« 日本会議と維新こそ問題の根源 | トップページ | 戦略を練って声をあげることが大事 »

姫路城侵略でゲソ…

 昨日は天気も良かったので、新快速乗って姫路城まで行って来た。駅を降りて姫路城まで、道がやたら広い。
Dsc06328

国道2号と交差…城跡の石垣が続く。
Dsc06329

で、ばぁ~んと姫路城が見えて来るのだ。
Dsc06332

橋を渡って門をくぐる。
Dsc06335

三の丸公園…芝生は養生中。
Dsc06336
 写真では分かりにくいが、端正な姿のお城である。なるほど、国宝&世界文化遺産になっているだけのことはある。

Dsc06337
 三連休最終日でもあって、人がけっこういる。

Dsc06338
 待ち時間、30分…ということであるが、見学所要時間は2-3時間だそうな。ちなみに「入城料」は1,000円である。

Dsc06341
 中に入って、まず菱の門をくぐる。

Dsc06345
 何か忍者が居る。

Dsc06346
 天守閣を目指して歩いて行きます。

Dsc06349
 うねうね曲がって、弐の門…この辺から人があふれて来る。

Dsc06350
 やっぱデカいわ…

Dsc06352
 武者だまりみたいな所で足止め食ったりしながら、ちょっとずつ進む…

Dsc06356
 ようやく、白の中に入ることが出来た(^^)

Dsc06357
中はけっこう広い。柱も太いね。

Dsc06363
 姫路城、木組みの模型…城内は展示物が少なく、純粋に建築物としてのお城が楽しめるようになっている。建築を志す人にはいいだろう。

Dsc06366
 それにしても広くて立派だなぁ~

Dsc06367
 大広間みたいな所で、長い列が出来ている。

Dsc06370
 とにかく、急な階段を昇って、上までいかねばなるまい。

Dsc06371
 ここが5階…もう一つ上が、天守閣の最上階である。しばらくここで留め置かれた後、上に移動。

Dsc06373
 やっと最上階である。

Dsc06372
 なぜか拝むところがある。

Dsc06374
 とにかく外を眺めよう…姫路の街ってあまり特徴が無いな。

Dsc06377
 ホレホレ~

Dsc06378
 じゃぁ、そろそろ降りるか…ということで、また急な階段を降りてゆく。ただ、広い城なので、上りと下りは人の導線が完全に分かれているところはありがたい。

Dsc06379
 大分下まで降りてきた。

Dsc06380
 出口であります。

Dsc06382
 本丸(備前丸)に出て来た…入城券を買ってからここまで来るのに、大体2時間はかかった。これが桜の季節だったら、もっと人が多くて大変なことになっていただろう。

Dsc06389
 備前門を出て、二の丸に向かう…なお、門の隣の四角い石は、古墳にある石棺を石垣に使ったものだそうな。

Dsc06393
 二の丸には、番町皿屋敷で有名な、お菊井戸がある…「いちまぁ~い、にまぁ~い…coldsweats01

Dsc06396
 この後、西の丸方面も見学するが、とりあえずここまで…ではではvirgo

|

« 日本会議と維新こそ問題の根源 | トップページ | 戦略を練って声をあげることが大事 »

旅行・地域」カテゴリの記事

関西再侵略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/70000193

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路城侵略でゲソ…:

« 日本会議と維新こそ問題の根源 | トップページ | 戦略を練って声をあげることが大事 »