« 自民党「憲法改正草案」を読んでみる(その6) | トップページ | 仁杉巌氏を勝手に追悼する »

自民党「改憲草案」を読んでみる(その7)

さて、最後である…草案第十一章(現行憲法では第十章)「最高法規」規定である。現行憲法第九十七条には「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである」という、まことに「基本的人権」が永い年月と幾多の人々の闘いの歴史から勝ちとられたものであるという、歴史性と普遍性を持っていることをうたっているが、「草案」からはこの条項がすっぽり無くなっている。すなわち、自民党、支配階級は「基本的人権」など、屁とも思っていないのだ…これではっきりしただろう。世の中に差別や貧困がはびこり、格差が拡大する中、金融資本が収奪を貫徹するためには、「基本的人権」が邪魔なのだsign01だからこれらと闘うためには現行憲法第十二条にもあるように「不断の努力」をもって、「基本的人権」を守り抜くぞという立場に立たなくてはならない。
 「草案」第百一条(現行憲法第九十八条)は、「憲法が国の最高法規」であり、この「条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」と、②の条約、国際法規の厳守を述べている。もちろん「草案」は「基本的人権」はその気になれば制限し放題だから、現行憲法では「違憲」となる「人権侵害法」を作っても、「改正憲法」下では「合憲」になる場合がある…すなわち「公の利益」の名目の下、基本的人権をガンガン侵害する法律が作られることは間違いない。

 そして最後「憲法尊重擁護義務」がある。現行憲法第九十七条は「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と、いわゆる「立憲主義」の立場、すなわち「憲法が国家権力およびそれを行使する行政機関を拘束するもの」であるということを述べているのに対し、「草案」第百二条には「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない」と書かれている。2に「国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を負う」と付け加えられているが、現行憲法にある「天皇」「摂政」が抜けている・・・すなわち天皇は「憲法を超越した存在」として、憲法体制の外に「君臨」しているのだ。天皇を元首化し、「その威厳」をもって民衆を支配下に置こうとする意志は、明確だ。

 ところで年末の毎日新聞特集ワイド:自民党改憲案 アノ独裁国家そっくり という記事が載っている。
(1)「公民は国家の法および社会主義的生活規範を守り(中略)尊厳を守らなければならない」
(2)「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない」
(3)「国民は憲法および法律を順守し(中略)社会の公徳を尊重しなければならない」

(1)は朝鮮民主主義人民共和国憲法82条、(2)はいわずとしれた自民党改憲草案第102条、(3)は中華人民共和国憲法53条である…いずれも国民の憲法尊重義務を記載している…すなわち、「ネトウヨ諸君」が大好きな安倍ちゃんは、日本の憲法を自分たちが大嫌い(なハズ)の、北朝鮮や中国と同じような国にしようとしているわけだsign03
 記事中には
  もっともらしく聞こえるが、今の憲法にこんな規定はないし、主要7カ国(G7)首脳会議参加国のうち米国、英国、フランス、カナダにもない。残り2カ国、ドイツ、イタリアはナチズムやファシズムへの反省という歴史的理由から、自由や民主主義をうたう憲法の擁護義務を国民に課している。ちなみに韓国や豪州はもちろん、旧大日本帝国憲法にもない条文なのだ(ただし憲法発布時の「勅語」には「臣民は憲法に対し従順義務を負う」とある)。

 と、ごくごく当たり前のことが書かれている。いわば自民党改憲草案の根本的な欠点は、世界の人権と立憲主義のスタンダードから外れる…ということなのだ。

 7回に渡って自民党憲法草案を現行憲法と比べる形で批判してきた。基本的人権…自由権と生存権をないがしろにした上で、戦争がバンバンできる国、天皇の権威を引っ張り出し、国家・支配階級に都合の良い伝統等のイデオロギーの下、「国民」を統合してゆく国家像が明らかになったと思う…もちろん「改憲」のハードルが低くなるから、これ以上に民衆抑圧的な憲法を「国家のため」「公益のため」と称し、「資本主義の危機」「戦争の危機」が来れば作ることも可能なのだ。

後は「憲法改正後」の公布、施行とそれにかかわる手続きの附則である。

 さあ、2016年は、このような改憲をもくろむ安倍政権を、なんとしても民衆の力で打倒しようではなイカvirgo

|

« 自民党「憲法改正草案」を読んでみる(その6) | トップページ | 仁杉巌氏を勝手に追悼する »

かくめいのための理論」カテゴリの記事

コメント

敵はNHKにあり!(本能寺ではない)

