« 本部港での抗議行動! | トップページ | 辺野古の歌集売り »

シュワブゲート前も大変!

 昨日、今日と、シュワブゲート前での座り込みに参加…昨日は辺野古土砂搬出反対全国連絡木協議会の人たちと一緒に、本部港での抗議行動の後でゲート前に合流。
Dsc00247

 昼前に到着して、そのまま座り込みへ…そこで「土砂全協」の自己紹介が行われた。
Dsc00251

 時間が来ると、こうやって機動隊が「排除」に来る…

Dsc00256
 排除されると、こうして狭い所に一時、拘束されるが、抗議行動は続く…

Dsc00262
 拘束は車両の入場開始まで…車両がゲートから入場できるようになると「解放」されるので、みんな反対側に立って、ダンプや車両、あるいは警察や防衛局への抗議行動に移る。
 「違法工事はヤメロ!」「基地建設に加担しないで!」「ダンプは帰れ!」等々…
 排除され、工事を遅らせることがほとんどできなかったとしても、毎日、毎回、抗議行動が続いていることに意義があると感じた。
 「土砂全協」の方たちは、1時になると空港に向けて帰ったが、私(その他1部の参加者も)はそのまま辺野古に残り、3時からの搬入に対する阻止行動・抗議行動を続けた。

 翌日(本日)…名護市内からバスでゲート前に…
Dsc00268
 今日で「座り込み抗議、1423日」である。

Dsc00274
 朝から、座り込み…写真だと曇っているが、沖縄の日差しは強いsun
 朝は人数が少なく、15人程度の時もあるという…

Dsc00285
 排除されても、昨日と同じように抗議行動そのものは続く。道路が汚れるので、散水車が出動するが、今年は沖縄は空梅雨なので、「無駄な散水はヤメロ!」という声も出る。(散水の代わりに、現場に車両の泥落とし装置をつけろという要求はしている。ただ、泥落とし装置でも水は大量に使用するのであるが…)

Dsc00296
 ダンプは延々とやってくるので、抗議行動も延々と続けられる。「排除」されて終わりではない。
 熱中症対策で現地には、冷たい水やお茶のタンクも用意されている。

Dsc00298
 日差しが強いので、やっぱり大変coldsweats01

Dsc00294
 木陰は少し、涼しそうhappy01

Dsc00292
 とにかく、ダンプ運転手さんや、防衛局職員、警備員(アルソック)への声かけ、抗議行動が続けられる。9時、12時、15時の搬入30分前から、搬入後30~1時間程度、行動は続けられる。
 行動の「休み」の間はシュワブ前テントの中で「休憩」できるが、それ以外は外だ。今日のように炎天下だと、やはりキツイcoldsweats01

Dsc00303
 15時の座り込み…日傘をさす人も(日傘は現場でも用意している)

Dsc00307
 排除され、閉じ込められて…

Dsc00310
 解放されて、抗議行動が続けられる。

Dsc00312
 ダンプは次々と入場してゆくが、それでも抗議行動が続く…

Dsc00318
 炎天下で続く、抗議行動…何度でも書くが、こうした抗議行動が現地で連日、続けられていることこそ、辺野古基地建設反対運動の求心力であると思う。そして、それを作り出している運動体の人びとの、連日の努力・忍耐は「リスペクト」されるものである。

 私は都合により、明日帰阪せねばならないが、また現地に来ようと思うvirgo

|

« 本部港での抗議行動! | トップページ | 辺野古の歌集売り »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/73582443

この記事へのトラックバック一覧です: シュワブゲート前も大変!:

« 本部港での抗議行動! | トップページ | 辺野古の歌集売り »