« 伊勢志摩サミットに反対しよう! | トップページ | 「逃げ遅れる人々」上映会 »

福島に「被ばく者手帳」を!

 この発想は、私にも出て来なかった…原発事故の被災者が「被ばく手帳」の交付を求める闘いに立ち上がっている…東京新聞WEBより
 
 福島に「被ばく者手帳を」医療補償求め市民団体発足

 東京電力福島第一原発事故の被災者向けに「被ばく者手帳」を国に交付させ、医療や健康診断を無料で受けられるようにしようと、「福島に被ばく者手帳を作る会」が設立された。四月十六日午後一時からビッグパレットふくしま(郡山市)で設立説明会を開き、会員や賛同者を広く募る。 (坂本充孝)
 現在、福島県は十八歳以下の医療費は無料。さらに事故後に始まった県民健康調査で事故当時十八歳以下で甲状腺がん、その疑いがあると診断された人には、調査名目の予算で手術費などをサポートする制度がある。しかし、これを超える年齢の県民には原発事故に関わる特段の医療費補助はない。
 「作る会」の発起人代表は、郡山市で広告代理店を経営しフリーペーパーを発行する三田公美子さん。顧問に佐藤彌右衛門・会津電力社長、吉原毅・城南信金相談役、河合弘之弁護士、民俗学者赤坂憲雄氏らが名を連ねる。
 設立趣意書によると、会の目的は、原発事故で放射線被害を受けた福島県民に、原爆被ばく者と同等の公的医療保障を確保するよう国に要求し、法律を作らせることや、恒久安定的な制度として実行させることなど。
 具体的には、被災の証明書ともなる手帳を交付させ、手帳を提示した者が、全国で医療費を免除され、無料健康診断を受けられる権利の取得を目指す。
 手帳交付の対象者は、原発事故当時に福島県にいた人、事故後に救助、収束作業などで福島県に入った人が中心。細かな線引きは今後の議論で詰める。三田さんによると、現在の会員は約五百人。県外からの賛助会員も集まっているという。
 三田さんは「原発政策を容認し、環境を汚した責任は日本人すべてにある。特に子どもたちには申し訳ない気持ちでいっぱいだ。国は原発事故による健康被害の存在を一切認めないが、将来にわたって補償させる制度を、子どもたちへの謝罪として作っておきたい」と話している。

 問い合わせは、三田さんが経営する企画室コア=電024(961)8822。

 確かに今の「被ばく医療体制」はあまりにもお粗末かつ、「原発事故による影響は(たいしたこと)ない!」という結論を導きだすため、市民を勝手に「モニタリング」しているだけに見える。いくら二巡目で甲状腺ガンが見つかっても、早期に詳しい検査をしたからたまたま見つかっただけ…とのたまう連中が牛耳っている。
 そんな中で、「被ばくと疾病」は十分関係があるとして、その補償を求める…その第一歩として、広島や長崎の原爆被爆地で発行されている「被ばく手帳」を交付してもらい、医療費の無償化、無料の健康診断を受ける権利を主張することは、大変だがとても意義があることだと思う。

 発起人代表に、あの城南信用金庫の相談役、吉原毅氏や、映画「日本と原発」 を作った河合弘之弁護士が入っているのが、頼もしいhappy01

 ぜひともこの運動を支援してゆきたいものである。

|

« 伊勢志摩サミットに反対しよう! | トップページ | 「逃げ遅れる人々」上映会 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

こんな指摘も・・・。
「福島に被ばく者手帳を作る会」発起人たちの素性
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:S0byYqLEZiwJ:renree.blogspot.com/2016_03_01_archive.html+&cd=14&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

投稿: 菅原 | 2016年4月18日 (月) 16時32分

管原様、貴重な情報をありがとうございます…どうも玉石混交のような運動体ですね。

投稿: あるみさん | 2016年4月18日 (月) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/64925235

この記事へのトラックバック一覧です: 福島に「被ばく者手帳」を!:

« 伊勢志摩サミットに反対しよう! | トップページ | 「逃げ遅れる人々」上映会 »