« 本日付で会社を辞職…大阪に帰るでゲソ | トップページ | 高松19日総がかり行動 »

辺野古訴訟、国側勝訴を弾劾!

 沖縄県が辺野古埋立許可を「瑕疵がある」として取り下げたことは違法だとして、国が沖縄県を訴えた裁判の判決が、昨日あった。予想どおりの「反動判決」である。沖縄タイムスより…
裁判長「普天間の被害除去には辺野古しかない」 辺野古訴訟、県は上告へ
 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、石井啓一国土交通相が翁長雄志知事を訴えた「辺野古違法確認訴訟」で福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は16日、国側の請求を全面的に認め、県側敗訴の判決を言い渡した。多見谷裁判長は「普天間飛行場の騒音被害を除去するには、辺野古に新基地を建設するしかない」と指摘。翁長知事が下した辺野古の埋め立て承認取り消しの違法性を認め、国の是正指示に従わず違法に放置していると認定した。
 在沖海兵隊の地理的優位性や抑止力などを理由に埋め立ての必要性を認めるなど、国の主張に沿った内容であり、県民の反発が高まるのは必至だ。
 辺野古の埋め立て承認や取り消しを巡り、司法判断が下るのは初めて。県側は判決を不服として、23日までに最高裁へ上告する方針で、年度内にも判決が確定する。 訴訟では知事が取り消し権を行使できる裁量や、国が都道府県の事務に介入できる範囲が争点となった。
 判決は承認取り消しについて「処分の違法性を判断するには、仲井真弘多前知事の承認処分を審査する必要がある」と指摘。「前知事の判断に瑕疵(かし)はない」とし、翁長知事の取り消しは裁量を逸脱しているとした。 国交相の是正指示は「都道府県の法定受託事務の処理が違法であれば、指示が許可される」と述べ、適法と判断した。多見谷裁判長は、埋め立て承認の要件を定めた公有水面埋立法に、国防・外交に関わる事項も含まれると指摘。知事の審査権が及ぶとしながらも、「国が説明する国防・外交の必要性について、具体的に不合理な点がない限り、県は尊重するべきだ」と強調した。
 辺野古埋め立てによる新基地建設については「沖縄県の負担軽減に資する」と国側の主張を採用。沖縄の民意について「建設反対の民意に沿わないとしても、普天間飛行場などの負担の軽減を求める民意に反するとはいえない」とした。
 その上で「新基地建設は県民の民意に反し、地域振興の阻害となる」とする県側の主張を退けた。
 飛行場の騒音被害は「深刻な状況」と認定する一方、新基地建設をやめた場合は被害が続くと警告した。
「沖縄の声なぜ聞かない」判決受け集会
 名護市辺野古の新基地建設に反対する「オール沖縄会議」は16日、辺野古違法確認訴訟の判決を受けた集会を裁判所前の城岳公園で開き、参加した1500人(主催者発表)が「不当判決や政府、権力に屈せず新基地を阻止しよう」と翁長雄志知事を支え続けることを確認した。21日も午後6時半から県庁前県民広場で抗議集会を開く。 共同代表の高里鈴代氏は「不当判決に怒りを持って集会を開く」と呼び掛けた。登壇した県選出野党国会議員や市民団体の代表者からは「司法は沖縄の声を聞かない国と同じなのか」「民主主義の重要さを国内外に訴えよう」などの声が上がり、シュプレヒコールで辺野古阻止の継続を確認し合った。

 まったく、国側の「これまでの主張」を一方的に繰り返すだけの、醜い、そして内容の無い判決である。また県側が用意した代理人への尋問を一切していない、一方的なものだ。
 また本来であれば、県側が「埋立承認に瑕疵があったので、それを取り下げた」と主張しているわけだから、国側は「瑕疵はなかった」ということが争点にならないといけないハズだ。それがすっぽり抜けている。

 果たして国側は「瑕疵がなかった」ということを証明できたのであろうか…まぁ、出来る訳ないだろう。2013年の末に、当時の仲井間知事と東京で「密談」して決めた埋立承認だからな。

 もっともこの反動判決が出ることは大いに予想された。なにぶん裁判を担当した多見谷裁判官は、三里塚の市東さん農地取り上げ裁判 で「大活躍」したヤツである。そんなヤツがわざわざ沖縄に派遣されて、「国策」と闘っている沖縄を相手に判決を出したのだから、ある意味「当然の判決」とも言えよう。

