開であることを特に留意し、安全確保に万全を期すこと」などと要請。佐伯社長は「原子力部門の全員が胸に刻んで順守を実行していく」と語った。
 直後の中村知事の記者会見では、冒頭から、
東京電力福島第一原発伊方原発との違いの説明に時間を割いた。福島の事故は「大きな津波で冷却機能を失った」ことが要因との認識を示したうえで、「伊方でも福島と同じことが起こるかというのが関心事だったが、津波という観点では福島とは同じことは起こらない」と主張した。「非常に重い責任を伴う判断だ」。中村知事は午前9時半から県庁の知事応接室で四電の佐伯社長と会談。再稼働に同意することを伝えた。中村知事は「長期停止後の運転再開であることを特に留意し、安全確保に万全を期すこと」などと要請。佐伯社長は「原子力部門の全員が胸に刻んで順守を実行していく」と語った。
 直後の中村知事の記者会見では、冒頭から、
東京電力福島第一原発伊方原発との違いの説明に時間を割いた。福島の事故は「大きな津波で冷却機能を失った」ことが要因との認識を示したうえで、「伊方でも福島と同じことが起こるかというのが関心事だったが、津波という観点では福島とは同じことは起こらない」と主張した。
 さらに、中村知事は「日本は資源のある国ではないのでエネルギーという観点では弱点を持っている」と指摘。「原子力発電所は絶対安全なものではないと考える。だが、原子力発電所に代わりうるコスト、出力、安定供給という3条件が満たされた
代替エネルギーが見つかるまでは最新の知見に基づく安全対策を施して向き合って行かざるをえない」との見解を示した。
 また、伊方町の山下和彦町長もこの日午前、町役場で四電の柿木一高副社長に対して、再稼働に同意する考えを伝えた。「非常に重い責任を伴う判断だ」。中村知事は午前9時半から県庁の知事応接室で四電の佐伯社長と会談。再稼働に同意することを伝えた。中村知事は「長期停止後の運転再開であることを特に留意し、安全確保に万全を期すこと」などと要請。佐伯社長は「原子力部門の全員が胸に刻んで順守を実行していく」と語った。
 直後の中村知事の記者会見では、冒頭から、
東京電力福島第一原発伊方原発との違いの説明に時間を割いた。福島の事故は「大きな津波で冷却機能を失った」ことが要因との認識を示したうえで、「伊方でも福島と同じことが起こるかというのが関心事だったが、津波という観点では福島とは同じことは起こらない」と主張した。
 さらに、中村知事は「日本は資源のある国ではないのでエネルギーという観点では弱点を持っている」と指摘。「原子力発電所は絶対安全なものではないと考える。だが、原子力発電所に代わりうるコスト、出力、安定供給という3条件が満たされた
代替エネルギーが見つかるまでは最新の知見に基づく安全対策を施して向き合って行かざるをえない」との見解を示した。 
 また、伊方町の山下和彦町長もこの日午前、町役場で四電の柿木一高副社長に対して、再稼働に同意する考えを伝えた。

 
 代替エネルギーもへったくれもあるかいsign03これまでずぅ~っと、伊方原発ナシで電力は足りてきたのだ。
 津波という観点では福島とは同じことは起こらない」と主張した。だと・・・伊方は津波よりも、中央構造線というでっかい活断層が沖合6kmのところにある。米軍機が近くに墜落したこともある。どんなことで「過酷事故」が起こるかなんて、分かったものじゃない。伊方で過酷事故が起これば、放射性物質は偏西風に乗って西日本一帯に広がる。また、閉鎖性海域である瀬戸内海は、汚染水で「死の海」と化す。
 STOP伊方原発再稼働!11・1全国集会in松山 に決起しよう。また11・29、30に予定されている四電本社抗議行動、高松大行動に集まろうsign03

