« 翁長知事の埋立て撤回表明を受けて | トップページ | 伊賀鉄道完乗闘争! »

信楽高原鐡道乗車闘争

 27日の金曜日は、キャンドル行動の前に時間つぶしも兼ね、青春18きっぷを使って近郊に出かけた。まずは信楽高原鐡道 (以下、信楽鉄道)乗車闘争に決起sign03信楽鉄道は、旧国鉄信楽線→JR信楽線を87年7月に転換した第三セクター鉄道である。
 東海道本線を草津で乗り換え、草津線を貴生川で下車。
Dsc00731

 ここらへんは「甲賀忍者」の里である。

Dsc00732
 貴生川駅は、こんな外観…バスターミナルはあるが、商店等は周辺にない。

Dsc00733
 信楽鉄道の窓口は無く、きっぷも売っていないので、乗車証明をここでもらってから、JRの改札を抜けるのだ。

Dsc00739
 貴生川駅は近江鉄道とも連絡している。こちらは別途、改札がある。

Dsc00740
 1番線が信楽鉄道のホーム。時刻はぴったり1時間おき。18時台には列車がない。

Dsc00737
 JRと信楽鉄道で直接乗り換えを行う人のために、ホームにはJRのICカード(ICOKA)に対応した改札が設置されている。なお信楽鉄道では交通系ICカードは使えない。

Dsc00741
 やがて警笛を鳴らしながら(けっこう大きな音だ)列車が入って来た。

Dsc00742
 昨年に導入された、SKR501だそうな。

Dsc00745
 車内はこんな感じ…転換式クロスシートで、ゆったり信楽まで旅が出来るhappy01

Dsc00749
 反対側のホームに、上り草津行きの113系抹茶色が入って来た。同時刻に下り柘植行きも発車なので、信楽鉄道とJR草津線の乗り継ぎはスムーズ。
 さて、信楽鉄道のほうも発車…すぐに右にカーブして草津線と別れ、真っすぐな線路を上ってゆきます。
Dsc00753
 進行方向右側は、完全山の風景になる。あと、照明の感じがエエですね。最初の駅、紫香楽宮跡まで駅間距離が9.6㎞もあるので、山の景色はかなり続く。

Dsc00754
 新名神高速道路をくぐり、右手に信楽ICを見る…このように、信楽は自動車交通は便利である。よって京都や大津から高速バスでも出てそうなものだが、そのようなバスはない。公共交通機関で信楽に行くのは難しく、使えるのはJR+信楽鉄道のみという「不便さ」である。
 かつて(80~90年代?)には、奈良から信楽に抜ける路線バスがあり、それに乗って信楽に行き、信楽鉄道に「初乗り」をしたのだが、その時以来である。
Dsc00755
 紫香楽宮跡駅のホーム…狸の焼き物が出迎えてくれる。

Dsc00758
 雲井駅…これは国鉄時代からある。先ほどの紫香楽宮跡駅は、転換後に新設した駅である。

Dsc00759  
 ここを過ぎると景色が広がってきて「信楽の里」に来た感じがする。
 勅使、 玉桂寺前と2駅を経由して、終点、信楽に到着happy01

Dsc00762
 改札の様子。

Dsc00764
 駅前には、巨大な狸の焼き物が…

Dsc00765
 駅の外観…左は一応、バスターミナルなのだが、コミュニティーバスと路線バスがちょっとあるだけ。

Dsc00766
 券売機で、帰りのきっぷが買えます。あと、土産物店もあります。

Dsc00767
 レインボーたぬき…後ろはレンタサイクルの自転車。普通のヤツは500円、電動アシスト付は1000円だそうな。

Dsc00770
 乗って来たSKR501

Dsc00771
 向かいの予備ホームは、狸の焼き物でいっぱい。

Dsc00772
 甲賀忍者をモチーフにした、SKR310が向かいにいた。
 このまま取って返して、貴生川に戻る…
Dsc00894
 けっこう立派な家が立ち並んでいるなぁ~

Dsc00897
 紫香楽宮跡を経て、また山の中を走る…開けてくると、甲賀盆地が山の下に広がっているのが良く分かる。なるほど、信楽「高原」鉄道であるなぁと分かる次第だ。

Dsc00773
 貴生川駅に戻ると、近江鉄道の豊郷あかねタン ラッピング電車が止まっていた。
 ではでは…virgo

|

« 翁長知事の埋立て撤回表明を受けて | トップページ | 伊賀鉄道完乗闘争! »

現在のテツネタ」カテゴリの記事

関西再侵略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/73953764

この記事へのトラックバック一覧です: 信楽高原鐡道乗車闘争:

« 翁長知事の埋立て撤回表明を受けて | トップページ | 伊賀鉄道完乗闘争! »