« 改憲発議を許さず、安部政権を打倒しよう! | トップページ | 朝鮮戦争策動粉砕!脅威をあおる安倍政権を許すな! »

市長選挙・知事選挙勝利!辺野古新基地建設阻止!

年頭のあいさつその2
 やはり2018年は、辺野古新基地建設阻止の年としたい…名護市長選挙は投票まで1か月を切った。全力で決起し、稲嶺市長を勝たせようsign03琉球新報より
名護市長選 投開票まで1か月 年明け、前哨戦に熱
 名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題が最大の争点になる名護市長選挙は、2月4日の投開票まで1カ月となった。3選を目指す現職の稲嶺進氏(72)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=と、前市議で新人の渡具知武豊氏(56)=自民、公明推薦=が出馬を表明しており、一騎打ちの構図となる。両陣営とも年末年始も休むことなく地域回りや市街地での手ぶりを行った。支持拡大と地盤固めを目指し、前哨戦が熱を帯びている。(’18名護市長選取材班)
 
稲嶺氏は1、2期目と同様に辺野古移設阻止を前面に掲げている。「(市長選は)名護だけでなく沖縄県の将来をも決めてしまうような大きな意義を持つ」と訴える。公務が休みになる年末年始は手ぶりや地域回りに奔走した。陣営関係者は本人がいると手を振り返す人が多いのを実感する。人気は高い」と話す。
 渡具知氏は稲嶺市政の評価を市民に問い、市政刷新を訴えている。辺野古問題について「これまでの経緯や国と県が係争中であることに鑑み、その動向を注視する」とし、是非は明確にしていない。年末年始は市街地での手ぶりを重点的に行った。渡具知氏は「市政を変えてほしいと声を掛けられることが増えた」と語る。
 前回市長選では自主投票とした公明党が渡具知氏を推薦したことで自公勢力対「オール沖縄」勢力の対決構図が鮮明になった。
 12月29日、稲嶺氏を支援する県議会与党3会派と保守・中道系市町村議の政策集団「新しい風・にぬふぁぶし」は市内で緊急会合を開いた。登壇した議員らは公明党の渡具知氏推薦決定や政府による全面支援を挙げ、「このままでは危ない」と相次いで指摘し、陣営の引き締めを図った。
 自民党本部は党幹部を相次いで名護入りさせ、支援を本格化させている。29日に名護入りした菅義偉官房長官は地元経済界や北部町村の首長らと会談し、渡具知氏への全面支援と北部振興の充実を強調した。4日には二階敏博幹事長なども来県する予定で、さらなるてこ入れを図る。 

 先の総選挙で沖縄3区では公明党、創価学会票が「オール沖縄」陣営から逃げたといわれている、加えて今回は公明党が「自公連立」を優先させ、自民党系候補の推薦に走った。政権側も全面バックアップ体制に入っており、厳しい闘いになる。
 また11月には知事選挙も予定されており、翁長知事の再選に向けて体制を組む必要がある。
 選挙は一種の「蜂起」であるから、現地の闘いも「必ず基地建設を止めることが出来るsign03」ということをみんなに示すことが必要だ。
 もちろん選挙や現地の闘いだけではダメだ…全国各地で沖縄・辺野古をたたかうみんなで街宣、扇動をやり抜き、「辺野古基地建設反対」の世論を盛り上げる必要がある。それとともに、基地建設に反対する沖縄の人たちをふみにじり、基地を沖縄に固定して恥じない「沖縄ヘイト」とも闘う必要がある。

2018年は辺野古新基地建設を絶対に阻止しようsign03安倍政権を打倒しようsign03

|

« 改憲発議を許さず、安部政権を打倒しよう! | トップページ | 朝鮮戦争策動粉砕!脅威をあおる安倍政権を許すな! »

かくめいのための理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/72623040

この記事へのトラックバック一覧です: 市長選挙・知事選挙勝利!辺野古新基地建設阻止!:

« 改憲発議を許さず、安部政権を打倒しよう! | トップページ | 朝鮮戦争策動粉砕!脅威をあおる安倍政権を許すな! »