« 「駆け付け警護」はいらんらしい… | トップページ | 「サザエさん一家」はもはや成り立たないのに… »

ニセソビエトソング…

 暇なので、ユーチューブばっかり見ている(^^)(^^)///これは金がかからん…
 で、ユーチューブサーフィン(ネットサーフィンってのも、死語だな)して、めっけたもの…
 ロシア語フリークなもんでねぇ~ 

「闘争よ、再び」と訳されたこの歌(4分)…
レーニン(像)が出てきて、「闘争よ再び」というもんだから、NEP期の歌かと思ったが、どうやら1974年に作られた歌だそうな…停滞のブレジネフの時代である。
国威発揚にはよかったろう。
で、こんなの発見!ソビエトマーチsign03


「懲罰する!」だの「平伏して感謝するが良い」だの押しつけがましいスターリニズムの歌かと思ったら…「レッドアラート3」というゲームの挿入歌だそうな…そう、いかにもソ連sign02という感じを持たせた、ニセソビエトソングなのだ…実際に歌われた「軍歌」ではない。

ガルパン仕様…4分26秒…

おまけ…ガルパン隊長ラッシュ…バックの元歌(誰のなんという歌だろう)と、絵がぴっちりあっていて良い

|

« 「駆け付け警護」はいらんらしい… | トップページ | 「サザエさん一家」はもはや成り立たないのに… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱソビエトを代表する戦車といえばT34なんですね。

しかし、あの砲塔のバカ高い戦車なんかあったかな?

投稿: BM | 2016年11月 1日 (火) 22時17分

ロシア民謡では何がお好きですか?
私は、若き革命家の旅立ちを謳いあげた「心騒ぐ青春の歌」が一番好きです。
歌詞が、明るくて、爽やかですよね。「雪や風♪星も飛べば♪♪我が心は♪はや遠き地に♪♪♪」というサビの部分が特に良いですよね。

投稿: | 2016年11月 2日 (水) 14時03分

「心騒ぐ青春の歌」は、ソビエトの革命映画で使われたものです。
新左翼が好んで歌う「ワルシャワ労働歌」は、現代映画の原点=リアリズムの傑作映画として有名なエイゼンシュテイン監督の「戦艦ポチョムキン」の挿入歌です。
故淀川長治監修の「戦艦ポチョムキン」はオリジナルを改ざんして「ワルシャワ労働歌」ではなく、下らないピアノ曲にすり替えています。
どこかで、も一度「戦艦ポチョムキン」のオリジナル版を観たいもんです。

投稿: | 2016年11月 3日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/68206254

この記事へのトラックバック一覧です: ニセソビエトソング…:

« 「駆け付け警護」はいらんらしい… | トップページ | 「サザエさん一家」はもはや成り立たないのに… »