« ニセソビエトソング… | トップページ | 「展望」ナナメ読み… »

「サザエさん一家」はもはや成り立たないのに…

 3日は日本国憲法公布の日…ということで、憲法に関する話題…あの「日本会議」が憲法24条改正をめぐり、「理想はサザエさん一家」と啓発しているらしい。Yahooニュースより。
<日本会議>「理想はサザエさん一家」啓発 24条改正巡り
 改憲運動を展開している保守団体「日本会議」(田久保忠衛会長)は、憲法24条を改正すべきだとの主張を強めている。背景には伝統的な家族を理想とする心情がにじむ。家族のあり方は憲法で定めるべきか--。
 「サザエさんが今も高い国民的人気を誇るのはなぜでしょう」。日本会議の関連団体が制作した啓発DVDの一場面。ナレーターは24条により家族の解体が進んだ結果、さまざまな社会問題が起きているとして、3世代同居のサザエさん一家を理想と持ち上げた。
 「個人の尊重や男女の平等だけでは祖先からの命のリレーは途切れ、日本民族は絶滅していく」。日本会議の政策委員を務める伊藤哲夫氏は9月、埼玉県内の講演で、改憲テーマの一つとして24条を取り上げた。安倍晋三首相のブレーンも務める伊藤氏は「家族の関係を憲法にうたうべきだ」と力説した。
 こうした家族観は自民党改憲草案や安倍政権と通底する。首相は先月5日、国会で「家族は社会の基礎を成す基盤。憲法にどう位置づけるかは議論されるべきだ」と答弁した。
 改憲に意欲を燃やす首相と、それを支える日本会議。両者が24条に言及したことで、9月に発足した市民運動「24条変えさせないキャンペーン」は警戒感を強めている。呼びかけ人の一人、山口智美・米モンタナ州立大准教授(文化人類学)は「憲法で家族を定義し、法律があるべき家族像を示すことは、単身者や子供のない人、性的少数者など多様であるべき生き方を否定し、人権を侵害することにつながりかねない」と指摘している。【川崎桂吾】


 ハイ、「サザエさん」(あるいは前の時間帯でやっている「ちびまる子ちゃん」しかりだが…)のような「3世代同居」世帯なんぞ、今やほとんど見られない…あったりまえだ、経済的、社会的に成り立たないのだから。
 まず大学・高等教育機関を卒業した子世代が、「親から独立する」というモデルがすでに出来上がっている。親から独立して1世帯をつくり、うまくいけば結婚して独立した「家庭」をもつ…そうゆうサイクルが、30年以上も前に完成している。だからそれ以前に出来た「サザエさんモデル」が、廃れていったということでしかない。「人気」はそれの反動なのだ、憲法24条のせいではない。
 加えて、「サザエさんモデル」が出来るような「広い家」なぞ、都会では望むべくものではない。地方では可能だろうが、肝心の「若者世帯」が「親から独立する」モデルをとっているため…そうしないと、仕事がない…大きな家が老夫婦二人だけということも多い。

 言いたいのは、これなんだろうなぁ~祖先からの命のリレーは途切れ、日本民族は絶滅していく…祖先崇拝…こんなモン、持ち出してから~すぐに「万世一系の天皇制」にゆきつくじゃなイカsign01

 改憲派の「24条解体攻撃」とは、家制度を強化することで「家」に福祉や介護部門を丸投げしようという魂胆である。すなわち、新自由主義の進展により切り捨てられる福祉や介護、さらには教育までも「家」に押し付けることにより、矛盾を乗り切ろうということなのだ。
 他方、新自由主義下では、家や家族そのものが成り立たない程、労働者民衆は「強搾取」されている…格差・貧困がはびこる中で、理想の「サザエさんモデル」家庭を築くこと自体、難しくなっているのだ。こういった中で「家制度」を無理に強化しようとすると、祖先崇拝≒天皇制を持ち出さないといけなくなる。

 というより、戦前の「家制度」自体が、天皇制を支えるために明治の時代に無理やり作られたものだ…一家は「戸主」のものであり、戸主に従う…天皇は個々の家々の「家長」である…という具合のシロモノだ。

 24条解体は、単に家を強化して新自由主義の矛盾を押し付けるだけでなく、天皇制を強化するイデオロギー攻撃である…そして「天皇制」とは真逆の思想・思考…すなわち、個人の尊重・尊厳や男女平等、自由を押しつぶすものである。断固としてこれを粉砕しようvirgo

|

« ニセソビエトソング… | トップページ | 「展望」ナナメ読み… »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

かくめいのための理論」カテゴリの記事

コメント

許可なく、ちょっとブログに引用させていただきました、失礼します。

投稿: 張三李四 | 2016年11月 4日 (金) 23時04分

サザエさんの家庭って、家族の一体感の無い家庭なはずです、保守の人に言わせれば。
鰒田と磯野って二つの姓が混在しているんですからねえ。

わたしも母方居住で育ったし、兄は母方の祖父の孫養子だったから、兄弟で姓が違ったので、家族で姓が違うのは一体感を損ねるという別姓否定論者の言い分て、言いがかりをつけられたような気がする。

だいたい鰒田マスオさんを、仮に性別が女性だとしたら、同居するのに自分の姓を変えないで舅、姑と違う姓を押し通しているって、保守の人々は非難するんじゃないかな。

http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10023194742.html

投稿: kuroneko | 2016年11月 5日 (土) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/68250669

この記事へのトラックバック一覧です: 「サザエさん一家」はもはや成り立たないのに…:

« ニセソビエトソング… | トップページ | 「展望」ナナメ読み… »