« 「憲法を」いじると「革命」が出てくるのでゲソ | トップページ | 北朝鮮が日本の大都市に「核」を撃ってくることは、まずあり得ない »

PAC3なんぞで「飛翔体」から守れるのか!?

 本日、北朝鮮がロケットによる人口衛星発射実験を行った…他の国、例えば日本が種子島から人口衛星発射を行っても何にも言われないが、北朝鮮が同じことをすると、ロケットは「事実上の弾道ミサイル」などと呼ばれる…これは「国連安保理決議」の1695(2006年7月15日)や、1718(同年10月14日)等で、北朝鮮に対して核実験や弾道ミサイルの開発・発射の中止をうたっているからである。もっとも「安保理決議」なんか全然守らないイスラエルは「経済制裁」も「非難」もなされないが、北朝鮮だとボコボコに叩かれる…すんげぇダブルスタンダードがあるわけだ。
 
 しかしそれにしても、毎回北朝鮮がロケットを飛ばす度、世界中(といっても、いわゆる国連を牛耳っている五大国+α)が大騒ぎし、日本では防衛官僚が大はしゃぎする…今回もまた、石垣島や宮古島にPAC3を緊急配備!一応北朝鮮は「どこどこに向けて飛ばします…この範囲が危険です」と国際海事機関(IMO)と国際電気通信連合(ITU)に「衛星発射」計画を通知してんだから、直接石垣島や宮古島を狙ってくるわけでは無い。こんなモンにアタフタして「ミサイル防衛演習」をすること自体、意味が無い。

 そもそも、コースを外れた「ロケット」や、そこから落ちた部品を精度よく撃ち落とせるのか?ミサイル防衛の実験なんぞ、いつ、どこで、どんなコースで発射されたか分かった上で、初めて迎撃に成功しているというのが実態である。
 
 「ミサイル防衛」で発射されたミサイルを落とすには、上昇段階(ブースト・フェイズ)、中間段階(ミッドコース・フェイズ)、終末段階(ターミナル・フェイズ)の3段階で、それぞれ使う兵器が違う…PAC3はその終末段階、ターミナル・フェイズで飛んでくるミサイルを捉え、破壊するものだ。なるほど、落ちてくるまでに弾道計算は終わっているし、落ちてくる物をレーダーかなんかで捉えて、迎撃ミサイルを誘導することも可能だろう。

 とはいえ、何らかの原因でコースを外れた物や、バラバラと落ちてくるもののコースを、観測結果を元に短時間で計算することなぞ、無理だろう。後は落ちてくる物をレーダーで捉え、誘導する方法ぐらいしか考えられない。

 ここでPAC3の実力とは とまとめられたサイトがある…ここを見ると・・・

ミサイルを迎撃するには「ピストルの弾をピストルの弾で撃ち落とすより速いスピードが求められる」と言われています。2010年までの自衛隊の試験でSM3は4回のうち3回、PAC3は2回のうち2回とも成功したそうですが、「やってみないと分からない」と言う防衛省幹部もいます。

おいおい・・・まぁしかし「百発百中」の兵器なんて、所詮存在しないからねぇ~

その前身は湾岸戦争時に使用されたパトリオットで、米軍は「命中率ほぼ100%」と宣言したが、これが真っ赤な嘘で、ポストルMIT教授(元国防総省顧問)が、米政府のビデオ映像を解析して「一発も当たっていない」と暴き、1992年の米議会会計検査院調査が「実際は9%以下」と公式に認めた。

まぁ、こんなモンでしょ…ということで、石垣島や宮古島にPAC3を配備しても、今回の「北朝鮮ロケット」に対しては何の威嚇にもならない…ま、先にも述べたように「訓練」にはなっただろうが、本当にミサイルで「奇襲攻撃」をするのなら、何もわざわざ「前宣伝」なんかしないだろうし、どこを狙うかも明らかにしないだろう…PAC3は「射程20㎞」と言われているが、それは迎撃ミサイルが飛ぶ距離であり、半径20㎞!の範囲を守れるわけではない…(実質数kmといわれている)…貼り付けたリンクにもあるように、政治や軍の中枢機能や重要な基地をミサイルから「ある確率」で守るだけにしか過ぎない。

とはいえ、「ミサイル防衛」は「弾道ミサイル」よりも開発に金と技術が必要である…持っているほうが相手の「核抑止力」を無効にできるので、核戦争に「勝つ」可能性が出てくることはいうまでもない。

