« 何も学んでいない民進党 | トップページ | 軍学共同の研究を許すな! »

ヘリによる高江重機搬入弾劾!

 昨日、高江ヘリパッド建設現場において工事進捗をはかるために、民間ヘリコプターによる重機搬入が行われたそうだ…琉球新報WEBより…
 北部訓練場、大型特殊ヘリで重機搬入開始

 ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡って、沖縄防衛局は9日、民間の大型特殊ヘリを投入して、工事用の重機やその部品など約1時間で計5回にわたってG地区とH地区ゲート付近に設置された作業ヤードに搬入した。
 環境影響評価検討図書によると、工事に関連する重機などの空輸は1日5回以下、計20回とあるため、残りは15回となる。作業にヘリを使用したのは今回が初。ヘリは伊江島から飛び立ったとみられる。
 ヘリはN1地区ゲート付近に事前に置かれていた資材や重機をつり、5回に分けてH地区付近の作業ヤードに運んだ。約5分間隔で5往復し、午後3時過ぎに作業を終え北西方向に去った。「工事やめろ」などと訴える建設工事に反対する市民の頭上を約40分にわたって行き来した。


 しかし、ヘリで重機を搬入しても「作業員」が中に入ることができなければ、工事はできない…ただ現在は、なんと警察車両に乗って「作業員」が現場に入っているそうだ。

 オイオイ…警察ってのは「民事不介入」ってのが原則だったのではないかsign03

 やっぱり、「国策」だから積極的に「協力」しないといけないのか…これを見ても、高江の反対派住民および県民、本土の市民と、基地建設を強行する日本政府は「不和解」の関係にあると断定できる。

 普通の「公共工事」で、警察・機動隊を導入して工事を強行着手する…ということはあり得ない…その工事自体に「賛成」であっても、地元住民とよく話し合い、例えば「工事用車両が通ってはいけない道路」は通らない、工事用車両は朝と夕方の「通学時間」には通らない・・・といった約束を交わし、それを守りながら仕事をするもんだ。

 そんなルールも守ることが出来ない「沖縄防衛局」=「防衛省」に、工事を続ける資格はない!

チョイさんの沖縄日記 によれば、こんなことも書かれている。
 今回のヘリパッド工事におけるヘリの空輸に関して、大阪航空局は現地踏査を行ったのだろうか? やんばるの豊かな森の中でのヘリの離発着であるから、申請内容が現地の状況と齟齬がないかどうか、十分に確認する必要があるだろう。

 たった三日前の申請で、大阪から沖縄に「現地調査」に行ったとは思われない…絶対に「不当行為」があるハスだ。

 こんな無茶が通るのも、「沖縄差別」ゆえのことなのだろうか…

 あと、重機が現場に置かれていても、その重機を動かす「作業員」は、警察の車両に乗って現場に直行している(それを現地では「座り込み」などで止めている)…だが、工事進捗のために、作業員ですらもヘリで「空挺部隊」のように運ぶかもしれない。

 もちろん、ヘリを使えばそれだけ工事にかかる金額も増える…それは私たちの払った「税金」によるものである。

|

« 何も学んでいない民進党 | トップページ | 軍学共同の研究を許すな! »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

警察は工事業者に運賃を請求すべきだ。請求しなければ公の財産(車両)、公務員を私企業の利益の為に提供したことであり公金横領である。沖縄県内のガソリン代は県警(沖縄県)が負担することになっているらしい。  運賃を請求すれば、白タク容疑で逮捕しなくては!

投稿: 木々の落葉 | 2016年9月10日 (土) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/67433974

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリによる高江重機搬入弾劾!:

« 何も学んでいない民進党 | トップページ | 軍学共同の研究を許すな! »