« 人民新聞社弾圧への抗議声明他いろいろ… | トップページ | 生田警察署に抗議行動! »

二条城に行ってみる

 今年は大政奉還150周年…ということで、京都の元離宮二条城(二条城)に行って来た。市営地下鉄二条城前駅で降り、地上に出ると、お城の櫓が見える。
Dsc08776
 で、東大手門へ…いやぁ~かなりデカいわ、これ。

Dsc08779

 大政奉還150周年
Dsc08780

 世界遺産だぞぉ~
Dsc08781

 順路に沿って進む…唐門も立派。
Dsc08782

 豪華なお飾りだ…
Dsc08783

 唐門を入ると、二の丸御殿が現れる。多くの「お城紹介」記事に載っていておなじみのものだ。で、二条城は「しょぼい」御殿しかないお城だ…と思っていると、またこれがデカくて立派なのだ。
Dsc08785

 人間の大きさと比べると良いのだが、とにかく軒、天井、そして屋根がデカい…ここまで見て、なるほど徳川が天皇もいる重要拠点・京都を治めるため、いかに立派なものを作ったのかということが理解できる。
 中も見学可能…ただし写真撮影は禁止である。内部も多くの部屋があり、国の重要文化財に指定された障壁画が飾られている。(ただし保存のため、レプリカである)
 大広間の一部には、徳川慶喜が大政奉還を表明した時の様子を再現した人形が飾られている。
 しかし、見学時も割と寒かった…当時の人たちは、こんな天井の高い、暖房も効かないところでよく暮らしたりしていたものだと思うぞ。

Dsc08790
 御殿内をひととおり見終わったらまた外に出て、庭園をめぐる。

Dsc08794
 立派な池があるわい…紅葉の季節だが、緑ばかりの日本庭園もいいもんだ。

Dsc08798
 二の丸庭園を出て、本丸に向かう。

Dsc08800
 本丸椿門…中国の都城みたいな、重厚なつくりである。敵が攻めてきても、防御はばっちりということだろう。

Dsc08806
 本丸御殿…内部は公開されていない。本丸御殿は1788年に焼失後、長く再建されなかった。幕末になって徳川慶喜が住むため建てられたが、1881年に撤去されている。
 こちらの建物は、京都御苑今出川御門内にあった旧桂宮邸の御殿を移築したものだそうな。

Dsc08805
 本丸にも庭園がある。池はなし…

Dsc08811
 天守台に登ってみよう…天守閣は1750年、落雷のため焼失。

Dsc08813
 天守台から本丸御殿を望む。

Dsc08815
 お堀を越えて、西の方を望む。

Dsc08819
 本丸御殿の玄関…やっぱりデカいわ。

Dsc08822
 本丸を出たところ…ここから掘に沿って、北側を進むことになる。

Dsc08826
 北中仕切門…これもけっこうデカい。

Dsc08827
 この門を超えると、清流園という庭園を左に見ながら進むことになる。

Dsc08830
 お茶室のようだ。

Dsc08836
 ようやく城の東側に出る…これは収蔵庫で、重要文化財の障壁画の本体はここで保管されている。別途100円支払えば、中に入ることが出来る。

Dsc08837
 収蔵庫の入り口…
 収蔵庫の隣には、休憩所もあって、食事等が可能だ。また観光客向けの露店も広がっている。

Dsc08841
 一通り見終わったので、出てきた…入場料600円で、けっこう見どころはあったぞ。

|

« 人民新聞社弾圧への抗議声明他いろいろ… | トップページ | 生田警察署に抗議行動! »

旅行・地域」カテゴリの記事

関西再侵略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二条城に行ってみる:

« 人民新聞社弾圧への抗議声明他いろいろ… | トップページ | 生田警察署に抗議行動! »