« 脱原発デモでゲソ~ | トップページ | 3・19戦争いやだデモ »

広河隆一「チェルノブイリと福島」

あーなんか今週は忙しかったので、ブログを書かなかったら、コメント欄が掲示板状態になってるでゲソ~(別にいいけど)

で、琴電瓦町駅に「起死回生」をもって出た3つ目の商業施設「瓦町FLAG」 8階アートステーションギャラリーにおいて、4日~6日までフォトジャーナリスト広河隆一さんの「チェルノブイリと福島」写真展が開催されていたのだ。
S20160307

これ、後できがついたけど、琴電の駅にもポスター貼ってあったんですね。ちなみに主催はNPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト …渡辺さと子さん達が福島の子どもたちに保養の場をあたえようと取り組んでいる団体です。

 で、6日の2時からは、広河隆一さんの講演会が催された…そのため「脱原発デモ」は12時に四電前出発、瓦町でちょっと街宣集会…という形をとったのだ。

Dsc04181

 講演会の前に、写真を見る…やはり衝撃だったのは、チェルノブイリで事故後10年後に甲状腺ガンに罹患した少女の写真…事故の時、たまたまプリピャチの街に居たのだそうな…事故後5年もたたないうちに、福島における甲状腺ガンの罹患率は増大した・・・それでも「専門家」達は「スクリーニング効果だ」とかなんとか言って、原発事故との因果関係を否定し続けている・・・そんなこと言っているうちに、あの事故で高い放射性プルームに覆われた地区では、これから甲状腺ガンや様々な病気が増えて来るであろう・・・ということを予感させる写真だったからだ。

 その他、人が住めなくなって完全に廃墟と化した、プリピャチの街と、福島の浜通りの街が、完全にダブっている…

 で、写真を見てから、講演会…入場料500円…

Dsc04182

それにしても人は集まった…狭い会場に100名ぐらいだったそうな…脱原発デモに参加してくれた徳島の方も、デモには30人ぐらいしか来ないが、集会に100名参加するのはなんでsign02・・・と不思議がっていたそうな。
Dsc04186

広河さんは「活動家」じゃなくてジャーナリストだから、しゃべりは少しボソボソしているが、内容は重要なので、みんな必死で聞いている。

とはいえ、こっちはメモの用意をしていないから、今や広河さんがどんなことを言ったのか完全な記憶は無い…

 チェルノブイリ事故が起こった時、広河さんはパレスチナ問題の取材で、情勢が悪化していたレバノンに居たのだそうな。
 そのうち、チェルノブィリにも行き出した…講談社から立ち上げられた写真雑誌「DAYS JAPAN」に協力するも、数年後に講談社は手を引き、今のDAYS JAPAN を引き受けてもう12年になる。

 今、やはり「放射能安全キャンペーン」が吹き荒れ、またそれに警鐘を鳴らすDAYS JAPANにも、写真誤用(誤ったキャプションを検証せずそのまま掲載してしまった)ことがもとで、バッシングを受けているのだという。
Dsc04187

これ、「放射能安全キャンペーン」の実例と反論…
Dsc04188

専門家の協力を得て、市民が計った放射線量の高いところをプロットしたもの…この「プロット」という作業、なかなか馬鹿にできないもので、様々な原子力施設とガンの発生の関連性を裏付ける資料が出来るそうな…具体的には、ガンや白血病にかかった人が住んでいた場所を「プロット」してみれば、明らかに「原発事故」と関連していることが分かる…愛国のウィンズケールでの事故や、スリーマイル事故ですでに実証されてきたことだそうな(この辺、うろ覚え)

ま、とにかく講演会と質疑応答が終わったのが4時頃…ホントはここに来た100名に対して「じゃぁこれからデモに行こう!」と呼びかけるようなスケジュールにしたほうが良かったのでは…と思うのだが、日曜夕方からのデモは人が来ないだろうと判断したのだそうな。

集会で気分を盛り上げて、そこからデモへって、けっこう普通にやってると思うんだけどなぁ~




|

« 脱原発デモでゲソ~ | トップページ | 3・19戦争いやだデモ »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/64401709

この記事へのトラックバック一覧です: 広河隆一「チェルノブイリと福島」:

« 脱原発デモでゲソ~ | トップページ | 3・19戦争いやだデモ »