 県側はさっそく上告し、最高裁で争われることになる・・・しかし、安保に関して法的判断をこれまで放棄してきた最高裁で、この判決がひっくり返るとはとても思えない。上告は棄却され、判決は確定するだろう。その間数ヶ月、辺野古の工事が止まるものの、確定判決後(いや、国の高江でのやり方を見ていたら、判決がでないうちから)工事を再開してくるに違いない。

 ただし、沖縄県側も「あらゆる手」をつかって、…工事のための保安林解除を認めないなど…工事着手できない方法を考えているだろう。また、今高江で闘っている人たちも含め、それ以上の人たちが辺野古にかけつけ(辺野古のほうが行きやすい)、工事の阻止行動をとるであろう。

 問題は「本土」の側である…本土世論が結局「多見谷判決」と同じ(「無関心を決め込む」ことは多見谷判決の論理を認めることになる)であれば、なにも変わらない。折しも選ばれた民進党新代表、蓮舫議員は「辺野古基地建設推進」を掲げている(なぜか対立候補の前原氏、玉木氏は違いをだすためか「辺野古見直し」を掲げていた)…このような野党第一党に頼るわけにはいかない。

 「本土」における沖縄の自己決定権を認めさせるための、「本土の人々」の闘いが求められているのだvirgo

|

« 本日付で会社を辞職…大阪に帰るでゲソ | トップページ | 高松19日総がかり行動 »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

たぶん本土の人間は基地反対運動をしらけた目で見てる

★ヘリパッド抗議の活動家が勝手に道路で検問、追い返された地元住民がブチキレ

昨日、名護警察署の刑事課が来ました。
昨日アップさせて頂いた僕のブチギレ事件についての聴き取りです。
本日は、早速沖縄タイムスと琉球新報の朝刊に犯罪者として報道されています。
ヘイワな抗議者が、激高した東村民を名乗る男に一方的に殴られて負傷したという内容。記事はコメント欄に添付します。
これだけ見たら、僕は筋の悪い傷害事件の犯罪者です。

名護署には恨みはありません。
与えられ、制限された中で、一生懸命やっています。
ただし、今の高江はもう住民のものではありません。
幼い子供二人を連れたファミリーを観光に連れていつもの道を、いつもの通り通過しようと思ったら、急に前に立ち塞がって、お前らは通るな!と5人に取り囲まれた。
 僕は車から引きずり降ろされた訳ではありませんが、車内で子供が怯えて泣いている中、外に出て、「これは観光だよ、どうみても工事関係者に見えないでしょ?」と伝えたのに、小柄の大宜味村から来たというおっさんが「Uターンしろ!」と小突いてきた。
 もみ合いになったところで、僕がブチ切れたので、このおっさんを突き飛ばした。
そうしたら、横から「暴力ふるったぁー!」って大騒ぎになり、本土のおばさんが僕の顔面に携帯(カメラ)を突きつけてきた。
僕は、無断撮影に怒って、カメラを取り上げようとしてもみ合って、取り上げたカメラをヤブの中に放り投げたら、今度はおばさんも殴られたと大騒ぎ。
「お前ら車から離れろ!」と言っても離れないので、急発信してビビらせたら、ビックリして横に退いたというのがすべての「事実」
マスコミなら、片方の「事実」だけを報道するべきではないと思うのです。
 ちなみに、今回は、僕は傷害事件で逮捕されるでしょう。初めて名護警察署にお世話になりますが、これも仕方ないと思っています。
 抗議テロリストの「ヘイワ」のために、東村民の平和が踏みにじられてはいけない!
 僕はその犠牲になることで、未だに眠っている沖縄県民の良心に火が付けば、僕の名誉なんてどうでもいい。
だから、「えん罪」だとはあえて言わない。
 それでも、僕は今でも、「正当防衛」であったと信じていますが、共産党には凄腕の議員や弁護士達がいます。
警察署とて、捜査せざるを得ない。
問題は、相僕にはお客様だけ。でも、迷惑はかけない。
証言は取らない。
僕のことをご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。
でも、僕に殴られた人は何人?
口は悪いかもしれませんが、その辺を歩いている無実の人を捕まえて、病院送りにする訳がない。でも、理不尽なこと、弱い者に危害が加えられることには黙っていられません。
琉球新報報道
男が抗議市民殴る 2人けが 車止められ激高手には目撃者が5人。