NHKこそが悪魔そのものである。

悪魔は仏教の和合の真理の前に無力である。

「サル年は悪い習慣を止めるのにふさわしい年」
jp.sputniknews.com/life/20151231/1393831.html

地球人にとって最悪の習慣はテレビ視聴であり、宇宙最悪の悪魔テレビ局がイスラエルモサド直営NHK日本放送協会である。

イスラエルモサド総務省NHKがマイナンバー導入によって一気に日本人の銀行口座から30兆円超を窃盗し、それをテロ工作軍資金にして直ちに世界核戦争を起こして日本を含めてインフラを破壊し、窃盗犯罪事実を隠蔽しようという2016年NWO戦争ショックドクトリンを準備している。

イスラエルフリーメーソン悪魔の命綱がNHKである。NHKを日本国憲法違反で速やかに解体すれば、武器をまったく使用することなく平和を保ったまま地球から戦争と原発を永久に廃絶せしむることができる。

NHKをその手で実際に解体できるのは親孝行で他人に親切な和を以って貴しの日本国憲法主権者日本人だけであり、金剛不動不退転の忘己利他武士道慈悲仏心大和魂武士だけである。

われら仏心仏教徒日本人だけが宇宙に戦争のない和合の佛国土を真に打ち建てることができる。

殺(ころ)すなかれ、殺(ころ)さしめるなかれ。恨みは恨み無きによって消滅する。これが日本国憲法前文及び第9条である。

richardkoshimizu.at.webry.info/201512/article_188.html
______________

「若狭氏とフリッツ氏が、西ドイツと日本の憲法問題を話し合っていますが、フリッツ氏が、日本国憲法は国際法上、占領管理法であるからして、すでに「 失効 」していると指摘しています。」
^日本国憲法は「 憲法 」ではなかった!nueq.exblog.jp/25181764/

国際法上失効しているのは日米安保条約地位協定ですね。憲法は失効しません。

若狭氏もフリッツ氏もそんな虚偽のプロパガンダをわざわざやってるというのは、やはり一神教悪魔崇拝イスラエルNHKフリーメーソンの指令を受けてイエズス会ザビエル以来の一つ覚えで日本人向けにやっているのでしょう。

佐宗邦皇氏がすでにきっちり見破っています。日本人は仏教徒であることも含めてね。
【全編】佐宗邦皇代表「歴史的重大事件の裏に隠された驚くべき真相」 ワールドフォーラム特別講演
https://www.youtube.com/watch?v=Xk5oLfYjg9k


佐宗氏が指摘する中世歴史上の一神教フリーメーソンは信長、キリシタン大名、秀吉であり、仏教徒武士道日本人は光秀、家康です。
近代史のフリーメーソンは明治政府伊藤博文大久保利通井上馨岩倉具視福沢諭吉新渡戸稲造野口英世。。フリーメーソンは全員が小泉内閣以来の日本銀行券額面肖像に採用されてますねw次は吉田茂でしょう(大笑)。

古代天皇は原日本人仏教ムー大陸遺民ではなく一神教悪魔崇拝アトランティス遺民渡来人の血脈です。殺戮と略奪捕食だけを業とする下等な爬虫類遺伝子血脈ですねw
倭国大乱にみるように天皇位を争って権力や財宝や名誉という色欲煩悩の餓鬼地獄に自分もろとも周辺を引きずり込む悪魔が、仁徳を偽装して易姓革命を繰り返しているのです。伊藤博文国家神道万世一系の大嘘の根源は古事記日本書紀にあるのです。
福永晋三氏が万世一系という一神教悪魔崇拝天皇家の大嘘をムー遺民仏教徒日本人特有の智恵と厳然たる遺跡考証をもって明らかにしています。。

神武東征と江田船山古墳の主
https://www.youtube.com/watch?v=PGZk_SlJZEA
真実の仁徳天皇 2015年香春町講演会(改訂版)
https://www.youtube.com/watch?v=djfGLBD_6kY
_______

佐宗氏は何者かによって毒殺(どくさつ)されました。その後生前録画されたユーチューブにこんな題がつけられた。
「【天皇は偽物】現皇室の秘密を暴くと、早死します...1/2.」

佐宗氏が明らかにしたのは明治維新で「万世一系」がでっち上げだったということ。  

そして福永氏が明らかにしたのは日本書紀古事記の「万世一系」がでっち上げだったということ。

時は違えど両氏とも相手は同じ闇の悪魔イスラエルNHKが支配する犯罪組織ですから、佐宗氏と同じく福永氏にも同様のなりふりかまわぬ魔手が及ぶ危険を考慮せねばなりません。

その危険の本丸かつ悪魔が魔力のすべてをつぎ込んで潜む地球の中枢こそがほかでもないNHKそのものです。よってNHKが悪魔の本能寺です。
悪魔が潜む本能寺NHKを平和のために解体せよ!