 ヒロシマ・ナガサキの時代から、核の能力は各段に向上している…一発でも使われれば、その被害は測り知れないものとなる。当然、北朝鮮が「核開発」を行うことは反対であるし、長年の「経済制裁」「経済政策の失敗」で国民が飢えている時に、「宇宙開発」なんぞやっている場合でもない…が、その北朝鮮はまだ「核大国」のアメリカと「戦争状態」にあるのだ!米韓連合軍で毎年のように、対北朝鮮に対する合同演習が行われている。何世代も前の通常兵器しか無く、しかも石油不足で訓練もロクに出来ない北朝鮮軍が、核などの「大量破壊兵器」に手を出すなと言うこと自体、無理がある。

 金日成が死去してから、「北朝鮮危機」というのが高まった…しかしソ連が崩壊し、韓国が民主化した90年代に、米韓が「北朝鮮敵視政策」を止め、朝鮮戦争を「休戦」から「終戦…和平」に持って行けば、こんなことで今更騒ぐ必要など無かったのである。

 一方、安倍政権は、日本独自の強力な制裁を!とまたまた排外主義と戦争(経済制裁もまた、「戦争」の一形態である)をあおっている…こんなことはどちらか一方が止めなければ、エスカレートするばかりなのだ。

 北朝鮮のロケット発射を口実にした、北朝鮮敵視政策のエスカレーションと排外主義、」戦争策動を許さず、安倍政権の戦争国家化、憲法改正に対し闘おうではなイカ!

|

« 「憲法を」いじると「革命」が出てくるのでゲソ | トップページ | 北朝鮮が日本の大都市に「核」を撃ってくることは、まずあり得ない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あるみさんの主張

自分が反対しても北朝鮮の核開発はしょうがないことだし衛星を軌道に投入しないロケット発射体でも衛星発射実験名目だからOK

日本のミサイル防衛は効果があまりないからやるだけ無駄だし北朝鮮が反発するのでNG

これで沖縄に住む人間が安心して共感してくれると考えているのであれば
人のこころを考えることが不得意か都合の悪いことを言いつくろう癖のある
本当に深刻な精神疾患があるのかもしれない

投稿: まとめちゃん | 2016年2月 8日 (月) 10時36分

右系の主張の特徴として、「日本の悪口をすぐいうサヨク」は、中国とかロシアとか北朝鮮とか(問題によっては欧州とかの場合も)については、その主張を容認する(あるいは賛美する)と言いたがる、というものがあります。

上のコメントも、その範囲ですね。
もう一つ、上のコメントに固有の特徴は、「ミサイル迎撃は可能だ」と立論することなく、「安心して共感してくれる」とか「人のこころを考える」とか言っているところ。
「気休めでもベストを尽くしてくれれば、住民は安心するのだからさあ」って意味なんですかねえ。ぶっちゃけていうと。


ところで高村氏は、「300発同時に撃たれると撃墜できない」って言ったのでしたっけ?
実際のところは、抑止はPAC3でなく、アメリカの報復力なんでしょう。

投稿: kuroneko | 2016年2月 8日 (月) 11時11分

kuronekoさんへ

実際あるみさんは北朝鮮のロケット打ち上げ容認してますよね?

2009年4月以降のPAC3迎撃実験は失敗無しですよ?

北朝鮮はロケットを300発同時に撃つからPAC3は無意味って言いたいの?

あなたが何を言いたいのかよくわからないので上の疑問に答えて下さいお願いします

追記します
確認不足でいい加減な物言いを謝罪します
今回のロケットで軌道上に2つの物体が乗っています
数年で落ちる低軌道ですが何かが廻っているので
衛星投入実験成功の可能性があります
まだ成否不明の段階でしたごめんなさい

投稿: まとめちゃん | 2016年2月 8日 (月) 13時44分

北朝鮮は3年前から以下の主張なので怖いと思う
参考にどうぞ

朝鮮労働党中央委員会機関紙・労働新聞(2013/4/10)
「日本には数多くの米軍基地と原子力関連施設、軍事施設があちこちにある」と警告した。
戦時中の広島、長崎への原爆投下についても触れ、戦争となった場合には、
東京、大阪、横浜、名古屋、京都と5都市の名前を具体的に挙げ、
「1940年代の核の惨禍とは比べられない莫大な被害に遭うことは避けられない」
これらの地域に人口の3分の1が住み、特定地域への産業が集中しているため攻撃に弱いと指摘、
「これは、日本の戦争持続能力が 一撃で消滅 する可能性を示す。日本が戦争の火をつければ、日本列島全体が戦場に変わる」
と主張している。

投稿: まとめちゃん | 2016年2月 8日 (月) 15時44分

まとめちゃん さま

>実際あるみさんは北朝鮮のロケット打ち上げ容認してますよね?

