« カヌー教室で転覆でゲソ。 | トップページ | 伊江島に行ってきた… »

シュワブ前666日目

今日はシュワブ前テントに行くことにした。名護から9時台のバスに乗り、第2ゲート前で下車。運良くテントから第3ゲート方面に監視&抗議にむかうデモ隊が舗道を歩いて来たので、そこに合流。コールしながら第3ゲート前へ。ここは海上工事の様子が良く見える所だ。
見た感じ、フロートは撤去されていた。しかしまだ完全には撤去されてないらしい。台船もそのままだ。何でも3週間ぐらいかけて撤去するらしい。台風とかが来る場合、2~3日で撤去してしまう...明らかにサボタージュであろう。もっとも、海に設置したブロック等をちゃんと撤去するのなら、そのくらい時間がかかるのではあるが。
台船等も1日置いておくだけで、作業員を張り付けておかねばならず、1日百万単位の金がかかる。3台の台船1ヶ月、作業無しで置いていても3千万だ!とっとと撤去してその金を熊本の被災地に回せという声が出る。
何人かがアピールした後、名護市議員の大城さんが「ここには沖縄戦当事、収容所があって、そこで亡くなった方の遺骨がねむっている。きちんと調査する必要がある」と述べられた。
その後、もときた道を戻って、シュワブ前テントへ…今日が666日目であることを示す看板がある。
天気は良好…日焼けしないようさっさとテント内に入り、木の板を渡した椅子に座る。辺野古の島袋オバーが近くに座っていた。
山城博治さんは今、辺野古の闘いを全国に広めるべく飛び回っているので、瀬長さんの司会でいろんな人が挨拶する。まず当面の目標として、県議会選挙で「オール沖縄」勢力を増やすことだ。また、沖縄の自民党候補予定者は、「自民党隠し」を巧妙にしている…例えば顔と名前だけのポスターで、どこにも自民党と書いていない…また「翁長は自民党を裏切った」ということも言っているようだ。中身は反対で、そいつらが沖縄を裏切ったというのが正解なのだが。
そのうち私の自己紹介…香川から辺野古埋め立て土砂を出させない運動をしている他、伊方原発再稼働阻止がいよいよ急務であること、野党統一候補(ようやく共産、社民、民信の予定候補者が出揃い、一本化に向けた調整が始まること)等を述べ、なかなか辺野古基地建設反対を押し進める状況ではないが、全国連絡協議会の取り組む土砂搬出反対署名や、ビラ撒き等を行う…と表明した。
辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会は、4月19、20日に沖縄、本部の団体と共に沖縄で交流会を開催した。それにあわせて連絡協議会の冊子を作ったのであるが、早速シュワブテントで販売されていた。お昼休み、それを購入した人から「サインをください」と言われびっくり。私ゃこれにはほとんどかんでないのに…それべも裏表紙に「土砂搬出阻止!辺野古基地建設反対!普天間無条件撤去!」と書いてあげた。

昼食をはさむと、人が大分少なくなった。4月に行われていた「辺野古総合大学」では、200名もの人が集まったこともあるそうな。午後は替え歌やパフォーマンス、各人の喋りに費やされた。わたしの所にもまた回ってきたが、まさか「侵略のススメ」や「がルパン、カチューシャ(これは半分軍歌である)」を歌うわけにもいかず、四電前抗議行動で歌われている替え歌もあやふやだ…と、いうことで、国家の起源(遊牧民が農耕民を支配することで国家が出来た)と、日本国の始まり(7世紀に倭が滅んで唐の律令を取り入れた日本国が出来た)を話した。まあ評判はそのそこだったか?

3時半にはゲート前行動は終了…みんなで輪になって「座り込め」や「沖縄を返せ」等を歌ってお開き…第2辺野古バス停から、名護市内に戻った。

|

« カヌー教室で転覆でゲソ。 | トップページ | 伊江島に行ってきた… »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/65279473

この記事へのトラックバック一覧です: シュワブ前666日目:

« カヌー教室で転覆でゲソ。 | トップページ | 伊江島に行ってきた… »