« 辺野古護岸着工弾劾!翁長知事は直ちに埋立て承認撤回を! | トップページ | 天皇制…和の原理の凶暴性 »

共謀罪…金田法相隠しを許すな!

  国会における「共謀罪」の審議は始まって1週間がたつが、審議において金田法相が後ろに隠れているようだ。Yahooニュース(毎日新聞社)より…
<共謀罪>審議は官僚主導 局長135回>法相94回
 ◇審議入りから26日で1週間 「法相隠し」と野党反発
 「共謀罪」の要件を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の審議入りから26日で1週間たった。金田勝年法相の答弁を不安視する与党は法務省刑事局長を代役に立てる戦術で、野党は「法相隠し」と反発している。責任者の法相と官僚の「主従逆転」で進む審議に問題はないのか。
 改正案の衆院法務委員会での実質審議は26日までに2日間行われた。新たな刑罰を設ける重要法案としては、2013年に成立した特定秘密保護法と似ている。両者の審議のあり方を比べてみると、今回の異例ぶりが浮き彫りになる。
 19、21両日の審議で金田法相が答弁したのは94回で、全体(356回)の3割に満たない。これに対し、法務省の林真琴刑事局長は最多の約4割に当たる135回。犯罪を事前に計画・合意し、実行準備行為をした段階で「テロ等準備罪」で罰する改正案には監視社会につながる懸念があり、野党も徹底審議の構えだが、法相を脇に置いた「官僚主導」の答弁が続いている。
 一方、特定秘密保護法を審議した衆院国家安全保障特別委員会は、政府案に関する答弁は同じ当初の2日間で150回。このうち当時の森雅子担当相は半分の75回で、補佐役の内閣官房審議官は44回だった。
 金田法相の答弁が少ないのは、与党主導で林刑事局長の常時招致を議決するという異例の対応に出たためだ。しかも、答弁者を原則、閣僚など政治家に限定した1999年の国会活性化法の施行以来、全会一致ではなく議決で招致を決めたのは初めて。憲法は閣僚に「答弁または説明」を求められた時の国会出席を義務づけており、野党は答弁の肩代わりを「答弁義務の回避」と批判している。
 改正案の提出前、金田法相はテロ等準備罪について「法案の成案を得た段階で説明したい」と連発。与党内で答弁能力に疑念が高まり、刑事局長の常時招致につながった。
 異例なのは答弁数だけではない。19日の法務委では法相への質問に林刑事局長が答え、その後に金田法相がほぼ同じ内容を繰り返す場面があり、質問者の藤野保史氏(共産)が「率直に言って同じ答弁だ。時間の無駄だ」と反発した。
 政治評論家の森田実さん(84)は「法案の責任者として法相がきちんと説明すべきだ。国会や国民に説明できないような法案を多数で押し切ろうとする政府・与党のやり方は理性を失っている」と批判した。【佐藤丈一、福永方人】


 金田法相の能力があまりにも低く、詳細な法律論議ができないばかりか、「共謀罪」の内容すらよく分かっていない有様…このような重大な法案の審議であるからこそ、本来は法相を取り換えて答弁させなければならないハズなのだが、安倍首相はそれをせず、官僚に答弁させている。この逃げの総理を許してはならない。

 しかし、官僚(と副大臣)が「まともな答弁」をすることで、図らずも「共謀罪」の正体が明らかになった…日刊ゲンダイ4月24日付け…
共謀罪の本質バレた 法務省”見解不一致”露呈で官邸大慌て
 副大臣と政務官のマトモな答弁に官邸は大慌てだ。
 先週21日、共謀罪法案を審議した衆院法務委員会で、盛山正仁法務副大臣が「一般の人が(共謀罪の捜査の)対象にならないということはない」と言ってのけた一件である。井野俊郎法務政務官も「捜査の結果、シロかクロかが分かる」と、一般人への捜査の可能性を示唆した。
 これまで安倍首相以下、菅官房長官も金田法相も「一般の方が対象になることはない」と繰り返し強調してきた。副大臣と政務官の答弁で、共謀罪の本質がバレたわけだが、これで法務省内の見解不一致が明らかになってしまった。どうしてこういうことが起きたのか。
「マトモに答弁できず何も分かっていない金田法相であれば、どんな質問に対しても、『一般人は対象にならない』とトボケ続けられたでしょう。しかし、民進党の逢坂議員はかなりしつこく理詰めで質問しました。捜査を多少なりとも知っていて、質問にちゃんと答えようとすれば、副大臣のような常識的な答弁になるのは当然です。官邸も金田法相の答弁能力の低さを懸念するあまり、刑事局長を答弁に立たせる形で“金田隠し”に必死になっていた。副大臣と政務官にまで気が回らず、コントロール外だったのでしょう。議論が噛み合ってしまうと、ほころびが見えてくる。安倍政権は今ごろ頭を抱えているのではないでしょうか」(政界関係者)(以下略)


 そう、「一般人は対象にならない」という政府見解は、ウソだったということが明らかになったのである。そもそも、誰が、どんな組織が「テロ集団」かどうか分からないのだから(分かっていれば法律に明記できるハズだ)、結局「一般の」人々や集団を見境なしに調査せざるを得ない…おっつけ、捜査機関・警察が個人や団体のプライバシーや通信記録等にズカズカと入り込まなければ成り立たないということなのである。

 後半国会において、共謀罪を廃案に追い込み、安倍政権を打倒しようvirgo

|

« 辺野古護岸着工弾劾!翁長知事は直ちに埋立て承認撤回を! | トップページ | 天皇制…和の原理の凶暴性 »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/70395866

この記事へのトラックバック一覧です: 共謀罪…金田法相隠しを許すな!:

« 辺野古護岸着工弾劾!翁長知事は直ちに埋立て承認撤回を! | トップページ | 天皇制…和の原理の凶暴性 »