« 市民は野党の応援団ではない! | トップページ | 伏見侵略…大倉記念館 »

呼称は「朝鮮」でいいわけだ

 園良太君はアジ演説で「朝鮮」を使う…
 「朝鮮のミサイル…」「朝鮮への敵視政策…」「朝鮮への蔑視…」等々だ。

 これについて、「おっ、やるじゃないの」と思っていたのだが、先日改めて理由を聞いてみた。
 曰く、日本で人々は「北朝鮮」を「何をするか分からない…」「何を考えているか分からない…」と、蔑視的に使っているのではないか…それが「北朝鮮」に対しては、何をしてもいいんだという「差別」につながるのではないか?

 おおむね、こんな意味だったと思う…ああ、なるほど~と思ったなぁ~

 確かに朝鮮半島とそこに住む人々を代表する「国家」は、悲しいかな分断されて南北に2つある…「大韓民国」と「朝鮮民主主義人民共和国」だ。
 南の「大韓民国」については、略称の「韓国」という呼称が市民権をえている。また日帝に植民地支配される前は「大韓帝国」であり、「韓国」は「国号」として使用されて来たものだ。
 対して「朝鮮民主主義人民共和国」は、「朝鮮」という、これまた過去にあった国号(李氏朝鮮)、あるいは日帝植民地化での地域名に、「民主主義人民共和国」をつけたものだ。だから単純に「朝鮮」で良いわけだ。

 「北朝鮮」という呼び方は、いかにも「分断」かつ「中途半端」感、「非正当」って感覚がする。この感覚が、日本の「北朝鮮について、何を言っても良い、やっても良い」感につながっているのかも知れない。

 ただ、左翼の場合、ちょっとややこしい「歴史」がある…
 1980~90年代ぐらいまで、「左翼」は「韓国」を認めていなかった…韓国のことは「南朝鮮」あるいは「南朝鮮・韓国」とゆうふうに呼んでいた…それに対する朝鮮半島の北側の政権が「北朝鮮」である…ここでは(いちおう左翼の頭の中では)北も南も「対等」である。
 だが現在、左翼も「韓国」を認めている…とすると、朝鮮半島の南側を代表する政権は「韓国」という正しい略称を使うのに、北側を代表する政権にわざわざ「北朝鮮」という不正確な略称を使うのは、オカシイといえるのではないだろうか。

 「朝鮮民主主義人民共和国」に、北という意味は全くない…素直に略せば、「朝鮮」で良いはずだ。

 また、「朝鮮民主主義人民共和国」においては、政権が全く民主的だはなく、人民の利害を代表していない…だからそこに住む人々と、政権とはっきり区別しなければいけない…安易に「北朝鮮」とひとくくりにしてしまうのではなく、政権を批判するのであれば「朝鮮労働党は…」とか「金正恩は…」というやり方をすればいいわけだ。
 
 英語圏では単純に「NORTH KOREA」「SOUTH KOREA」と略している。ちなみに韓国では、北の政権を認めていないので「北韓」と呼んでいる。

 とりあえず私は、「朝鮮」という呼称を使おうと思う。

|

« 市民は野党の応援団ではない! | トップページ | 伏見侵略…大倉記念館 »

かくめいのための理論」カテゴリの記事

コメント

古老の証言。70年代には「北鮮」という言い方が、右派系の用語、あるいは差別用語として使われていました。「中共」という語も政治性を持っていた。

 朝鮮半島の北部にある政権を「朝鮮」、南部にある政権を「韓国」と呼び分けても、「韓国」の呼称を認めている分にはニュートラルなんでしょうね。その場合、「韓半島」という言い方を「朝鮮半島」の代わりにときどき使っても、政治的に韓国寄りだとか言われなければ問題はないと思います。
 自然地形は「朝鮮半島」一つでもいいけど、「韓国語」は本来ではなく、「朝鮮語」が正統、となるとちょっと偏る。

 本土の政権を「中国」、台湾島にある政権を「台湾」と呼び分けて、ずーっとそのまま歴史が進むと、「中国」と「台湾」は別の物という観念が世界的に定着するかも。政治的な建前は別として。
 「韓国」と「朝鮮」と呼び分けて何十年も続くと、将来は「朝鮮半島」に二つの国があるのが普通、あるいは当然に感じられるようになるかもしれません。戦争するよりはずっといいでしょうけどね。

投稿: kuroneko | 2017年10月 4日 (水) 11時00分

言葉の問題として厄介なのは、「北朝鮮」と言わずに「朝鮮」と大多数の人が言うようになったとして、あるいはマスコミが「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)」って一遍書いて、後は「北朝鮮」で通すという書き方でなく、最初から「朝鮮」と「韓国」の使い分けをした場合、どうなのか。
「朝鮮では民衆が飢えている」「韓国企業は世界進出している」などの表現がメディアにあふれるとすると、言葉としての「朝鮮」がネガティブな響きを持つのではないか。今でも歴史上のものは「朝鮮文化」と言っているでしょうけど、「朝鮮」という語のイメージが落ちるのは困ります。現代のものだと「韓国料理」など「韓国」をベースに熟語を作っているけど。

「北朝鮮」の連呼が、ネガティブなものを示す記号となっている言語現象はあると思うけど、「北朝鮮」を「朝鮮」と置き換えると、「朝鮮」という語がネガティブになるかも。
そうでなくても「朝鮮」に蔑称のニュアンスを感じるから、日本では「北朝鮮」とことさらにいうのだとすれば、「言いかえでは差別はなくならない」っていう「言葉狩りに関する議論」も出てきそうに思います。

投稿: kuroneko | 2017年10月 4日 (水) 11時23分

コメントありがとうございます。

とりあえず「サヨッチ(kuronekoさんの造語ですね)」は、蔑視感にまみれてしまい、かつ「不完全感」のある「北朝鮮」の呼称を止めて、「朝鮮」というよりよさそうな略称を使いましょうという提案です。

投稿: あるみさん | 2017年10月 4日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/71876588

この記事へのトラックバック一覧です: 呼称は「朝鮮」でいいわけだ:

« 市民は野党の応援団ではない! | トップページ | 伏見侵略…大倉記念館 »