« 戦略を練って声をあげることが大事 | トップページ | レジスタンスの中にコミュニズムは存在するか? »

石嶺議員への辞職勧告、嫌がらせを許さないぞ!

 宮古島が揺れている…事の発端は、1月の宮古島市長選挙と同時に行われた、市議会議員補欠選挙で当選した石嶺香織議員が、フェイスブックに「米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊が配備されたら、絶対に婦女暴行事件が起こる」と書き込んだため、これが「炎上」したことから始まる…これについて石嶺議員は謝罪・撤回した。琉球新報(本エントリーは断りがない限り、琉球新報)より
石嶺宮古島市議が「おわびして撤回」 FB投稿批判受け
 【宮古島】宮古島市の石嶺香織市議が9日、米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊が同市へ配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと、自身のフェイスブックに投稿した件で、石嶺市議は12日に「事実に基づかない表現でした。おわびして撤回いたします」などと謝罪する文書を報道機関に発表した。
 石嶺市議は、陸自に新設される「水陸機動団」が離島奪還作戦を想定して米海兵隊から訓練を受けていると現状を説明した。その上で「米軍による事件事故が多発していることへの強い不安と、陸自が海兵隊の訓練を受けていることを結びつけ、不適切な表現をしてしまいました」などと釈明した。
 石嶺市議は9日、陸自が米国で海兵隊と共に実働訓練をしているとのニュースを引き合いに出し「海兵隊からこのような訓練を受けた陸自が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる」とフェイスブックに投稿した。これに対し批判が殺到し、釈明した上で投稿を削除していた。
 石嶺市議は宮古島市への陸自配備に反対する姿勢を公約に掲げ、今年1月の市議会補欠選挙で初当選した。
 防衛省は宮古島市に700~800人規模の警備部隊とミサイル部隊の配備を計画している。【琉球新報電子版】


 ところが、石嶺市議が謝罪・撤回したにもかかわらず、宮古島市議会は辞職勧告を決議した…これが21日である。
石嶺市議に辞職勧告 FB投稿受け宮古島市議会 本人は拒否
 【宮古島】宮古島市議会(棚原芳樹議長)は21日午前に開かれた3月定例会で、石嶺香織市議に対する辞職勧告決議を賛成多数(賛成20、反対3)で可決した。石嶺市議が9日に自身のフェイスブック上で、米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊部隊が宮古島に配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと投稿し、削除した件を受けた。勧告に法的拘束力はない。同市議会で辞職勧告決議が可決されるのは初めて。(以下略)

 そして翌22日、市議会で石嶺議員が質問をしようとすると、保守系議員が「退場」し、議会が流会するという騒ぎになっている。
「反省見えない」と15人退席し流会 市議のFB投稿で宮古島市議会
 【宮古島】宮古島市議会(棚原芳樹議長)の石嶺香織市議がフェイスブック(FB)に書き込んだ投稿が波紋を呼んでいることに関連し、市議会3月定例会は22日午後4時、保守系市議15人が途中退席し、定足数が不足したため自然流会となった。21日に石嶺市議に対する辞職勧告決議が可決された際、石嶺市議は「おわびして撤回」という文言を含めた弁明をしたが、退席した市議らは「反省の色が見えない」などとして、石嶺市議の一般質問の前に一斉退席した。退席した市議らは、議場に戻る条件として石嶺市議に再度の謝罪を求めた。石嶺市議は応じなかった。(以下略)

 報道にもあるよう石嶺市議は補選において、「宮古島への自衛隊配備反対」を掲げて当選している。また同日行われた宮古島市長選挙では、自衛隊配備を容認する現職が勝利しているが、反対を訴えた候補者2名の得票を上回ってはいない…すなわち世論は2分している。一方、登録しているMLで流れてきた情報によれば、自衛隊の宮古島配備において、3月いっぱいで用地を取得し、4月以降駐屯地工事着工というスケジュールが、ほぼ決まっているとのことである。
 要するに今回の騒動は、自衛隊配備容認派による、反対運動つぶしの一環なのである。また、宮古島市市議会でただ一人の女性議員でもある中、一種のセクシャリティに関する攻撃であるともいえよう。

 でもって、石嶺議員への誹謗中傷も続いている。
FB投稿の市議に卑劣な中傷 家族への暴行示唆メールも
 沖縄県宮古島市議会の無所属市議が自身のフェイスブック(FB)に投稿した内容を巡り、本人への誹謗(ひぼう)中傷が相次いでいる。市議は9日、FBに米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊部隊が宮古島に配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと投稿。その後批判を受け、謝罪し、撤回した。だがネット上では投稿が拡散され「炎上」が続く。
 宮古島市議会には市議の家族に対し性的な表現を含んだ嫌がらせのメールも届いており、一部は個人攻撃の様相となっている。市議会事務局によると、市議のFBの投稿に関連して21日午後6時までに計523件のメールや電話などが届いた。そのうち約7割が市議を批判する内容だった。(以下略)


 で、この動きを煽っているのが、いつものごとくネトウヨである…オスプレイ不安クラブ~うようよ対策課~より
宮古島市議会の女性議員辞職勧告決議、その裏側で苛烈にネトウヨ動員を扇動していた小坪慎也市議!!!
(前略)この市議、こともあろうか、つい先日まで、ヘイト投稿常習者として24時間の凍結をくらっていた・・・
にもかかわらず、解禁と共に、ホームページだけでも5回投稿、フェイスブックでは6回、ツイッターでは数知れずのチェーン投稿
ネトウヨ市議会と石嶺市議にけしかけさせたのだ。
ほとんどヘイト・スパム市議だな
小坪
市議の HP から一例を紹介。

「投稿削除された、石嶺香織(宮古島市議)死ね」とは言わないが、情緒的表現ということで許容されるのだろう。特にFBにアカウントを持っている方にはお願いがある。以下で述べるように、まったく反省の色が見られない。よって、皆様も「削除されるか実験」のお手伝いをお願いできないだろうか。テンプレートも用意した。・・・(以下略)

まったくもっておぞましいの一言である。

石嶺議員への攻撃を許さず、自衛隊の宮古島への配備に反対しようvirgo

|

« 戦略を練って声をあげることが大事 | トップページ | レジスタンスの中にコミュニズムは存在するか? »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

「名無し」は荒らしと見なし、アクセス禁止の上コメント削除、放逐。
「あ」は「強姦魔」などと、石嶺議員が言いもしていないことをさも言ったかのように吹聴するので、同じくアクセス禁止の上、コメント削除、放逐。

投稿: あるみさん | 2017年3月27日 (月) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/70022618

この記事へのトラックバック一覧です: 石嶺議員への辞職勧告、嫌がらせを許さないぞ!:

« 戦略を練って声をあげることが大事 | トップページ | レジスタンスの中にコミュニズムは存在するか? »