・「天皇の陰謀 はじめに」大田龍
https://www.youtube.com/watch?v=0o6CWZySmyQ

・「二・二六事件 消された真実~陸軍軍法会議秘録~」
https://www.youtube.com/watch?v=_Yu70Jp1g5A

・「昭和天皇が見せた生涯で一度だけ激怒した姿 ~元側近が語る胸の内~」
https://www.youtube.com/watch?v=4cu5-yGnrFA

・昭和天皇 激動の半生 大正10年(1921)欧州ご訪問~平成元年(1989)大喪の礼
https://www.youtube.com/watch?v=PgFNYFqRnHI
大正10年(1921年)3月3日~9月3日 欧州ご訪問、同11月25日 摂政ご就任
大正12年(1923年)9月1日 関東大震災(11月の婚礼を延期される)
大正13年(1924年)1月26日 久邇宮良子女王とのご婚礼
昭和3年(1928年)11月10日 ご即位大礼
昭和7年(1932年)1月8日 桜田門事件、同2月26日 2・26事件
昭和15年(1940年)10月21日 紀元二千六百年記念観兵式
昭和20年(1945年)3月18日 東京大空襲の被災現場をご視察、同8月15日 玉音放送
昭和21年(1946年)11月3日 日本国憲法公布、同年~29年(1954年) 8月23日 全国ご巡幸
昭和33年(1958年)4月 大分高崎山行幸啓
昭和39年(1964年)10月10日 東京オリンピック開会宣言
昭和46年(1971年)9月27日 ヨーロッパご訪問
昭和50年(1975年)9月30日~10月14日 アメリカご訪問、同10月31日 公式記者会見(天皇初。日本記者クラブ主催)
昭和57年(1982年)5月18日 春の園遊会(山下裕泰、黒柳徹子)
昭和59年(1984年)4月 皇居勤労奉仕団に労いのお言葉
昭和61年(1986年)4月29日 ご在位60年記念式典でのお言葉(両国国技館)
昭和63年(1988年)1月2日 新年一般参賀でのお言葉、同8月15日 全国戦没者追悼式でのお言葉(日本武道館)
平成元年(1989年)2月24日 大喪の礼

・「天皇の金塊」高橋五郎
https://www.youtube.com/watch?v=q30FxQv2hXA&list=PLDA199CB2A3F05362
__________

昭和天皇は皇太子時代にイギリス訪問してキリスト教フリーメーソンに入信したバリバリのフリーメーソンであり、ゆえに大正の摂政時代からヒロヒトが行ってきたフリーメーソンファシズム独裁苛酷弾圧政治を、幕末に続いて再び回天しようと226昭和維新を決行した先祖伝来仏教徒大和魂武士道武士たちを、上記のように暗黒裁判捏造して天皇直裁の超法規詔勅で全員死刑に処したのです。

こうして大和魂虐殺殲滅のイエズス会フリーメーソンNWO5000年計画を昭和になってヒロヒトが実行しました。
和を以て貴しとなす佛天子(仁徳聖徳)天皇の名を汚す売国奴大量殺人犯がヒロヒトです。

政教分離の仏教と異なる一神教政教一致カルトフリーメーソンイエズス会が、手下ヒロヒトを使って太平洋戦争を起こして大量に殺したのがわれわれ大和民族のご先祖仏教徒なのであり、一神教政教一致カルトフリーメーソン悪魔の目的が人類起源以来人天の師釈尊に帰依する仏教徒の殲滅なので、今後も戦後日本フリーメーソン政府がイスラエルモサドNHKを使って日本国民から軍事テロ軍資金を騙し盗り続け、それを軍資金に仏心慈悲道徳大和民族正法佛徒日本人が地上に存在しなくなるまで世界最終核戦争ハルマゲドンに到るテロ攻撃を世界中で昼夜策謀し続けるでしょう。

つまり、NHKを解体すれば直ちにイスラエルモサドもアメリカCIAも軍資金が途絶えてすべての戦争から撤退するほか選択肢が無くなるというわけです。

日本人だけがNHKをわが手で解体できる。地球に永久平和をもたらせるのは日本人慈悲仏心大和民族菩薩常民だけということです。

悪魔が潜む本能寺NHKを地球平和のために解体せよ!

投稿: 通りがけ | 2016年1月 3日 (日) 20時22分

1~7回までおつかれさまでした。わかりやすく要約していただけて、ありがたいです。
なにやら、神道関係が子供の作文のようなコピーで改憲への賛同署名を募っていたようなので、初詣にイカなくてよかったです。あるみさんも(※良い意味で!)誰が書いたかすぐわかるスタイルですけれど、先客が貼り付けたRK(リチャード・コシミズ)信者の特殊な文章は誰がこしらえてるんでしょね。

投稿: cpd | 2016年1月 6日 (水) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/63260513

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党「改憲草案」を読んでみる(その7):

« 自民党「憲法改正草案」を読んでみる(その6) | トップページ | 仁杉巌氏を勝手に追悼する »