« 二つの憲法観が並立しているが、実態はこうだ! | トップページ | 御所浦の採石場を視察 »

天草で「辺野古土砂搬出反対全国協議会」総会に参加

 10月1~2日に熊本県天草で開かれた、「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」の総会に参加してきた…一応私は「会計監査」という「役職」を持っている。
 9月30日の夜行バスで熊本まで…途中、山陽道で事故通行止めのため、中国道へ迂回運転して熊本駅に到着…9時過ぎ頃であった。
Sdsc04965_2

駅前のスタバで朝食の後、三角線~三角港 天草宝島ライン を経て天草下島の本渡港にわたる「2枚きっぷ」を購入。
Sdsc04967

三角線の列車…赤いキハ200系2両で10:00に出発~
Sdsc04971

進行方向左側に座ると、有明海が良く見える…
Sdsc04973

1時間弱で、三角駅に到着
Sdsc04974

三角港にある、三角の建物…中になにかあるというわけでは無い。
Sdsc04977

天草宝島ラインは、高速艇…だが1日3本しか運航されていない。もっとも、天草五橋を通るバス路線があるので、メインの移動はそちらなのであろう。
Sdsc04980

天草の海は、とても穏やか…
Sdsc04983

松島港に到着…ここまで25分…下島の本渡港までは、ここからさらに35分かかる。
Sdsc04984

昼飯は、港で買った天ぷら2枚のみ…
Sdsc04992

本渡港に到着。
Sdsc04993

港のところは、こんな感じ…それにしても無茶苦茶暑い、蒸し暑いでゲソ~
Sdsc04994

天草宝島国際交流会館ポルト が(奥のガラス張りの建物)が、今日の会場。総会は13:00~
Sdsc04995

西日本の土取場各地や、環瀬戸内海会議、辺野古土砂搬出反対熊本県連絡協議会の方々が集まって、総会開始…2015年の活動報告、決算報告と監査結果報告、各地の取り組み、2016年の行動方針、新役員(とはいっても役員任期は2年なので、そのまま移行)と、新顧問の発表…なんと本日来てくださったチョイさんの沖縄日記 で沖縄・辺野古情勢を発信し続けている、辺野古抗議船の船長、北上田毅さんと、弁護士の板井優さん2名が、新たに顧問を引き受けて下さったので、顧問は「海の生き物を守る会」の向井先生と湯浅氏を含め、4人体制となった。
 総会は時間どおり、15:00に終了…その後ホールに移動してイベント…
Sdsc04999

地元の「大正琴」のサークル「ティンクルズ」による沖縄音楽の演奏
Sdsc05000

奄美大島の大津共同代表からあいさつ。
Sdsc05003

北上田さんから、「辺野古の今後の動きと土砂搬出反対運動に期待するもの」と題する講演…北上田さんからは緊迫する高江情勢をかんがみ「まず高江に行って下さい」と何回か述べてから、自治体で土木工事等に関わって来た経歴を生かし、「(裁判に負けても)まだ知事権限で出来ることは沢山ある」と表明…逆にそれだけ国は追い詰められているということである。
Sdsc05005

続いて沖縄からヘリ基地いらない、二見以北10区の会 の浦島悦子さんから「ジュゴンの海に抱かれて」と題する講演…二見以北10区の歴史から、辺野古・大浦湾がいかに貴重な自然が残され、「生物多様性」の宝庫であるか?逆に沖縄で「基地を維持してゆくため」の公共事業によって、いかに自然が破壊されてきたかということを話された。
Sdsc05007

 エコネット水俣 みなまた地域研究会の永野隆文さんから「天草御所浦と水俣」と題する講演会…先の2名で時間が長引いたため、はしょってはしょっての講演…「水俣病」は水俣沿岸だけでなく、天草にも患者が発生したこと、汚染された湾は埋め立てられて「公園」になっているが、そこが「水俣病発生の地」である碑文を入れさせるのに時間がかかったこと…などの話をされた。写真は川内原発再稼働反対の運動…
 ポルトでのスケジュールが終了し、天草氏市街地の旅館で懇親会
Sdsc05008

こんな情緒深い石橋がある…
Sdsc05010

もちろん食べ物は、天草の新鮮な魚介類である…翌日は「御所浦の土取場」の見学である。

|

« 二つの憲法観が並立しているが、実態はこうだ! | トップページ | 御所浦の採石場を視察 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/67778772

この記事へのトラックバック一覧です: 天草で「辺野古土砂搬出反対全国協議会」総会に参加:

« 二つの憲法観が並立しているが、実態はこうだ! | トップページ | 御所浦の採石場を視察 »