« 国際女性デー | トップページ | さよなら原発 関西アクション »

朴槿恵は打倒された!次は安倍晋三の番!

 今日の昼、韓国で朴槿恵大統領の弾劾が決定した。Yahooニュースより、
韓国憲法裁 朴大統領の罷免決定=60日以内に大統領選
 【ソウル聯合ニュース】韓国憲法裁判所は10日午前、朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免を認める決定を言い渡した。決定に伴い、朴氏は韓国憲政史上初めて弾劾により失職した大統領になった。
 60日以内に大統領選が実施される。投開票日は5月9日などが有力視されている。
 韓国国会は昨年12月9日、朴氏の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件をめぐり、朴氏に対する弾劾訴追案を可決。憲法裁は今年1月3日から2月27日まで弁論を計17回開き、審理を行ってきた。朴氏はこれまで自身に絡む疑惑が弾劾の理由にならないと主張し、棄却や却下を求めていた。 


 「チェ・スンシルゲート」と呼ばれる、朴政権の腐敗と私物化に鉄槌が下された。今回は韓国憲法裁判所の判決という、ブルジョワ法制度の元での弾劾決定であるが、ここまで持ってきたのは、やはり多くの韓国民衆が、「腐敗にNO!」を突き付けるため街に出たことが大きい。

 韓国で昨年12月、民衆運動に押されて国会で朴大統領の弾劾を決めた時、日本の多くの人々は「韓国では大統領が悪ければ、民衆の力で辞めさせることが出来る(それに引き換え日本は…)」と思った。しかし今、安倍晋三は「アッキード事件」=「森友学園、日本会議便宜供与事件」で火だるま状態である。
 日本経済新聞の電子版読者に調査したところ、3月9日の発表で安倍内閣の支持率が36.1%と、前回調査の63.7%から一気に下がっている。
 このような支持率の低下は、安倍がいくら待機児童の解消に成功しなかったり、トランプ大統領とゴルフしか出来なかったり、稲田防衛大臣がスーダンの自衛隊日報を隠蔽したり、共謀罪を「テロ等対策」で復活させたりしても起きなかった…逆に今がチャンスなのだ。
 おりしも、森友学園の小学校認可が、大阪府によって取り消された これで幕引きさせずに(認可が下りず小学校が出来ない場合、森友学園は経営危機に陥る。もともと経営基盤の弱い森友学園であるから、現在進めている学校建設の支払いも滞る可能性が高い。そうすれば請負業者からこれ以上の「暴露」が期待される)、安倍政権を追い詰めようsign01

 1960年、安保改定に関して日本で激しい闘いが繰り広げられる中、韓国で4月学生革命が起き、李承晩大統領が打倒された。日本でも「韓国学生に続け」とばかり、より闘争は盛り上がった。安保改定を阻むことはできなかったが、岸政権は打倒され、自民党が次に目論んでいた「改憲」は、政治スケジュールから消え去ったのである。

 今こそ韓国に続き、安倍政権を打倒しようsign03

|

« 国際女性デー | トップページ | さよなら原発 関西アクション »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/69874861

この記事へのトラックバック一覧です: 朴槿恵は打倒された!次は安倍晋三の番!:

« 国際女性デー | トップページ | さよなら原発 関西アクション »