« 朝鮮の核を擁護できるか? | トップページ | 人民新聞弾圧抗議!彼らは何を恐れているのか!? »

避難する時、とっとと逃げろ!

 

守田敏也さん講演会 でのお話し…

 原子力災害に限らず、避難しなければならない時は、とっとと避難しなければならない…なぜか?

 避難を呼びかける人たちもまた、逃げなければならないからだ。

 災害の現場にとどまったり、あるいは入り込んだりして避難を呼びかけなければならない人たち、自治体職員や、地元の自治会、消防団の方々…
 誰かが避難せずとどまっていると、彼らは逃げることが出来ないのである。

 高齢者にありがちなのだが、自分はここに残りたい…いや、あんたは良くても、他の人が困る…私ら、あなたが避難しないと、避難できないのsign02

 ということで、避難しなければならない時は、とっとと避難しよう…それが人の命を救うことにつながる。

 ちなみに、福島第一原発事故においても、最後まで残った自治体職員や消防団の人が、いちばん被曝することになったということだ。

|

« 朝鮮の核を擁護できるか? | トップページ | 人民新聞弾圧抗議!彼らは何を恐れているのか!? »

技術屋さんのお話」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/72545519

この記事へのトラックバック一覧です: 避難する時、とっとと逃げろ!:

« 朝鮮の核を擁護できるか? | トップページ | 人民新聞弾圧抗議!彼らは何を恐れているのか!? »