 エントリーのどういう表現が「容認」ですか。
 
 ところでまとめちゃんさんはイスラエルのミサイル(あるいは核保有)を容認していますか。

>2009年4月以降のPAC3迎撃実験は失敗無しですよ?

 あるみさんのエントリーは、迎撃が不可能、と言っているわけではない。また、わたしのコメントは、「上のコメントに固有の特徴は、「ミサイル迎撃は可能だ」と立論することなく」と書いています。その時点でまとめちゃんさんが、ミサイル迎撃の有効性を論述していない事実は動きません。

 迎撃実験は実際のミサイル発射と同じ条件ではないことは、あるみさんが記事の中で言及している通り。「失敗なし」というなら、あるみさんの論述への反論をお願いします。

>北朝鮮はロケットを300発同時に撃つからPAC3は無意味って言いたいの?

 最初のコメントでたしかネームのところのリンクにURLを貼りましたが、最近の高村氏の発言は、北朝鮮のミサイル保有の言及して、日本のいたるところに向かって撃てる可能性があると言っているようですね。。そしてその抑止にはアメリカによる大量報復が必要で、安保法の必要性を語った。
 
 (引用)
自民党の高村副総裁は、福岡市内で講演し、北朝鮮が事実上のミサイル発射を通告していることを念頭に、「北朝鮮の指導者に、日本を攻撃したら、アメリカにたたき潰されると思わせるのが、最大の抑止力だ」と表明した。
また、「北朝鮮は、最低300発の中距離ミサイルを持ち、日本のほぼ全域を射程に入れている」と指摘したうえで、「限定的な集団的自衛権がないと、日米同盟がうまくいかず、北朝鮮の脅威から守れない」と述べて、集団的自衛権の一部行使を容認する、安全保障関連法の意義を強調した。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00315621.html
 (引用ここまで)

 政府は日本の迎撃ミサイルによって相手の攻撃力を無力化できると思っているわけでなく、抑止力はアメリカの報復によるとしているんでしょ。
 今回の自衛隊の出動は、実際のミサイル弾道に対応したものというより、一般的な実働訓練じゃないかしらん。

 北朝鮮が方向を発表しないでミサイル発射した場合、PAC3の配備で九州と北海道と同時に警戒できるのかな。下段のロケットの落下地点を示して警告するために、国際的には飛行ルートを発表する義務があるわけで、今回も北朝鮮は国際機関に通告しているわけですね。そのルートに従えば、沖縄上空を通って南へ向かうわけで、日本海にイージス艦配備するのは、方向違いなんじゃない?
 世論へのアピールというような要素が強いのではないか、と思います。
 
 北朝鮮の脅威を列挙するのはいいんですが、「理論的に一番安心なのは先制攻撃して北朝鮮の軍事政権を破壊することだ」って主張のネトウヨさんがでてきて、まとめちゃんさんに議論を吹っかけてきたら、どうするのかなあ、と思います。

 あるいは、安全保障のためにリスク軽減をはかって、原発をやめるというような議論については、どう答えるのか。

投稿: kuroneko | 2016年2月 9日 (火) 12時53分

kuronekoさんへ

お返事ありがとうございますよくかんがえて書きこみますので
よろしくおねがいします

1番目
「一応北朝鮮は「どこどこに向けて飛ばします…この範囲が危険です」と国際海事機関(IMO)と国際電気通信連合(ITU)に「衛星発射」計画を通知してんだから、直接石垣島や宮古島を狙ってくるわけでは無い。こんなモンにアタフタして「ミサイル防衛演習」をすること自体、意味が無い。」
「その北朝鮮はまだ「核大国」のアメリカと「戦争状態」にあるのだ!米韓連合軍で毎年のように、対北朝鮮に対する合同演習が行われている。何世代も前の通常兵器しか無く、しかも石油不足で訓練もロクに出来ない北朝鮮軍が、核などの「大量破壊兵器」に手を出すなと言うこと自体、無理がある。」
あるみさんの意見をみると北朝鮮の立場を擁護して認めるものだとおもいます
イスラエルのことはよくわからないです
核兵器を持っていて戦争につかうつもりなのか今開発中なのか現在休戦中?なのか
日本に核兵器を使うのに関係するのなら怖いので反対の立場になると思います

