« シュワブの浜でカヌー教室 | トップページ | 不屈館に行く »

辺野古の状況…

 とりあえず今日まで辺野古にいた…シュワブ・ゲート前でひたすら座り込み、排除される…それの繰り返しである。
 ヤマトゥからたまにやってきて、何回か「排除」され、ダンプなどの資材が搬入されるだけでも悔しいし、しんどいことであるが、沖縄の人たちはこれを毎日繰り返しているのである。
Dsc07418_2
 搬入は現在、9時台、12時台、15時台の3回行われる…昨日、現地は大雨が降ったのだが、それでも律儀に3回、搬入が行われた。海上の作業も行われていないのだが、護岸のための採石他、ドンドン搬入されてゆく。
 現在施行中のK9護岸は、すでに70mも建設が進められているそうだ。

 ただ、7月に翁長知事が裁判に訴えることで、工事が一時止まる可能性がある。それまでにできるだけ資材搬入も含め、工事を進めておきたいという魂胆だろう。
 もちろん、毎日「排除」を繰り返すことで、「あきらめ」を醸成させるという意味もある。
Dsc07426
 「排除」されると、このように歩道の一画に「隔離」される…ここに入ると、何台の車が搬入のため入ったのか分からない…それでも「違法工事ヤメロ!」「人殺しのための基地をつくるな!」などの声が飛ぶ。機動隊にも「県民を守るのではなく、米軍を守るのか?」「こんな仕事をしていていいのか?」などの説得する人もいる。
Dsc07427
 止まっている機動隊の車だが、エンジンをかけっぱなしで排気ガスを撒き散らすので、中に閉じ込められた人に健康被害が出る恐れがある…よって「エンジン止めろ!」「アイドリングストップしろ!」と訴えるのだが、彼らは聞く耳をもたない…運転手は一人、中でエアコンかけて涼んでいる!
 今日はヘリ基地反対協議会の安次富さんも出てきて「エンジンを切らないのであれば、県議会で問題にしてもらう!」と訴えた。おそらく6月議会で話題になるのではないだろうか?
Dsc07435
 とにかく今日も、9時台、12時台の2回の搬入があった。私はその後、現場を離れたが、15時台の搬入もあったであろう。

Dsc07442
 今日は搬入もあったが、天気は良くなった…搬入と搬入の間には、カヌー隊のお友達で埼玉の劇団の若い人のパフォーマンスもあった。

 勝つためには、あきらめないこと…あきらめずにいつまで闘うことが出来るのだろうか?

|

« シュワブの浜でカヌー教室 | トップページ | 不屈館に行く »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/70918389

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古の状況…:

« シュワブの浜でカヌー教室 | トップページ | 不屈館に行く »