投稿: まとめちゃん | 2016年9月19日 (月) 12時23分

そりゃ反対運動に来ている人全てが「聖人君子」であるわけでもないので、中には地元住民に罵声をあびせたりするような人間もいるでしょう…それに沖縄タイムスでも報道されましたが、「抗議行動」によって道路が渋滞し、ちょうどパイナップルの収穫時期なので高江の人達が反対運動に不信を抱いている…なんて記事も載っていました。
 ただ、分かる人は「あくまでも工事を強行する側(防衛省と機動隊)」ということが分かっているので、こういった「ネガティブ」な情報を拡散されても、「本土の人間は基地反対運動をしらけた目で見てる」ということにはならないでしょう…ただ無関心な人がいきなり「この記事」だけ見たら「引く」でしょうね。
 ちなみにこの記事、某SNSから発信されたものが、ネトウヨの間で拡散させられているようです。
 この当該者が嘘をついているとは、まったく思わないし、普通に高江で暮らしている人でしょう。
 しかし「悪意」を持って拡散しているネトウヨは、国家や権力の「不当逮捕」「不当行為」には目をつぶるくせに、「抵抗する側」の不当性のみあげつらって(時にはデマも交えながら)拡散することは許せないです。

投稿: あるみさん | 2016年9月19日 (月) 21時24分

本土の人間は宣伝や片方のお話を求めているのではないとおもう

事実と地元の本音が知りたい

周辺の人間は基地反対派の言う不当逮捕も双方の情報が写真付きや現場の目撃情報こみで両方の立場から見れる

どちらの言い分に納得がいくか人それぞれになるとおもうが
現場の情報を都合よく操作することは
それを後で検証する人々に拒否感と禍根をのこすとおもう

投稿: まとめちゃん | 2016年9月21日 (水) 02時07分

「そのうち叩き殺してやるからな」
http://www.nicovideo.jp/watch/1474366904

このたぐいの情報は拡散されて広く共有されてしまう
日本全国の動画をみれる人間に
学生から老人まで

虐げられたものが発する救いを求める真実の言葉であれば
間違いなく全国の支援が得られる
民衆は馬鹿ではない
そこに作為と裏のある言葉は絶対に見透かされる

投稿: まとめちゃん | 2016年9月21日 (水) 03時06分

youtubeで見るほうが主流ですねたぶん
「沖縄の声」の動画(上記と同じものです)
https://www.youtube.com/watch?v=sUa-jDNxqmQ

投稿: まとめちゃん | 2016年9月21日 (水) 03時10分

あのぉ~載せているリンクがネット右翼御用達の「チャンネル桜」じゃねぇ~…全然説得力ないよ。
「沖縄チャンネル」に関わっている手登根安則氏は、沖縄の基地反対運動や反戦平和運動に対し、挑発して「暴力的」な画像を流したり、デマを流してdisっているヤツとして有名ですよ。
2014年に目留間俊さんが書いた、手登根氏の悪行を貼り付けておくね。
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/b10b2378db573dbabb3f234d0c420c55

http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/5ad46fa83778408b06887c30992a34f3

http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/cf0300725369b0712d088ba372887ac9

>現場の情報を都合よく操作することは
それを後で検証する人々に拒否感と禍根をのこすとおもう
ということを書く人が、こんな奴らが作ったバイアスのかかった映像や動画を貼り付けるとは、やはり恥ずかしいですよ。まさに彼らがやっていることこそ「現場の情報を都合よく操作」しているのですから…

投稿: あるみさん | 2016年9月21日 (水) 18時30分

引っ越しお疲れ様です

ブログや動画みましたよ
右左関係なくどっちもどっちとしか言いようがない

文面から
一方的に殴りつづけて弱いものイジメしたのかとおもったけど
映ってる映像や事実で判断するよ
これどっちも暴力だよ
政治運動しない人間の目線で感じる正直な感想だ

●「こんな奴らが作ったバイアスのかかった映像」とは
右も左も全部そうなんだよ
運動を広げるべき第三者は
思想とは関係なく
映像に映る画や双方の主張する記事の内容で判断する

投稿: まとめちゃん | 2016年9月22日 (木) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/67538235

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古訴訟、国側勝訴を弾劾!:

« 本日付で会社を辞職…大阪に帰るでゲソ | トップページ | 高松19日総がかり行動 »