« パチモンサイボーグ009 | トップページ | 沖縄集会2件… »

表現の自由制約は「当然」という自民党!

 これはちゃんとメモって、批判しておかねばならない…東京新聞WEB…
 表現の自由に制約「当然」自民、改憲制約撤回せず
 衆院憲法審査会は二十四日、憲法で国家権力を縛る「立憲主義」などをテーマに議論した。自民党の中谷元氏(与党筆頭幹事)は、二一条の表現の自由に制約を加えている同党の改憲草案について「極めて当然のこと」と、一定の制約が必要との考えを示した。草案の撤回にも応じなかった。 (清水俊介)
 現行憲法の二一条は集会、結社、言論の自由を規定。草案は「公益及び公の秩序を害すること」を目的とした活動は認められないと付け加えた。自民党は憲法審の再開に当たり草案を事実上封印すると表明したが、撤回はしていない。
 この日の審議で民進党の奥野総一郎氏は、二一条に触れ「精神の自由の尊重は憲法の基本原理。修正を加えることは改正限界を超える」と問題視した。これに対して中谷氏は「オウム真理教に破壊活動防止法が適用できなかった反省を踏まえた」と説明。「公益及び公の秩序を害すること」という表現が「制限を厳しく限定している」として理解を求めた。ただ、何が「公益及び公の秩序」に当たるかは曖昧との指摘がある。
 現行憲法は国民を権力から守るため、国会議員ら権力側だけに憲法の尊重擁護義務を課しているが、自民党の草案は国民にも尊重義務を課す内容。中谷氏は、これについても「国民も憲法を尊重すべきことは当然」と指摘した。
 民進などは、草案は立憲主義に反するのに撤回されていないと批判したが、中谷氏は「立憲主義を何ら否定するものではない」と説明。自民党の平沢勝栄氏は草案の九条改憲に関連し、自衛隊の存在を明記することが立憲主義にかなうと述べた。


 やはり自民党は基本的人権「表現の自由」が大嫌いな、不自由民主党と改名したほうがよさそうだ。
 「表現の自由」の制約理由についても「公共の福祉」ではなく「公益及び公の秩序を害すること」としていることも問題である。「公共の福祉」は「基本的人権」どうしがぶつかりあった時に、その折り合いをつけるために出て来る概念であるのに対し(だから「ヘイトスピーチ」は禁止され得る)、「公益および公の秩序」は、その時々の政権がどうにでも解釈できるものである。
 「オウム真理教」に破防法を適用できなかった件について、そもそも「破防法」自体、憲法違反の表現の自由および団体・結社の自由を侵害するものであることが問題なのだ。また、現行憲法下でも「オウム真理教」は破防法によって公安調査庁の監視下に置かれている(それについても批判されなければならない)…
20160621

自民党改憲草案を粉砕しようsign03安倍政権を打倒しようvirgo

|

« パチモンサイボーグ009 | トップページ | 沖縄集会2件… »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「公共の福祉」も、
「公益及び公の秩序を害すること」も、
どちらの表現であろうと、
その時々の政権がどうにでも解釈できる、ということに変りは無いのではないか?

人殺しを教義で肯定していた教団の、
(ポアと称して不特定多数の人民を殺害した)
後を継ぐ団体を、
治安をあずかる組織が、監視することを批判する?

意味が分からない。

我々は、ユートピアの住民ではない、
現実世界に生きる生活者だ、

大衆の常識から逸脱した、理想論を掲げるつもりか?

投稿: 素朴な疑問 | 2016年11月26日 (土) 19時33分

「自民党の憲法改正草案への批判」「破防法批判」は良いとしても、「オウム監視云々」は、文脈全体のなかで何か浮き上がったものになっていませんか?「素朴な疑問」さんの疑問も無理からぬと思います。
殺人カルト教団への批判を展開すること無く、「監視を批判云々」の一文には違和感を感じました。
思想心情の自由、表現の自由、信教の自由を守る事と殺人カルト教団を野放しにする事とを混同していると、誤解されても仕方ないところがあると、思います。
もう少し丁寧な文章にして下さるよう、お願いします。

投稿: 元解放研 | 2016年11月27日 (日) 18時56分

暴力革命に対して公益に反するという理由で
表現も言論も規制されるという恐れがあるんだろう
自覚があるから反対する

社会を壊そうとするつもりのない人は気にしない
だから安倍政権の支持率60%なんていう数字がでてくる

投稿: まとめちゃん | 2016年11月27日 (日) 21時38分

オウムの監視云々を「口実」にして相手が「言論の自由」封殺の突破口をこじ開けようとしている現実があるわけだから、ここは基本的人権の原理・原則を貫いて、一切の例外規定なく「言論の自由(表現の自由、結社の自由等含む)」を擁護しないとイカんでしょ。
 「公共の福祉」論と公共の安全論について、前者は現行憲法解釈の歴史に踏まえたしばりがあるのに対し、後者はあくまで自民党および国家主義者がいいつのる「安全」論でしかなく、歴史の付託をうけていない以上、まったく別のものです。
 なお、オウムは「宗教」の仮面をつけた反革命・ファシストなんですが、繰り返すように言論の自由、さらには結社の自由に「例外規定」を設けて排除することはできません…あくまでも民衆の力で反撃することが大切なのです。

投稿: あるみさん | 2016年11月29日 (火) 09時43分

あるみさんのコメントでオウム批判を展開していただいたので、良かったです。あのコメントが記事の中に入っていれば良かったんですが、、、。いずれにしても、良い補足説明に成っていました。
ただ、殺人カルト教団の一連の事件については、「武装したカウンターカルチャーが『ミニ国家』に成り、日本国に戦争を仕掛けたもの」と、私は思っています。
麻原を頂点に国家行政組織を設け、幹部が大臣を名乗っていましたからね。

投稿: 元解放研 | 2016年11月29日 (火) 21時03分

あるみさんの考えは、言論や表現に関して、政府の規制は認めない、ということなのですね。

補足の説明に有る「民衆の力で反撃する」ですが、
民衆が、宗教団体を監視するという事?
民衆が、警察や裁判所を、すっ飛ばして犯罪者集団と、対決しなきゃいけないの?

その、方法は?

ちょっと無茶振りすぎませんか?

投稿: 素朴な疑問 | 2016年11月30日 (水) 10時26分

民衆が宗教団体を監視するとして、
民衆の誰が、何を根拠に、その判断をするの?

ポルポト政権の、子供が民衆を断罪する社会や、紅衛兵が、手帳を振りかざして罪を認定する社会がでてくるの?

今、この国で、民衆に任せれば、万事上手くいくなんて「幻想」は、誰も持っていないんじゃないでしょうか?

投稿: 素朴な疑問 | 2016年11月30日 (水) 10時45分

無差別殺人を肯定する教義を持つ団体に
制限なしの自由が認められるわけがない

この事例を公共の福祉に反しないと考えるのであれば

日本に住むほぼ全ての民衆の理解を得られないとおもう

投稿: まとめちゃん | 2016年11月30日 (水) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/68588203

この記事へのトラックバック一覧です: 表現の自由制約は「当然」という自民党!:

« パチモンサイボーグ009 | トップページ | 沖縄集会2件… »