 最後はやはり、沖縄県が「辺野古埋立て申請」許可の過程で瑕疵があったとして、その取消しを行ったことに対し、沖縄防衛局が国土交通省に「行政不服審査法」に基づいた「出来レース」の不服申し立てを行い(本来、「行政不服審査法」は、行政の不当な行為を国民が訴えてその権利を回復させるものであり、行政機関が行政機関に審査してもらうものではない)琉球新報電子号外より・・・
【電子号外】国、辺野古埋め立て代執行へ 国交相、取消処分は「違法」
  【東京】政府は27日の閣議で、米軍普天間飛行場の辺野古移設に関する県の埋め立て承認取り消し処分は「違法だ」として、地方自治法に基づく代執行の手続きに入ることを全会一致で了承した。国が地方公共団体の法定受託事務に対して代執行の手続きを取るのは初めてとなる。石井啓一国交相は同日午前の閣議後会見で「翁長知事の違法な埋め立て承認の取り消し処分は著しく公益を害する」として、県に対し28日に是正勧告文書を郵送する考えを示した。  石井氏は会見で「審査請求の審査過程で取り消し処分を公有水面埋立法に照らして、違法だと判断した」などと説明した。さらに防衛省が知事の効力を一時停止するために提出した執行停止申立書についても「普天間飛行場の移設事業の継続が不可能、飛行場周辺住民などが被る危険性を継続するなど重大な損害が生じる」などとして、防衛省の訴えを全面的に認めることも決定した。執行決定書は27日に発送し、沖縄防衛局に到着すると効力を発する。
 沖縄防衛局は14日に執行停止申立書と行政不服審査法に基づく審査請求を国交省に提出。県は防衛局に反論する形で21日にその意見書と弁明書を国交省に提出していた。【琉球新報電子版】


「代執行」とはぶっそうな響きだが、要するに自治体の行政力を国が抑え込んでしまうということだ…もちろん県も黙ってはいない。係争委に申し立てを行う。四国新聞より
 沖縄県、係争委に申し出へ/辺野古、法廷闘争へ発展確実に
 米軍普天間飛行場の移設先、沖縄県名護市辺野古沿岸部の埋め立てについて、石井国交相が翁長知事による承認取り消しの効力を停止したのを受け、沖縄県は27日、近く第三者機関の「国地方係争処理委員会」に審査を申し出る方針を固めた。
 一方、政府は「代執行」に向けた手続きとして、国交相が翁長氏に取り消し処分の是正を勧告する文書を28日に郵送する。
 翁長氏が勧告に続く指示にも従わなければ、政府は処分を無効にするため高等裁判所に訴えを起こすことができる。県も係争処理委で主張が認められない場合は提訴する方針。双方の対立が法廷闘争に発展するのは確実な情勢となった。

 もちろん、法廷闘争だって、簡単なものではない。まして11月から工事が再開される見通しが強くなった。現地での攻防もますます激化するだろう。
 この闘いを支えるとともに、「沖縄の問題は、自らの問題」ということで、ヤマトゥでの世論喚起が必要だsign03それぞれの地、それぞれの場所で、政府を弾劾し、辺野古基地建設を止めさせよう。安倍政権を、ぶっ倒そうvirgo

|

« 高松・戦争いやだデモ | トップページ | 沖縄ヘイト番組をぶった切る!(前編) »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/62243698

この記事へのトラックバック一覧です: あるみさんの怒り3つ:

» 辺野古のネルソン・マンデラ [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 昨日11月3日は大阪・扇町公園で開催された「団結まつり」に行ってきました。沖縄の基地問題や原発問題、戦争法・改憲反対、非正規労働問題などに取り組む労組や市民団体が毎年行ってきたイベントです。私も過去に何度か参加した事があります。今年は、翁長沖縄県...... [続きを読む]

受信: 2015年11月 4日 (水) 14時33分

« 高松・戦争いやだデモ | トップページ | 沖縄ヘイト番組をぶった切る!(前編) »