« 有事にシームレス対応してはならない | トップページ | 天皇の祭祀とは暗闇で行われる国事なのだ »

ここヤマトゥから、大阪から、辺野古を闘う集い

集会のお知らせ
2017年2月26日(日)
午後1時30分開場 午後2時開会
エルおおさか 南館5Fホール
資料代:500円
S_0001

☆パネルディスカッション
パネリスト:三浦俊一(釜ヶ崎日雇労働組合)
       陣内恒治(しないさせない戦争協力関西ネットワーク)
       松島洋介(ジュゴン保護キャンペーンセンター)
       平石澄子(辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動)
コーディネーター:西浜楢和(日本キリスト教団大阪教区沖縄交流・連帯委員会)
☆三線演奏
☆デモ 出発:午後4時30分

昨年末、最高裁は「辺野古埋め立て取り消しは違法」との判決を下しました。
安倍政権は、高江で機動隊の暴力によって、オスプレイパッド建設を強行しました。
山城博治議長は今も勾留されています。
今、沖縄に憲法も人権もありません。
ヤマトゥ(本土)の私たちが、辺野古新基地建設を止めるために何ができるか、協力して行動を強める時です。

主催:STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション

|

« 有事にシームレス対応してはならない | トップページ | 天皇の祭祀とは暗闇で行われる国事なのだ »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/69635845

この記事へのトラックバック一覧です: ここヤマトゥから、大阪から、辺野古を闘う集い:

» 差別と偏見の奈辺 [晴耕・雨読・曇勤・雪見の玉手箱]
 世に差別と偏見は満ち溢れている。当事者に関わる者さえ、それに気が付かないことが [続きを読む]

受信: 2017年2月17日 (金) 22時19分

« 有事にシームレス対応してはならない | トップページ | 天皇の祭祀とは暗闇で行われる国事なのだ »