« 京都鉄道博物館侵略(その1) | トップページ | 京都鉄道博物館侵略(その3) »

京都鉄道博物館侵略(その2)

 では、博物館の2階に行ってみよう…ここは前身の大阪環状線弁天町駅にあった「交通科学館」のごとく、いろいろ体験できるコーナーなのだ。
 その前に、2階から俯瞰・・・
Dsc04819

Dsc04821

あらためて、凄い人出だなぁ~
Dsc04820

各種新幹線鉄道が並ぶ…
Dsc04823

山陽新幹線のCTC制御版体験コーナー
Dsc04824

ダイヤグラム印刷機・・・こんなのがあったんだ!
Dsc04828

これは「列車を安全に走らせよう」という、レイアウト…子どもに列車制御をさせるらしい。
Dsc04829

運転シュミレーターも、大人気…
2階にはレストランもあるのだが、1時を過ぎても超満員…結局この日はほぼ昼飯ぬきとなった…あらかじめお弁当とか用意して、下のギャラリーみたいな所で食べるのが正解だろう。
Dsc04830

関西の電車コーナー…京都の路面電車さよなら運転のもの
Dsc04831

南海電鉄「こうや」号
Dsc04832

阪神、旧ジェットカーでゲソ…
Dsc04834

旧国鉄電車いろいろ・・・
Dsc04835

「新快速」マークでゲソ…
Dsc04836

その他サボ…
Dsc04837

昔の「三段寝台」…これに乗ったことはないが、ホント狭かったんだね。
Dsc04838

コンテナの中身って、こんなふうに積まれているのですね。
Dsc04840

貨物列車いろいろ・・・
Dsc04841

貨物特急「たから」のヘッドマーク
Dsc04842

実は新幹線より、貨物列車のほうが長い・・・という展示。
Dsc04845

鉄道ジオラマコーナー…というレイアウト展示。1時間毎に「アトラクション」と称して動かすのであるが、次回アトラクション見学者はもう「満席」で、外で並んでいた。
Dsc04847

Dsc04848

これだけのものがあれば、大したものだ。
Dsc04849

「鉄道と文化」コーナーにある、昔のお茶のみ…私は右下のプラスチックのやつでお茶を飲んだ世代である・・・今はコンビニや自動販売機のペットボトルにその座を譲っている。
Dsc04850

鉄道模型やジオラマも、やっぱり「文化」なの…でもなぜディーゼルカーが脱線している?その他、DVDや書籍、鉄道推理モノなんかが展示されていた。
Dsc04851

昔の改札口の再現・・・
Dsc04853

現在の改札口…
Dsc04854

3階はギャラリーとなっている他、こんな「お食事場所」があった…おそらく普段は「会議室」に使われている部屋なのだろう。
Dsc04855

交通科学館時代からある、図書室…いろいろ閲覧できます。
Dsc04856

2階に下り、展望デッキへ…
Dsc04858

京都駅方面を望む・・・
Dsc04860

「スーパーはくと」と、新幹線でゲソ…
Dsc04862

もともとこの博物館…梅小路機関区の蒸気機関車館の隣を「再開発」してできたものである…よって「梅小路機関区」の扇形車庫も健在である・・・次回はそこに行ってみよう!

|

« 京都鉄道博物館侵略(その1) | トップページ | 京都鉄道博物館侵略(その3) »

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/67033009

この記事へのトラックバック一覧です: 京都鉄道博物館侵略(その2):

« 京都鉄道博物館侵略(その1) | トップページ | 京都鉄道博物館侵略(その3) »