2番目
ミサイル迎撃の有効性なのですがPAC3の迎撃試験をさがしたら以下のまとめがありました
http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50666618.html
あとニュースでは
●自衛隊は沖縄本島に加え、飛行コースに近い先島諸島の石垣島と宮古島に迎撃ミサイルPAC3を配備し、万が一、落下物などがあった場合に備えることにしています。
と報道していましたので北朝鮮から沖縄の方向にくるのが確定している状態で有効性が無いというのはよくわかりません
あるみさんも配備はするなといっているわけではないと思いますし100%確実にミサイルを撃墜できないのなら配備するなとはいってないのですから
それこそ北朝鮮が100%確実にロケット発射を成功できるとも断定できない事だと思いますので
何で(万が一の失敗対応)迎撃にそなえるのを批判しなければいけないのかと思ってしまいます

3番目
300発同時攻撃するとは言ってないみたいだし今回のロケットに対しては止めさせるために配備してるわけではないから
PAC3の配備を抑止の役に立たないと批判するんはおかしいんじゃないかな

ネトウヨがそのへんな因縁をつけてきたら
攻撃にそなえるけど軍事政権破壊のために戦争をしかけることはできないですと答えます

原発と安全保障とリスク軽減の議論はよく調べて考えないとわからないのでまだ答えられないです
時間もかかるとおもいますので今書けといわれるとできないですごめんなさい

投稿: まとめちゃん | 2016年2月10日 (水) 10時28分

まとめちゃん さま

 お返事ありがとうございます。
 長くなりそうなので、自分のところで記事をあげました。
 大日本帝国と北朝鮮
 http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-12127139936.html

 あるみさんが、北朝鮮の「ミサイル」を「容認」しているのかどうかという論点だけ、話を続けます。

 あるみさんの議論は、北朝鮮が「ミサイル」を防衛力として選択した理由を述べたものでしょう。相手の立場を想像して、その行動の理由を述べるのを、「容認」と呼ぶのはどんなものか、と思うのですね。わたしはイスラエルの核保有についても、「通常兵力の増強は、人員その他、それを補充するのに限度があるから、突出した技術力を利用して、核兵器とミサイルの体系で周辺各国の軍事力に対抗する軍事的合理性があるだろうな」と判断していますが、それを「容認」しようとは思いません。イスラエルの立場になってその行動の理由を考えることはしても、それを「容認」する態度と言われると、異議があります。

 北朝鮮の核は、軍事的観点ばかりでなく、政治的な交渉カードとしても開発を進める理由が北朝鮮にあるし、それに対して国連安保理も無視をすることはできない。北朝鮮は、対アメリカ、対世界の主要国に対する外交カードとして、軍事での冒険と自国民の困窮を交渉材料に使おうとしている。餓死者が出るまでの経済制裁は、他の国でもためらわれますからね。ちゃんと国民を食わせてから、ミサイルでもロケットでもあげろよな、と思いますが、現実には、政治の延長としての軍事技術開発をしてそれを外交交渉の道具に使おうというわけでしょ。
 ミサイル開発を「断固認められない」とか「国際世論を無視して」とか、口で言っていればいいものではないでしょう。

 軍事に疎いので言い張りはしませんが、軌道がそれて日本国土に被害が及ぶ事態の防止としてミサイル迎撃ができるのかどうか。当てになった話ではないと思います。
 「これを機会にミサイル部隊展開訓練をします。北朝鮮の協力に感謝しますw」って声明を、政府が公式に出すわけにもいかないでしょうが、実際上はミサイル実験をかねて北は衛星打ち上げを試み、日本政府はそれを利用してミサイル迎撃システムの必要性について広報した、というところではないか。ネタ系ブログを書いている立場では、そう見えます。
 現実には、日米政府とも抑止となるのは大量報復の可能性であって、迎撃ミサイルによる北朝鮮ミサイルの無力化ではないと思っているのではないか。
 しかし、軍事技術開発を交渉力として利用しようとする北朝鮮の姿勢は変わらないだろうから、少なくとも日米から先制攻撃はしない宣言をするぐらいの政治アクションはしてもいいと、わたしなどは思いますけどね。
 また、北朝鮮は日本にだけ挑発的にミサイルを撃って、それ以外の軍事行動をしないなどということは現実的にはあり得ないでしょう。日本が攻撃されるということは再度の朝鮮戦争になる可能性が大きい。ですから韓国を度外視して危機を言い立てるのは何か変。北朝鮮が挑発するほど日韓関係の強化につながるように演出していく外交が必要だと思います。

投稿: kuroneko | 2016年2月11日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/63841828

この記事へのトラックバック一覧です: PAC3なんぞで「飛翔体」から守れるのか!?:

« 「憲法を」いじると「革命」が出てくるのでゲソ | トップページ | 北朝鮮が日本の大都市に「核」を撃ってくることは、まずあり得ない »